企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13921件   回答数29402

準委任契約における契約書に作業時間を規定することは可能か

いつもお世話になっております。

標記の件、準委任契約にもとづき業務委託を行おうと考えておりますが、その際に受託先との契約内に作業時間帯を規定する(例えば、9時から18時まで、休憩時間は12時から13時まで)ことは可能でしょうか。

また、その規定が守られているか、モニターするために作業時間の記録を提出してもらう(当該作業を担当した先方の作業者全ての作業記録)ことは可能でしょうか。(なお、仮に作業時間帯が規定された時間帯と食い違った場合でも、ペナルティ等を科すことはありません。)

また、委託料は当該作業に投入した作業時間×単価で精算する予定でおります。

以上、よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2018/12/07 16:17
  • ID:QA-0080899
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/08 11:32
  • ID:QA-0080905

代表者

基本的には発注元からの指示は不可、但し、合意の上で所要時間の把握、推定は可

▼ 準委任契約という法的表現は、実務的は、業務委託契約と解されます。業務委託契約では、仕事内容、委託料、期間などが定められますが、その進め方や働く時間など、発注元から指示を受けることはありません。
▼ 他方、通常、委託金額は、所要人日、所要人月をベースに決められます。その限りに於いて、賃金単価の異なるレベル毎の労働力試算が必要となります。
▼ 以上、2点から、委託料の算定目的で、当事者双方合意の上で、所要時間の把握、推定を行うことは、法に抵触するものではありません。

  • 投稿日:2018/12/11 10:00
  • 相談者の評価:大変参考になった

お忙しい中、迅速なご回答を頂きありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/08 23:09
  • ID:QA-0080912

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、業務委託契約におきましては、委託業務に関する指揮命令を行う事は認められず、全て委託先の会社や個人事業主等に任せる必要がございます。

文面のような時間拘束につきましては、通常指揮命令下で実施される時間的管理と判断される可能性が高いものと思われますので、極力避けるべきといえるでしょう。

どうしても何らかの事情で作業時間の設定等が必要な場合は、詳細事情によって合法性について判断する必要がございますので、直接お近くの労務管理に精通した弁護士また社労士にご相談される等慎重に対応される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2018/12/11 10:00
  • 相談者の評価:大変参考になった

お忙しい中、迅速なご回答を頂きありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/10 10:36
  • ID:QA-0080918

人事・経営コンサルタント

準委任契約

内容がわかりませんので、純粋に準委託契約という意味だけであれば、成果を問わない業務を委託するだけなので可能でしょう。
人事的視点ではそれよりも違法派遣か業務委託かが重要で、当然のことながら指揮命令機能を一切排する必要があります。

  • 投稿日:2018/12/11 10:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

お忙しい中、迅速なご回答を頂きありがとうございました。
業務の内容は、いわゆるSES契約に基づく当社が請け負ったシステム開発に関する役務提供となります。
以上、よろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

任期制自衛官の就職支援マンパワーグループ 成功報酬なし!攻めの採用
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...