企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
第85回 古河電気工業株式会社

OJTリーダー制度で、創業130年の企業文化に新しい風を
古河電工が取り組む組織風土改革とは(前編)

古河電気工業株式会社 戦略本部 人事部 人材育成(採用・教育)担当部長 上原 正光さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古河電気工業株式会社 戦略本部 人事部 人材育成(採用・教育)担当部長 上原 正光さん
光ファイバケーブルをはじめ、多彩な最先端の技術で生活や産業を支える古河電気工業。創業から133年もの歴史を持つ同社の技術力は、階層別・部門別にセグメントされた細やかな教育体制に支えられています。中でも、各組織で選出された「OJTリーダー」を中心に、組織のメンバー全員で新人を育成する「OJTリーダー制度」の取り組みは、組織力の強化にもつながっているそうです。しかし、そんな同社も、かつては「教わるのではなく、先輩の背中を見て学べ」という環境で育ってきた社員もいて、すべての先輩社員が部下育成の大切さを理解しているわけではなかったといいます。こうした育成の課題は、「組織のコミュニケーション不足にある」と考え、旗振り役として組織変革に挑んでいるのが、人事部・人材育成担当部長の上原正光さん。着任当初の社内の状況や、取り組みへの思いなど、上原さんにお話をうかがいました。
プロフィール
古河電気工業株式会社 戦略本部 人事部 人材育成(採用・教育)担当部長 上原 正光さん プロフィール写真
上原 正光さん
古河電気工業株式会社 戦略本部 人事部 人材育成(採用・教育)担当部長
うえはら・まさみつ●1987年入社。光ファイバの日本幹線網構築に向けた光ファイバ母材合成工程の量産化技術開発に携わった。研究から製造への技術移転、工場建設、母材大型化技術開発を担当した後、海外技術部で光ファイバの海外市場対応を担当。2002年資材部に異動し、グローバル集中購買、購買システムによる購買価格低減活動を担当。2006年営業企画部に異動し、海外販売会社管理を担当する傍らマーケティング教育に携わる。2008年から人事部で教育を担当。2012年に現職として教育、採用を担当。

悩みを一人で抱え込む新人 原因は本人のみでなく社内のコミュニケーション不足にも

―― 2008年、上原さんが人事部に着任された当時、社員に対してどのような課題意識をお持ちでしたか。

当社には、毎年100名ほど新入社員が入ってきます。そのうち、技術系は8割程度でしょうか。古河電工での仕事や会社生活に夢を抱いて、いきいきとした表情で入社してきます。しかし半年もすると、なんとなく疲れ顔になっている人が出てくるんです。もちろん、学生から社会人への変化は大きいので、心理的・精神的ストレスは誰でも感じると思います。それでも、せっかく強い意欲を持って入社してきたのだから、そのモチベーションをできる限り維持してほしい。

そこで、新入社員に話を聞いてみたところ、悩みを周囲に相談せず、一人で抱え込んでいるケースが散見されました。それならば、周囲のフォローアップで解決できるのではないかと、以前行っていたブラザー制度の復活を含め、対応の仕方を検討することにしたのです。

―― 新人は、なぜ相談せずに悩みを抱え込んでいたのでしょうか。

最近の新入社員の特徴は、真面目で頑張り屋。何でも受け入れてとことん取り組む性格の社員が多いように思います。学生のうちは先生から課題を与えられ、それをしっかりこなせば評価してもらえたので、明確な答えがないビジネスの世界に戸惑いがあるのかもしれません。

また、新人を育成する組織にも問題がありました。課長層に「新人との関わり方」を調査したところ、部下の育成に積極的に関与できていないという意識があることがわかったのです。理由は大きく分けて二つ。「時間がない」ことと、「手法が分からない」ことです。「仕事は先輩の背中を見て学べ」という育てられ方をした忙しい課長たちは、「自分たちと同じように、新人は先輩の背中から学ぶべきだ」と考えていたのでしょう。

この現状から、新人のモチベーションを維持し、いきいきと活躍できる人材を育成していくには、コミュニケーションがとれていない組織全体を変える必要があると感じました。

―― 貴社では、どのような人材が求められているのでしょうか。

社員に持っていてほしいコンピテンシーとして、「思考力」「主体性」「協働力(コミュニケーション能力)」「感性」の4点を重視しています。

このような人材を育てるため、昭和34年から続く弊社の教育要綱には「会社の限りない発展は、常に有能有益な人材の輩出にあり、その育成の為不断の社内教育を行う」と記載されています。そのためには、社員たちが自分の知見を他者にどんどん共有し、学び合える環境が不可欠。しかし理想と現実にギャップがあったので、組織風土改革に取り組むことを決めたのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載
日本ユニシス株式会社:
個の多様性を広げ、働き方を変えるきっかけに
日本ユニシスの「目標値なし」「男女問わず」の育児休暇推進
女性活躍推進法が2016年4月に完全施行されて以来、多くの企業が女性に関する目標値を掲げ、ジェンダーギャップの是正に取り組んでいます。女性の活躍推進とセットで進...
2019/08/08掲載

関連する記事

古河電気工業株式会社:
OJTリーダー制度で、創業130年の企業文化に新しい風を
古河電工が取り組む組織風土改革とは(後編)
古河電気工業では、昔からの企業文化を大切にしつつ「人と人との横のつながり」を強化するため、教育体制の見直しによる組織力最大化を目指しました。その取り組みの一つが...
2017/12/07掲載となりの人事部
人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
株式会社ホテルオークラ東京
世界を唸らせる最高のおもてなしはこうして生まれる
“和”を重んじる、ホテルオークラ東京の人材開発とは
ホテルビジネスが心のビジネスである以上、顧客に上質なホスピタリティを提供できる“人材”こそが、最大の付加価値。今回は、日本のホテル御三家の一角、「ホテルオークラ...
2011/07/25掲載となりの人事部
聖路加国際病院:自分と真摯に向き合う姿勢が成長の原動力
“いのちの現場”を支える教育プログラムとは
奉仕、貢献、尽力――“SERVICE”という言葉の本来の意味からすれば、サービス業の真髄は、医療や看護の現場にこそ見出せるものかもしれません。近年、医療機関は、...
2010/09/27掲載となりの人事部
ヤマト運輸株式会社:現場の力で若手社員が育つ「ジョブローテーション制度」
ゆとり社員やシュガー社員が問題視される一方で、肝心の新入社員教育については、短期間の集合研修だけという企業が少なくない。そうした中、「宅急便」で知られるヤマト運...
2008/12/08掲載となりの人事部
【用語解説 人事キーワード】
組織社会化
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼ 高尾の森わくわくビレッジ

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...