企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

入社後一週間で妊娠した社員を紹介した紹介会社への返金請求

人材紹介会社からの紹介により入社した社員が、
入社後1週間でご懐妊されました。

一人の女性の人生としては大変喜ばしいことではあるのですが、
会社としては、その予定があるのであれば転職活動をすべきではなかったのではないか、
と手放しに喜ぶことができない部分もございます。

担当業務教育まっただ中の入社3か月に妊娠の申し出。
つわりによる体調不良もあり、その後はまともに出社出来る日はほぼありません。
欠勤と早退を繰り返し、当初予定していた仕事はこなせず、
復帰後も産休育休と取られるであろう社員に時間を割いて教育することも躊躇されてしまう状況の中、
紹介手数料をお支払いして入社に至った社員であることから、
紹介会社への紹介料返金を求めることはできないものかと考えております。

規約上は退職された場合の返金規定は見受けられますが、
担当された紹介会社も、入社後1週間という期間で妊娠するというケースは初めてであるとのこと。

マッチングにかかる手数料としてお支払いするものであるとすると難しいかもしれませんが、
先行投資で社員を採用し、教育をしている側面もあり、
ある意味では安心を買うために紹介料をお支払いしているという気持ちもございます。
紹介会社への返金を求めることは可能でしょうか。

投稿日:2020/08/25 11:07 ID:QA-0096048

採用担当者さん
長野県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

交渉

まともな戦力にならない人材を紹介したのです7から、返金要求は当然と思います。恐らく紹介会社も知らなかったのかも知れませんが、まずは返金交渉でしょう。返金するかどうかは交渉によりますし、紹介契約で返金条項がどうなっているかにもよります。また入社2週間以内であれば、採用検討時に申告していたスキルと現実の差があるなら解雇も検討できるのではないでしょうか。

投稿日:2020/08/25 12:57 ID:QA-0096055

相談者より

ご回答感謝いたします。
背中を押していただきました。
紹介時点では妊娠はしておらず、
入社後一週間ほどでご懐妊されたという状況です。
ただ、おっしゃるとおり、
結果として戦力にならず、採用目的を全く果たせていないことは事実ですので、交渉したいと思います。
ありがとうございます。

投稿日:2020/08/26 09:30 ID:QA-0096082大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

不満かも知れないが、足して2で割っては ?

▼紹介会社も予測し得なかった事由による事案であるだけに、紹介料全額の返還には応じかねると思います。
▼社会的経験値がある訳ではなく、御社、相手方の間に、不和感、緊張感がなければ、ここは、「半額返却」を提案の上、仕切り直しされてはいかがですか・・・

投稿日:2020/08/25 16:13 ID:QA-0096062

相談者より

ご回答、感謝いたします。
おっしゃるとおり、紹介会社も予測し得なかった事由であり、初めてのケースであるとのことです。
ご助言いただきました通り、最終的に折衷案となるかもしれませんが、落としどころを探っていきたいと思います。
ありがとうございます。

投稿日:2020/08/26 09:32 ID:QA-0096083大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

何事も交渉次第です。

紹介料返金を求めて紹介会社と交渉することは可能です。

紹介会社に過失はないでしょうが、つわりによる体調不良、まともに出社出来る日はほぼない、欠勤と早退を繰り返し当初予定していた仕事もこなせない、復帰後も産休育休と取られることも多いに予想されるとなったら、時間を割いて教育することも躊躇されてしまうといった状況下であれば、せめて紹介料だけでも返金して欲しいと願うことには一理あります。

投稿日:2020/08/26 14:07 ID:QA-0096098

相談者より

ご回答ありがとうございます。
紹介会社にとっても不測の事態ではございますが、
『結果』の部分でお話進めていただけるよう交渉進めていきたいと思います。
ありがとうございます。

投稿日:2020/08/26 17:31 ID:QA-0096116大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
出向者の入社祝い金について
毎月の給与はもちろん出向先が負担しますが、入社祝い金については出向元に入社した人の場合でも 出向先が支払わないといけないのでしょうか?
入社一時金制度について
入社一時金制度について相談させていただきます。 入社一時金には2種類あり、入社準備金の意味合いで入社当月に支給するものと、入社半年後に入社祝い金の意味合いで支給するものがあります。 社会保険上の手続きで、さる専門家に「入社当月支給するものは給与扱い」、「半年後支給するものは賞与扱い→賞与支払届提...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
    人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高いことがわかった。
あわせて読みたいキーワード
新卒切り
深刻な就職難をくぐりぬけて入社したばかりの新入社員が、上司からの理不尽な要求や、パワーハラスメントなどを受けた上で自主退職を迫られるケースが増加。「新卒切り」と呼ばれ、「派遣切り」「内定取り消し」に続く社会問題として注目されています。 (2011/2/14掲載)
縁故採用
企業が求職者を雇用する場合、求職者本人にその企業との何らかの縁故(コネ)があることを採用の条件とすることを「縁故採用」あるいは「コネ採用」といいます。縁故には、企業・業界に影響力のある人物の紹介、現職社員やOB、取引先との縁戚関係などがあります。機会の平等に反する不公正な慣習というイメージが強いもの...
配活
就職活動で内定を得た学生がそこで活動を終了せず、入社後希望通りに配属(職種や部署、勤務地など)されるよう企業研究を続けたり、さまざまな機会をとらえて内定先にアプローチしたりすることを配属活動、略して「配活」と呼びます。若者の労働観、就労観を反映した新しい動きとして注目されています。 (2013/8...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...