企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14605件   回答数31029

36協定の届出について

基本的な相談かと思われますが、36協定の届出は、毎年4月に監督署へ届け出るものなのでしょうか?
もし、届け出なかった場合は、法的に罰則があるのでしょうか?

  • *****さん
  • 神奈川県
  • 電機
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2005/05/27 00:03
  • ID:QA-0000651
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2005/05/27 09:33
  • ID:QA-0000652

この回答者の情報は非公開になりました

36協定の届出について

36協定を届け出ずに時間外労働をさせた場合、労働基準法32条違反として、119条により罰せられます。6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金になります。
36協定は4月に届け出なければならないことはなく、いつ届け出ても構いません。新年度ということで4月の届出が多いようです。

専門家より
  • 投稿日:2005/05/27 09:33
  • ID:QA-0000653

この回答者の情報は非公開になりました

36協定の届出について

36協定との通称は、労働基準法第36条の規定に由来しています。協定の届出は様式第9号によることとされ、「時間外労働、休日労働に関する協定届」となっています。届出期日は決められておりません。あえて言えば、”事前に”ということです。36協定ではその協定の有効期間が定められ、更新する場合はその旨を労働基準監督署に届け出ればすみます。
届出についての罰則はありません。とはいっても届出をしないうちに時間外労働・休日労働をさせると、労働基準法違反の刑事責任が追及されることになります。

専門家より
  • 投稿日:2005/05/30 11:37
  • ID:QA-0000679

この回答者の情報は非公開になりました

Re.Re:36協定の届出について

「刑事責任が追及される」と回答したために、必要以上の不安をあおってしまいました。36協定が提出されていない事業所に対して、労基署が過去にさかのぼって摘発のための調査等をしているということは聞いたことはありません。とはいえ労働者は行政官庁または労働基準監督署にたいして労働基準法違反の事実を申告する権利を持っていますから、申告等によって36協定がないまま時間外労働や休日労働が行われている事実がわかれば、直接、労働基準監督署から指導監督が行われるでしょうし、また時間外労働、休日労働違反で罰則の適用を受けます。
大切なことは、違反は違反として認識し、これまでの瑕疵を引きずらないように、法令順守に対し前向きに気持ちを切り替えることです。貴社ではその姿勢をお持ちのようですから、速やかな改善が可能だと考えます。時間外労働・休日労働があるのならばすぐに36協定を届けてください。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

求める人材を確実に採用する視点 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...