企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12150件   回答数25154

新卒の学校推薦について

こんにちは。
新卒採用について質問させてください。

弊社は130~140名規模の中小企業です。
技術者(SE)の新卒採用で苦戦しており、来年度、学校推薦を検討しています。
新卒採用が初心者で困っております。教えてください。

①新卒採用の学校推薦は会社規模にかかわらず出しているものか。
 どんな企業が学校推薦を出しているのかがわからず、当社のような企業規模の会社がだしているものなのか、御存知であれば教えてください(出している場合、反響なども教えていただけましたら幸いです)

②学校推薦の方法
 学校推薦の場合、採用実績のある学校あてに、通常の求人票に推薦枠の記載と、推薦の場合の提出物を記載し、郵送すればよいものですか?実際にキャリアセンターに持参したほうが効果的などありますか?
学校推薦は何月にアナウンス、選考、内定が一般的でしょうか。
また、選考方法としては自由応募と比べて採用フローを少なくする、または合格率を高くするなどが妥当でしょうか?なにか決まりなどあれば教えてください。

③学校推薦の採用について
 推薦だからといって絶対に内定を出さなくてはいけないものではないと聞いていますが、
 学校との関係性として、推薦者を不採用としても問題ないですか?

  • ビットくんさん
  • 東京都
  • 情報サービス・インターネット関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2017/08/23 17:44
  • ID:QA-0072142
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/08/23 22:18
  • ID:QA-0072145

人事・経営コンサルタント

一般的手法

理工系学生進路指導に長年従事してきた一般論として申し上げます。
①推薦依頼するのは自由です。ただし知名度の乏しい企業への応募者は普通は少ないので、大学のレベルや要求する専門性など勘案し、現実的なランクの大学を選ぶ必要があります。こればかりは魔法のような正解などないので、長年の実績で判断していくしかないと思います。

②推薦は法律ではなく、大学と企業が相互で結び合うものですので、まずは推薦を依頼する大学に尋ねるのが一般的です。実際にはほとんどの大学は共通の方法を取っていると思いますが、初めて推薦を行うのであれば、まずは希望する大学を尋ねるのが一番だと思います。シーズンが始まりますとそのような個別対応はできなくなる大学がほとんどなので、まずは比較的閑散期である今の内にいくつか訪問されてはいかがでしょうか。
選考方法を簡素化すれば応募は増える可能性がありますが、そのことが学生に伝わらなければ意味がありません。企業名の知名度はこうした情報の伝達力において大きく差が付きます。そのために大金をかけて知名度向上に取り組む企業もあるので、経営方針や予算など総合的な判断が必要です。

くり返しますが、「これさえやれば採用できる」という魔法はありません。そのため各社採用戦略にしのぎを削っているので、採用コンサルのようなサービスでも、絶対採用を約束するものはないはずです。

③選考と推薦はもちろん同じではありませんが、あきらかに恣意的な選考、普通なら問題なさそうな学生を良くわからない理由で落とすなどが続くと大学との信頼関係が壊れ、推薦そのものを断られる可能性はあります。こうした誤解を生じさせないように、採用したい学生のスペックをできる限り明確にし、「コミュニケーション能力」のような漠然としたものではなく、「顧客担当者との打ち合わせ、要件定義ができるようなコミュニケーション能力を持っている、あるいは持つような高い意欲を持つ」など、具体的にしましょう。

  • 投稿日:2017/08/24 11:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
採用実績がある学校など現実的なレベルの学校をえらんでみます!
中小企業なので知名度の低さで確かにあまり学生の興味をひかないことで効果が期待できないかもしれないです。。検討してみます。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/24 10:38
  • ID:QA-0072161

ヒューマンリレーション事業部 執行役員

学校推薦で採用が実現すれば非常に効率的ですが、現実的には非常に厳しいと思います。
自由応募と並行して採用活動を実行するのが現実的です。

20年にわたり、中堅・中小企業様の採用活動の支援をさせて頂いております。
会社としても年間200社強をご支援させて頂いております。

>①新卒採用の学校推薦は会社規模にかかわらず出しているものか。
会社規模に関わらずご提出頂いて結構です。
反響についてですが、残念ながらほとんどないのが現状です。
が、キャリアセンターとの関係を強化できれば、
学内セミナーのご案内をいただけたりしますので、
そういう場に積極的に参加し、採用を実現させている企業様もございます。

>②学校推薦の方法
まずは実際にキャリアセンターや関係のある教授などに直接お伺いするのがよいかと思います。
キャリアセンターの担当の方も、学生個々をしっかりとつかんでいる方と、
つかまれていない方がいらっしゃいますので、
直接の人材の推薦をいきなり期待するのではなく、
学内セミナーの案内を頂いたり、インターンシップの受け入れなどの相談をするなど、
関係性を強化していく方がよいでしょう。

>③学校推薦の採用について
企業として当然採用基準があるかと存じますので、
その旨も事前に説明しておくとよいかと思います。
ご心配されていることかと思いますが、当然人の心理が働きますので、
推薦してもなかなか採用に至らない、ということになれば、
ご紹介しづらくなることはあるかと思います。

現在は売り手市場ということもあり、
学生のほとんどは自力で就職先を決定している状況です。
恐らく短期間で学校推薦で採用を実現させるのは困難かと思います。
中長期の視点で学校との関係性を構築し、
貴社独自のルートを作り出す、ということを意識されるのがよいと思います。
実際に学校推薦で採用を実現させている企業様もございます。
キャリアセンターとのパイプ作りに有効なイベントもございますので、
ご興味ございましたらご案内いたします。

貴社におかれましては、学校とのパイプ作りと共に、
一般公募において、しっかりと採用成功させるための仕組み作りが必要かと思います。
是非採用成功させてください。

  • 投稿日:2017/08/24 11:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございます。
推薦は大学とのパイプがあってこそなのですね。
大学や専門学校は挨拶回り(求人票や1DAYインターンの案内を持っていく)などを行っていますが、一応対応はしてくれるものの、それきりになってしまっているかんじがしてなかなか良い関係までに至っていません…パイプを強くするにはどういったアクションがおすすめでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/24 19:32
  • ID:QA-0072172

ヒューマンリレーション事業部 執行役員

パイプを強化するには、大学や専門学校の方々にとって有益な相手である、と感じて頂くことが大事ですね。

ご質問ありがとうございます。

>ご回答いただきありがとうございます。
>推薦は大学とのパイプがあってこそなのですね。
>大学や専門学校は挨拶回り(求人票や1DAYインターンの案内を持っていく)などを行っています
>が、一応対応はしてくれるものの、それきりになってしまっているかんじがしてなかなか良い関>係までに至っていません…パイプを強くするにはどういったアクションがおすすめでしょうか?

パイプを強化する方法ですが、人間関係の構築となりますので、
先方にとって有益な相手である、と感じて頂くことが肝要かと思います。
キャリアセンターには多くの求人が寄せられますし、企業からのアプローチもあります。
その中で貴社とお付き合いすることで得られる大学側や専門学校側のメリットが必要ですね。
恐らく一度訪問し話しただけでは覚えて頂くことも難しいかと思います。

もし貴社の求める人材が、特定大学の特定研究室がターゲットであるのであれば、
研究予算を捻出して、共同で研究を行うなども方法の一つですね。

大学や専門学校を一つ一つ挨拶回りするだけでも見えないコストは発生します。
学校訪問の目的を明確にし、採用成功に向けてどこにパワーを割くべきか、
検討していくのも大切かと思います。

採用成功されますことを願っております。

  • 投稿日:2017/08/28 10:42
  • 相談者の評価:大変参考になった

丁寧なご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...