企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】オージェーディー OJD(On the Job Development)

「OJD」とは、On the Job Developmentの略で、新入社員や若手社員が職場での日常業務の遂行を通じて、直属の上司からの指導・支援を受けながら、将来必要となる能力の開発を行うことをいいます。OJT(On the Job Training)が当面の職務遂行に必要な技術の習得・向上に主眼を置いた教育・訓練であるのに対し、OJDは自社の経営戦略に基づいて、社員に将来求められる能力、特にマネジメント能力の開発・育成を目的とするのが特徴です。
(2012/12/21掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OJD(On the Job Development)のケーススタディ

テスト“3年後になりたい姿”を実現する能力開発
現場での実践を通じて求める人材を育成

日本企業の現場ではいま、団塊世代の定年退職をうけて、社員の世代交代が急ピッチで進んでいます。同時に、環境変化に伴う事業構造の改革やグローバル化もドラスティックに推進され、それらに対応できる人材の確保・育成が急務となっています。いかにして若手社員を早く効率的に戦力化するか、人材育成のしくみ・運営体制の再構築はあらゆる組織にとって喫緊の課題です。

しかし若手社員の早期戦力化とは、人材の“促成栽培”を意味するわけではありません。目先の業務を遂行するためのスキルを習得させるだけでなく、将来のキャリアイメージを社員本人にいちはやく明確させ、会社の求める人材像と擦り合わせたうえで、日頃からそれに向かって強みを伸ばし、仕事をしながら必要な能力を養っていかなければならない――長期的視野に立ったキャリア開発支援の一環として、OJD(現場での実践を通じた能力開発)に取り組んでいく姿勢が求められています。

コニカミノルタホールディングスは、OJDを人材育成の基本に据え、それをサポートするためのしくみとして、入社2年目以降の社員を対象に「キャリアデザインサポート」(CDS)を導入しています。これは半期に一度、上司と面談して、キャリアの棚卸しと本人が納得できる「3年後になりたい姿」についての擦り合わせ、その実現に向けた能力開発目標やキャリアデザインの共有化を図るしくみです。上司にはそのビジョンに沿って、日常業務の中でテーマや役割を付与しながら、適切な支援を行うことが求められます。

エンジニアの育成に力を入れる技術系の企業においても、専門知識や技術の継承だけを目的とするOJTではなく、より進化したOJDによって若手社員の能力開発を支援する取り組みが広がっています。半導体の開発設計を手がけるルネサス・マイクロシステムズでは、新入社員を対象に、配属先の先輩が指導員としてマンツーマンで教育するOJDを実施しています。OJDでは指導員側が、何を教えるべきか、どのように育てていくのかという方針を、担当する新人に合わせて設定。それにしたがって知識だけでなく、仕事の流れや進め方、技術に対する考え方など、社会人として、また半導体開発のエキスパートとして新たに開発しなければならない領域を意識させる教育を一体的に進めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。
ワークプレイスラーニング
ワークプレイスラーニングとは、「働く現場における学習」のことです。個人のスキル向上と組織パフォーマンスの改善を目的とした学習の仕組みをつくり、日々の実務のプロセスに組み込むことによって、高い学習効果を実現します。人材の能力開発に有効な手段として注目されています。
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第61回 見直しが求められる「人材開発部門」の役割・機能(前編) ~企業と従業員のニーズの変化にどう対応していくか
企業の「人材開発部門」には、変革を推進していく担い手として、経営に貢献できる人材開発のプロとしての役割・機能であることが求められている。 『前編』では、人材開発部門に変化対応が求められている背景と、企業における人材開発の現状を見ていくことにする。
2013/01/11掲載人事マネジメント解体新書
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...