企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13522件   回答数28396

履歴書が保管されていない方への再提出について

弊社は設立10年程度、社員50名程度の会社なのですが、
古くからいる社員に関して、履歴書が保管されておりません。

どこにあるかもわからず、当時のことをわかっている者もいないのですが、
現在在籍の社員の履歴書がないことに疑問を感じております。

こういった場合、履歴書の再提出を求めることは問題ないのでしょうか。

ご教授いただけますと幸いです。

  • 人事はじめさん
  • 東京都
  • 販売・小売
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2017/10/24 11:25
  • ID:QA-0073094
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/24 13:00
  • ID:QA-0073096

代表者

永久保存が必要な故、再整備を

▼ 履歴書という特定の文書名では表示されていませんが、その特性に鑑み、「重要な人事に関する文書」に属し、法律等による保存年限はないが、文書の性格上、「永久保存が必要」と考えられものと考えます。
▼ 依って、如何ほど信憑性が担保できるかの問題は残りますが、現在在籍の社員に対し、現状及び必要性を説明、協力を得て再整備されるべきしょう。

  • 投稿日:2017/11/07 17:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

役員とも必要性を再度会話し、整備に努めます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/24 22:36
  • ID:QA-0073102

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働基準法第109条におきまして、労働関係に関する重要な書類は三年間保存しなければならないと定められています。また、雇入れ又は退職に関する書類については労働者の退職又は死亡の日から数えて三年間の保存義務とされています。

履歴書について直接の保存期間に関わる法的文言まではございませんが、通常であれば上記に準じて同様の保管をされるのが妥当といえるでしょう。

しかしながら、履歴書はあくまで採用選考に関して入手されるものですので、既に紛失された履歴書までわざわざ在籍社員に再提出を求めるのは全く不合理な措置といえます。返って社員側に余計な手間まで負担させることになってしまいますので、当然に避けるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2017/11/07 17:08
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答いただきありがとうございます。

社員の負担にならないよう、必要な情報を取得し保管できるようにしようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 学びを可視化する ビジログ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:12/01~12/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...