企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14932件   回答数32025

手当について

現在、人事制度の見直しを検討しております。

そのような中で、従業員のモチベーション維持・離職防止のために、一部の職種について、手当を2万円/月加算して支給しようと考えております。

新たな人事制度の方向性が明確となっていないまま、緊急的に一部の職種について手当を加算することは、後の人事制度構築の際に、障害となる可能性が高いため人事としては心配しています。
ただし、営業側の強い要望があり話が進んでしまっております。

例えば、
・月2万円の加算は、新人事制度が導入されるまでの(1年半後)期間限定としても良いか?(新人事制度には、2万円は加味されない。不利益変更に該当してしまいますか?)
・上記を実施する場合、明確に新人事制度が出来るまでの緊急的処置であること、新人事制度にはこの2万円は加味されないこと等、規程に記載すれば運用花押でしょうか?

また、新人事制度が導入されるまでの間の緊急的な対処法として、何か他の案がありましたら教えていただきたく宜しくお願い致します。

  • a1さん
  • 兵庫県
  • 販売・小売
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/11/19 11:00
  • ID:QA-0088564
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/19 20:27
  • ID:QA-0088574

代表者

人事制度の改訂原資

▼モチベーション向上の為の人事制度の改定原資を先食いすれば、1年半後に、制度だけ変えて、新人事制度導入と叫んでも、場が白けてしまいますね。
▼原資との関係では、新制度と無関係な一時的バラマキとするのか、新人事制度迄、新制度構築中であることを示しつつ、実施まで持ち堪えるのかの選択肢となりますが、答えは明らかですね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/20 10:16
  • ID:QA-0088577

人事・経営コンサルタント

人事政策

本件は手法の問題では無く、経営方針の問題でしょう。ご提示のようにしっかりした制度設計下で進めるべきことは言うまでもありません。それでも営業部門が横車を押すのであれば、経営判断で社長が決めることです。人事担当役員から社長への説明が良いでしょう。
人事としてはこのようなドロナワな対応のリスクと人事政策のあり方を提案の上、社長判断になります。臨時的支給であれば臨時ボーナスで対応するのはいかがでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/20 21:29
  • ID:QA-0088596

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、こうした法定外の手当の支給要件等に関しましては会社が任意で定める事が可能となります。

従いまして、期間限定等の要件を明確に定められるという事であれば不利益変更には該当しませんし、そのような手当の運用も可能といえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/15
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...