企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15405件   回答数33288

ストレスチェックの対象外とできるか

いつもお世話になっております。
ストレスチェックの実施対象者から、既に精神疾患のある社員を外すことは可能でしょうか。ストレスチェック関連のサイトを探しても見当たりませんでした。第一次予防を目的とするなら可能であると思えるのですが、ご教授ください。

  • 投稿日:2016/10/12 13:35
  • ID:QA-0067771
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/10/12 19:30
  • ID:QA-0067776

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご認識のとおり、労働者のメンタル疾患の予防がストレスチェックの目的です。

厚生労働省のQ&Aでは、長期傷病欠勤者については、ストレスチェックをしなくとも差し支えないとしています。

ご質問の社員さんの精神疾患の程度にもよると思いますが、長期欠勤をしているわけではなく、治療しながら、通常社員と同じ程度に働いているのであれば、ストレスチェックを実施して、ストレスの状況をみるべきだと思います。

  • 投稿日:2016/10/13 14:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々のご回答ありがとうございました。実施する方向で対応したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/10/13 11:09
  • ID:QA-0067783

代表者

休職中なら除外してもよい

「既に精神疾患のある社員」という表現での線引き区分では、具体的に難しい場合が想定される為、「ストレスチェックの実施時期に休職している社員」いう、明示的区分に従って除外されるのがよいでしょう。(厚労省・実施マニュアル・H28 年4月)

  • 投稿日:2016/10/13 14:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。ご指摘の通り線引きは難しいですね。厚労省の基準に合わせて一律の対応をした方がよさそうです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
ストレスチェック実施者について
 いつもお世話になります。  ストレスチェックを行うにあたり、 役員より「私の親族にその資格を有する者がいるので、 実施者をその親族にしたい」と申し出がありました。  役員の親族が実施者になることは問題はないのでしょうか。  ご教示いただきますようよろしくお願いします。
ストレスチェック 1回目の実施時期
15年12月に法律が施行されるストレスチェックですが、第1回目のストレスチェックは最低でもいつまでに実施しないといけないでしょうか。 というのは、厚生労働省の通達で出されているストレスチェックの内容もあいまいな事項も多く、我々も、産業医の面談体制など実施への課題も多く、できれば、他社の実施状況を見...
ストレスチェック
いつもお世話になります。 以下2点ご質問です。よろしくお願いします。 ①通達では会社はストレスチェックの結果について、社員の同意なしに入手することは出来ないとされていますが、 ストレスチェックの実施事務従事者は衛星管理者であったり、社内の総務部であったりすると思いますが、 ストレスチェック実施事...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
コーピング
コーピング(coping)とは、ストレスに対処するためにとる行動のことをいいます。普段私たちは、さまざまなストレスを感じて生きていますが、強いストレスをため続けると、心の病になってしまう可能性があります。しかしコーピングの手法を用いると、心の病にならないよう、上手にストレスと付き合うことができるよう...
ストレス・マネジメント
ストレス・マネジメントとは、ストレスを管理し、コントロールすることを意味します。近年、日本における労働環境は、技術革新などの影響で大きく変化。それに伴って、労働者のメンタルヘルス不調の増加が社会問題となっています。ここでは、職場におけるストレス・マネジメントの基礎的な知識と課題を紹介し、今後さらに求...
ストレス耐性
「ストレス耐性」とはストレスに対するタフさ、ストレスにどれだけ耐えられるかという抵抗力のことです。同じ環境下でも、ストレスを強く感じる人と感じにくい人、あるいはストレスに打ち克てる人とそうでない人がいるのは、個々のストレス耐性に差があるからです。
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/03
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...