企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

社員53人で100億円を売上げる驚異の生産率
女性活躍を推進し、チームの力を最大に高める秘訣とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たった一言の価値観でも、会社を変えることができる

――社員に任せるにあたって、ポイントとなったことは何でしょうか。

会社の価値観、つまり、私が最も大切にしていることをはっきりと打ち出したことです。私が本当に大切にしているものは何なのか。それを失ってしまえば会社がなくなってしまう「価値観」とは何か。本気で会社を変えたいという思いを社員に伝えるためにも、それらを強く訴える必要がありました。3ヵ月間悩んだ末に出てきたのが、“挑戦”の一言です。

株式会社ランクアップ代表取締役社長 岩崎裕美子さん Photo

当時は“挑戦”と紙に書いて社内のあちこちに貼り、ことあるごとに口にしました。そうすることで、ようやく社員が本気で受け止めてくれるようになり、会社が変わる端緒となったのです。

また、社員に挑戦してもらうために、目標と裁量権を与え、私は予算以外に一切関与しませんでした。権限移譲したのです。そうすると、社内が活気づき、私にはないアイデアも続々と出てきて、年商が56億円から70億円近くまで伸び、その後すぐに90億円近くまで爆発的に伸びました。私よりも社員の方が、“できる”人たちだったのだと、その時ようやく気づいたのです。

――岩崎さんが日ごろから挑戦する姿を社員に見せていたからこそ、社員に挑戦という価値観を伝えることができたのではないでしょうか。

私にとって大きな挑戦だったのは、2009年ごろに、17時半の退社定時を17時に早めたことと、残業ゼロを宣言したことです。もともと19時には全員が退社していたこともあり残業は少なかったのですが、私が出産と育児を経験することで両立の大変さに気づき、女性が働きやすいように改革しようと決意しました。

当時は、会社設立以来はじめてのシステムトラブルがあり、全社員が残業する中で、私だけが育児のために早く帰ることになり、とても肩身の狭い思いをしていました。仕事も家事も中途半端という後ろめたさに加え、子どもの夜泣きで眠れないこともあって、大きなめまいに襲われるようになり、仕事と育児の両立の大変さを嫌というほど知りました。この経験から、社員の出産ラッシュを控えていたこともあり、私のような辛い思いをしないよう、改革に取り組んだのです。勤務時間が減ることで売上が落ちるのではないかと強い不安を覚えたのも事実ですが、仕事も子育てもあきらめないで済むよう、サポートしたいという気持ちはもっと強いものでした。実際はふたを開けてみると、かえって業績は良くなりました。

――残業を減らす取り組みを具体的に教えてください。

残業の多い社員に業務についてヒアリングし、仕事の棚卸しと見える化を行いました。不要なデータ入力などの無駄な仕事を洗い出し、システム化できるものやアウトソーシングできる仕事を明確にしました。この作業により残業が圧倒的に減ったこともあって、今でも年に2回、全社員が仕事の棚卸表を作成するようにしています。

また、小さなルールを複数設けました。「社内資料は作り込まずに、ワード1ページに収める」「社員間のメールで『お疲れさまです』といった形式的な挨拶は使わない」「社長も含めて空いているスケジュールは勝手に予約できる」といった“省エネ”をルール化したのです。

――残業をなくすことで、仕事と育児の両立は進みましたか。

女性が仕事と育児を両立させるだけでなく、生涯を通して活躍するためには、長時間労働の是正だけでは足りません。子どもは頻繁に熱を出しますし、インフルエンザになれば1週間会社を休むことになります。子どもの体調不良が続くと、同僚からは「ママには責任ある仕事は任せらない」と判断されることもあるでしょう。周囲への負担感を懸念し、退職する方も少なくないと思います。

そこで、私が導入したのは、子どもの体調不良時に、ベビーシッターを利用できる制度です。ベビーシッターの利用料金は1日あたり約2.5万円~3万円ですが、社員の負担は300円ですむように会社が補助を出しています。これにより、同僚への負担が確実に減り、重要なアポイトメントも果たせるようになりました。

この制度の話をすると、多くの経営者の方から「経費を理由に導入ができない」と言われます。しかし私は、女性社員が出産を機に退職してしまう方が、経営へのダメージが大きいと考えています。それほど、経験を積んだ女性社員の力は大きいのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

編集部注目レポートのバックナンバー

社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す
三和建設は2017年3月に、建設業界で初めて「日本でいちばんにしたい会社」大賞の審査員会特別賞を受賞しました。同社では社員の誰もが書き込んで意見交換ができるSN...
2018/07/17掲載
どういう生き方をするのか、そもそもなぜ働くのか――。
人生そのものを考えさせる教育が社員の仕事への意欲を高める
長時間労働の削減が叫ばれる現在、仕事を選んで効率的に利益を上げたい、と考える企業も多いのではないでしょうか。そんな中、小さな工事でも断らず、顧客の信頼を得ること...
2018/06/19掲載
「残業ゼロ」と「売上アップ」を同時に実現
社員7人の町工場が本気で取り組んだ「働き方改革」とは
ここ数年、企業にとって働き方改革が大きな課題になっていますが、残業ゼロと売上アップを同時に果たし、全社員に年収600万円以上の高待遇を実現していることで注目を集...
2018/05/24掲載

関連する記事

女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。
「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載人事・労務関連コラム
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会:
人事が変われば、会社も変わる。
人生100年時代に求められる「チェンジドライバー」としての人事とは
「人生100年時代」の到来により、人々の働き方やライフスタイルが、大きく変化しようとしています。企業においては、AIやビッグデータの活用がさらに進んでいくでしょ...
2018/03/05掲載となりの人事部
荻島 浩司さん(株式会社チームスピリット 代表取締役社長):
思い切った事業の構造改革によって生み出された
働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」
「働き方改革」の必要性が叫ばれ、日本社会では長時間労働の見直しや生産性の向上が重要課題となっています。そんな中、「労働者一人ひとりが仕事の効率を上げることだけが...
2018/01/31掲載HR業界TOPインタビュー
男性社員の育児休業取得率9割を実現
バリューを徹底し、社員を信頼することで急成長したメルカリ
フリマアプリ「メルカリ」のサービスを展開し、急成長している株式会社メルカリ。「バリューに基づく評価制度」や「積極的なリファラル採用」など、人事関連で先進的な取組...
2017/10/20掲載編集部注目レポート
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ ANAの研修力

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...