企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『アイデム』提携

最低賃金の改定で平均時給は上がる?
~平成27年度 地域別最低賃金改定による パート・アルバイトの募集時平均時給への影響について~

アイデム人と仕事研究所 所長/社会保険労務士 岸川 宏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最低賃金1,000円以上は?

昨年(2015年)首相は、最低賃金の全国平均1,000円を目指すと発表した。ただ、最低賃金の全国平均が1,000円まで到達するのには、まだ時間がかかりそうだ。最低賃金が最も高い東京都でも1,000円に到達するのは、目標として掲げている毎年3%の引き上げでも3年~4年、今までのような2%程度の伸びであれば5年程かかる。

また、地域別最低賃金の地域間の格差は大きくなっていて、10年間の伸び率は東京都で26.1%、最も最低賃金が低い地域のひとつである沖縄県では13.6%となっている。平成18年の東京と沖縄の最低賃金額の差は109円。現在では200円以上の開きとなっている。加重平均が上昇するには、労働者の多い大都市圏の最低賃金が高くなれば平均値は上がるというものの、それ以外の地域では1,000円に到達するにはかなりの時間を要すことになりそうだ。

ただし、平均時給が1,000円以上ということであれば、もう少し現実味がありそうだ。

今回の集計において、平均時給が1,000円を超えた地域は「東京都」「神奈川県」の2地域。ともに地域別最低賃金が900円を超える地域だ。当然募集時の賃金は900円以上に設定され、1000円以上での募集も4割以上となっている。大阪府では地域別最低賃金が858円で募集時の平均賃金は991円と1,000円まであと一歩と言ったところだ。こういった大都市圏でのパート・アルバイトの時給が1,000円は、決して高いものではなくなっている。

集計結果を俯瞰してみると、募集時の平均時給は、最低賃金が900円を超えると平均時給が1,000円程度に到達し、最低賃金が800円を超えてくると平均時給は950円以上となっている。

最低賃金改定前後の時給分布と平均時給の推移

平均時給が1,000円に到達する最低賃金額の目安は900円程度。大阪や埼玉、千葉でも近々到達しそうだ。

他の地域においてもパート・アルバイト時給のボリュームゾーンである800円を最低賃金が上回ってくると、多くの企業に影響が及び、賃金を改定せざるを得ない状況となることが予想される。現在、最低賃金額が750円以上となっている地域も8地域ある。今後数年で、これら地域も賃金を引き上げなければならない企業が大幅に増えてきそうだ。

<パート戦力化に関する取材記事は、人と仕事研究所WEBサイトで検索・閲覧できます>
TOP ⇒ コラム/取材記事 ⇒ 現場イズムバックナンバー

アイデム WEBサイト
アイデム人と仕事研究所は、求人媒体を発行する株式会社アイデムの研究部門です。アイデムは1970年に創業して以来、「人材採用」の側面から、企業経営のサポートをしてまいりました。そうした活動のなかで人と仕事研究所は、「採用後の人材を活かし、企業力を高めていただく」ための、各種情報・サービスの提供を行い続けてきています。
パート・アルバイトの活用を目的に調査・分析を行う「パートタイマー白書」や、人事マネジメントの成功事例記事、募集時賃金を集計し、その動向を伝える各種レポートなど。いずれの情報・サービスも、求人媒体事業を通じ、大手企業とは異なる“中小企業の「人」に関する課題”をつかむアイデムならではの、実践的な内容を旨としています。
詳細はこちらをご覧ください→アイデム人と仕事研究所
文/岸川 宏(きしかわ ひろし)
アイデム人と仕事研究所 所長/社会保険労務士
大学卒業後、リゾート開発関連会社へ入社。飲食店部門での店舗運営を経験後、社会保険労務士資格を取得。社会保険労務士事務所にて、主に中堅・小規模企業の労務相談、社会保険関連手続きに従事した。
1999年、アイデム人と仕事研究所に入社。労働環境の実態に迫る情報提供を目指し、社内・外への情報発信を続けている。2015年4月より現職。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載人事・労務実態調査
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよ...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
あなたの仕事は○○○ワーク?
ライフワーク、ライスワーク、ライトワーク、ライクワーク――。生活のため、やりがい重視、大好きなことをつきつめるなど、パート・アルバイトで働く人が仕事を選ぶ背景に...
2018/12/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)
13職種に見る最新実態と諸格差の動向
近年、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えています。ここでは、2017年度職種別賃金実態調査より、経営企画・営業など...
2018/08/03掲載人事・労務実態調査
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...