企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

定期健康診断結果報告書の提出について

 お世話になります。
 11月に会社(従業員55名)で健康診断を実施しました。労働基準監督署への報告があると思うのですが、当社は産業医を選任しておりません。このような場合は産業医の欄は空欄で報告できるものでしょうか。
 ※産業医の選任は理解していますが、なかなか経費・条件面等で適当な産業医が見つからない状況です。
 

投稿日:2019/11/29 14:24 ID:QA-0088757

ラッピーさん
青森県/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

産業医の欄が空白では、受理してもらえません。

投稿日:2019/11/29 17:04 ID:QA-0088761

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2019/12/02 08:35 ID:QA-0088780参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、定期健康診断結果報告書の提出と産業医の選任は、いずれも常時50人以上の労働者を使用する事業所に対し義務付けられています。

御社の場合ですと55名の従業員数のようですので、産業医の選任は必須となり故に産業医欄を空欄で提出されることは認められないものといえます。地域の経営者団体や人材紹介サービス業者等に広くご相談された上で、コンプライアンスの観点から多少条件面等で譲歩されてでも早急に選任される事が不可欠です。

投稿日:2019/11/30 21:08 ID:QA-0088775

相談者より

いつも的確なご提言、大変ありがとうございます。服部先生の回答はとても分かりやすくて助かります。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿日:2019/12/02 10:32 ID:QA-0088783大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

ベルリンさん
埼玉県/ 

受理はされないと思います。
そこで、自治体が紹介している産業医という
システムもあります。

投稿日:2019/12/01 15:51 ID:QA-0088778

相談者より

参考になりました。ありがとうございます。

投稿日:2019/12/02 10:33 ID:QA-0088784大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
衛生管理者選任報告における労働者数について
衛生管理者選任報告の用紙において、「労働者数」という欄があると思いますが、他社への出向者というのはここの欄に含める必要があるのでしょうか。 ※このことについては、事業所に50名以上勤めているか否かということにかかわってくることにもなりますでしょうか 以上、ご教示の程よろしくお願いいたします。
産業医の選任
日頃お世話になります。 弊社は、役員・従業員を含め42名の人員規模の会社ですが、3年前からある上場企業の子会社(100%) となっています。親会社は、300人弱の規模なので所謂産業医を選任しています。 因みに、親会社はジャスダック登録です。頑張って2部上場を目指してます。 親会社が産業医を選任し...
嘱託産業医選任義務が発生する従業員数について
お世話になります。 表題の件ですが、産業医の選任義務が発生するタイミングが 従業員数50名以上かとおもいますが、 業務委託社員も従業員数としてカウントするのでしょうか。 ほぼ毎日出社している業務委託社員がおり、正社員同然のように働いております。 お忙しいところ恐縮ですが、宜しくお願いいたします...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
産業医
近年、労働者のメンタルヘルスが引き金となった深刻なトラブルが相次ぎ、労働環境やワーク・ライフ・バランスへの注目はさらに高まっています。従業員の健康管理と維持は、企業が果たすべき責任の一つです。ここでは、従業員の心身の健康を管理・維持するうえで重要性が増している産業医について理解を深めるため、その概要...
産業保健活動総合支援事業
「産業保健活動総合支援事業」とは、企業の産業保健活動に対する効果的な支援を促進するために、厚生労働省が2014年4月から運営を開始した新事業です。「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」(201三年12月24日閣議決定)をうけて、同省は、産業保健を支援する既存の三つの事業――地域産業保健事業、産業...
持株会
自社の株を従業員が購入・保有できる制度が従業員持株制度です。この制度を運営する常設機関を「従業員持株会」または「社員持株会」といいます。持株会は従業員の福利厚生の一環として位置づけられ、近年では、経営側と従業員をつなぐ施策としての意味合いも持ち始めています。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...