企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「ワーク・ライフ・コンフリクト」関連のコンテンツ

  • 1

7件中 17件を表示

記事・コラム2012/11/07
7. ワーク・ライフ・バランス支援を進める際の注意点
ワーク・ライフ・バランス支援は比較的新しい制度のため、その他の人事制度とうまく連携できていないケースがある。特に大きな影響があるのが人事処遇制度との連携である。ワーク・ライフ・バランス支援策によって休業や短時間勤務などを選択した場合、処遇にどのように...

記事・コラム2012/11/07
6. ワーク・ライフ・バランスと管理職の役割
職場で仕事管理や人材マネジメントを直接行うのは「管理職」である。ワーク・ライフ・バランスの実現において、その役割は非常に大きい。管理職がその考え方を理解し、正しい取り組みに協力しなければ、企業におけるワーク・ライフ・バランスは、実現していくことが難し...

記事・コラム2012/11/07
5. ワーク・ライフ・バランスを社内に定着させるための取組み
どれだけ立派なワーク・ライフ・バランス支援制度を用意しても、それだけで実現できる環境が整うわけではない。実際、法定水準を上回る充実した制度がありながら、あまり利用されていないという事例は数多い。制度以上に大きな意味を持ってくるのが、職場での人材マネジ...

記事・コラム2012/11/07
4. 具体的なワーク・ライフ・バランス支援の取り組み
ワーク・ライフ・バランスという考え方は、女性の子育てと仕事の両立支援策として生まれた。まずは代表的な事例として「育児とワーク・ライフ・バランス支援」の具体策を見ていく。また、ワーク・ライフ・バランス支援の対象として、育児とともに重視されているのが「介...

記事・コラム2012/11/07
3. ワーク・ライフ・バランスの歩み・歴史
ワーク・ライフ・バランスという考え方が生まれたのは、1980年代のアメリカと言われる。当時、IT技術の革新などによって産業構造が大きく変化し、女性の活躍する職場は飛躍的に増えた。優秀な女性従業員が子育てをしながら仕事を続けられるように企業が打ち出した...

記事・コラム2012/11/07
2. ワーク・ライフ・バランスの意義と企業にとってのメリット
ワーク・ライフ・バランスは、経済や社会、価値観の移り変わりに伴って重視されるようになった考え方である。企業が市場の変化に対応してビジネスモデルや商品、サービスを更新しなければならないのと同様、人材マネジメントの面でも変化に順応しなければ、やがて環境と...

記事・コラム2012/11/07
1. ワーク・ライフ・バランスとは何か
ワーク・ライフ・バランス支援を実のあるものにするには、人事部門だけでなく経営トップから管理職層、一般社員までがその意味を正しく認識していなければならない。本稿では、ワーク・ライフ・バランス支援の正しい意味と、企業が積極的に取り組むことの意義を確認する...

  • 1

7件中 17件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会