企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

社員53人で100億円を売上げる驚異の生産率
女性活躍を推進し、チームの力を最大に高める秘訣とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ランクアップ代表取締役社長 岩崎裕美子さん

株式会社ランクアップ代表取締役社長 岩崎裕美子さん Photo
オリジナル化粧品「マナラ」を展開する、株式会社ランクアップ。従業員は53人と少数精鋭ながら、100億円近くの売上を計上する同社では、増収増益を続けているにもかかわらず、ほとんどの社員が「残業なし」という働き方をしています。今やホワイト企業の代表格と評されることも多い同社ですが、5年前は社内が暗く、社員にとってやりがいがない会社だったといいます。そこで同社代表の岩崎裕美子氏は、「本当の働きやすさ」「本当の女性活躍」について考え、社内改革に取り組みます。その結果、年商は56億円から約90億円にまで爆発的に伸びました。女性ならではの力を引き出し、チームの力を最大まで引き出す究極の働きやすさとはいかなるものか。また、社員のやりがいを育てる秘訣とはーー。岩崎さんにお話をうかがいました。
(聞き手:株式会社natural rights代表取締役 小酒部さやか)
■プロフィール
株式会社ランクアップ代表取締役社長 岩崎裕美子さん Photo
岩崎裕美子さん
1968年2月8日生まれ。北海道出身、東京都在住。藤女子短期大学卒業後、大手旅行代理店に入社する。その後、複数の広告代理店を経て、マナラ化粧品を開発・販売する株式会社ランクアップを設立。

まるでお通夜のように暗い会社

――貴社は働き方改革の旗手として高く評価され、「ワークライフバランス推進企業」に認定されたほか、数多くの賞を受賞されています。まずは、働きやすい会社を目指した理由をお聞かせいただけますか。

かつて私は広告代理店の取締役営業本部長を務め、競合他社に勝つために連日終電までハードに働いていました。会社は売上を伸ばしましたが、長時間労働が負担となって慢性的に離職率が高く、部下が育たず管理職も退職してしまう、という状況でした。経営者に労務環境改善を訴えましたが、そのためには「残業をやめても売上を補てんする方法」を提案しなくてはならず、なかなか労働環境を改善することはできませんでした。

また、その会社は経営者以外の社員が全員女性で、このままでは結婚も出産もできないという悩みを誰もが抱いていました。私は仕事のない人生は考えられないほど仕事が好きでしたが、結婚や出産を意識する年齢にもなっており、自身のキャリアについて悩みました。女性がキャリアを積むには大きな壁があることをこの時ほど痛感させられたことはありません。その時の経験から、会社設立にあたって「女性でも生涯活躍できる、働きやすい会社を作ろう」と決意したのです。

会社設立当初から福利厚生を整え、長時間の残業はありませんでした。離職する社員もごく少数だったので、「社員から良い会社だと感謝されているのだろう」と考えていました。

ところが、業績は毎年伸びているのに、社内の雰囲気は沈んだように暗く、朝礼はお通夜のようだったのです。

――「社内の雰囲気が暗い」状態について、もう少しお聞かせください。

社員に活気がない、ということです。たとえば当時、仕事中は楽しい雰囲気ではなく、社内は常にシンとしていました。社内で業務上の会話をするときでさえ、内線を使っていたくらいです。社員に当時のことを聞くと、「空気がピリピリ張りつめていて怖かった」「社長がトイレに行くと、すれ違うのが怖くてトイレに行けなかった」と言われます。

インタビューの様子

また、当時の私は頻繁に社員を叱っていました。たとえば、イベント用のチラシを社員が提案した時に、フォントや背景色など細かな点についても意見を出し、よほど完成度の高いものでなければ許可を出しませんでした。私がすべての業務をチェックし、気に入らなければ容赦無くダメ出しをしたのです。

社員は、社長の命令をこなすだけの存在になっていました。そのため、自分がなぜここにいるのか、どう必要とされているのかが分からず、沈んだ気持ちになっていたのです。このとき私は、働きがいの大切さに気が付いたのです。

――では、社内の雰囲気を改善しようと思ったきっかけについて教えてください。

2012年に取引先から紹介された研修プログラムに参加したことがきっかけです。社員の価値観の統一を目的とした2泊3日の研修なのですが、3日目に研修の講師から私の携帯に電話がかかってきて、「大変です、今すぐ来て社員に謝ってください!」と言われました。驚いてすぐにタクシーで研修所に行くと、社員が円になって座っていて、泣いている社員も数名いました。

そこで社員から「もっと私たちを認めてほしい、私たちに任せてほしい」と言われたのです。私はそのとき、自分がいかに社員を認めていないかに気付きました。社員はみんな頑張っていたのです。それなのに私がワンマンでなんでも一人で決めていたために、社員のやる気を失わせていたのでした。この事件がきっかけで、私は会社の風土を本気で改革すると決めました。


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
※メールアドレスの登録のみで手続きは終了です。
ログイン/会員登録はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

編集部注目レポートのバックナンバー

社員53人で100億円を売上げる驚異の生産率
女性活躍を推進し、チームの力を最大に高める秘訣とは
オリジナル化粧品「マナラ」を展開する、株式会社ランクアップ。従業員は53人と少数精鋭ながら、100億円近くの売上を計上する同社では、増収増益を続けているにもかか...
2017/12/06掲載
男性社員の育児休業取得率9割を実現
バリューを徹底し、社員を信頼することで急成長したメルカリ
フリマアプリ「メルカリ」のサービスを展開し、急成長している株式会社メルカリ。「バリューに基づく評価制度」や「積極的なリファラル採用」など、人事関連で先進的な取組...
2017/10/20掲載
「女性管理職増加」「多様性の達成」は通過点 マタハラにいち早く取り組んだプルデンシャル生命に聞く“多様性のその先”
プルデンシャル生命保険株式会社は、2008年頃には管理職の3割を女性が占めるなど、女性活躍推進に関して先進的な企業として知られます。現在は数字からは見えない、真...
2017/09/20掲載

関連する記事

マタハラ防止措置義務化。人事が知っておくべきポイントとは?
2017年1月から、マタハラ防止措置義務が事業主に課されるようになりました。これを受けて昨年秋には、都道府県労働局が「全国マタハラ未然防止対策キャラバン」を各地...
2017/06/21掲載編集部注目レポート
「働き方改革」実現に役立つ企業事例8選
政府が推進する「働き方改革」は、いまや多くの企業の共通課題となっています。しかし、一言に「働き方改革」といっても、環境・ツールの見直しや制度・ルールの工夫、意識...
2017/06/12掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて
日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマネジメントには、まだ多くの課題が残されている。いま人事はどのような投資を行い、どのような方...
2017/06/08掲載注目の記事
「働き方改革」を進め、「ワーク・ライフ・バランス」を実現するための留意点
すべての従業員が仕事と自分のやりたいことを両立できる環境を実現するために、一人ひとりがまず取り組むべきこととは?
2017/03/31掲載よくわかる講座
「働き方改革」推進に向けての実務(6)育児・介護と仕事の両立
「働き方改革」の重要課題である育児・介護と仕事の両立。改正を重ねる法律と支援策について紹介する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
「注目のセミナー特集」新たな人事ソリューション導入をご検討の企業様向けに厳選セミナーをご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学生が選ぶインターンシップアワード 【採用】インディードオンラインセミナー

注目コンテンツ


「注目のセミナー特集」
課題解決のノウハウが満載!

新たな人事ソリューション導入をご検討の企業様向けに厳選セミナーをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...