企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13206件   回答数27653

履歴書が保管されていない方への再提出について

弊社は設立10年程度、社員50名程度の会社なのですが、
古くからいる社員に関して、履歴書が保管されておりません。

どこにあるかもわからず、当時のことをわかっている者もいないのですが、
現在在籍の社員の履歴書がないことに疑問を感じております。

こういった場合、履歴書の再提出を求めることは問題ないのでしょうか。

ご教授いただけますと幸いです。

  • 人事はじめさん
  • 東京都
  • 販売・小売
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/10/24 11:25
  • ID:QA-0073094
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/24 13:00
  • ID:QA-0073096

代表者

永久保存が必要な故、再整備を

▼ 履歴書という特定の文書名では表示されていませんが、その特性に鑑み、「重要な人事に関する文書」に属し、法律等による保存年限はないが、文書の性格上、「永久保存が必要」と考えられものと考えます。
▼ 依って、如何ほど信憑性が担保できるかの問題は残りますが、現在在籍の社員に対し、現状及び必要性を説明、協力を得て再整備されるべきしょう。

  • 投稿日:2017/11/07 17:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

役員とも必要性を再度会話し、整備に努めます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/24 22:36
  • ID:QA-0073102

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働基準法第109条におきまして、労働関係に関する重要な書類は三年間保存しなければならないと定められています。また、雇入れ又は退職に関する書類については労働者の退職又は死亡の日から数えて三年間の保存義務とされています。

履歴書について直接の保存期間に関わる法的文言まではございませんが、通常であれば上記に準じて同様の保管をされるのが妥当といえるでしょう。

しかしながら、履歴書はあくまで採用選考に関して入手されるものですので、既に紛失された履歴書までわざわざ在籍社員に再提出を求めるのは全く不合理な措置といえます。返って社員側に余計な手間まで負担させることになってしまいますので、当然に避けるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2017/11/07 17:08
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答いただきありがとうございます。

社員の負担にならないよう、必要な情報を取得し保管できるようにしようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン 管理者が成長するために必要なこと
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...