企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15209件   回答数32760

交通費の返還について

ある社員が会社の規定外の交通手段(自家用車)を利用し、通勤しておりました。
会社が支給する交通費よりも多く費用(ガソリン代、駐車場代)が掛かっていると言っていますが、
会社としては、交通費(3年半で約50万支給分)の全額返還させることは法律上、問題ないでしょうか?

  • ネギッコさん
  • 新潟県
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2014/09/10 13:32
  • ID:QA-0060172
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/09/10 23:55
  • ID:QA-0060182

代表者

悪意の過大請求には、不当利得返還請求、懲戒対象とすうることが可能

本人の過大請求により、 会社が支給した過払いに対しては、 《 先ず 》、 本人に対する不当利得返還請求権が生じます。 本人が過払いの事実を知っていた ( 法的には悪意と言います ) 場合には、 利息を付けて返還させることができます。 《 次に 》、 使用者に損害が生じた場合には、 返還とは別に、 損害賠償をさせることを追加できます。 《 最後に 》、 悪意の程度に応じて、 就業規則の定めにより、 懲戒対象とすることも可能です。

  • 投稿日:2014/09/12 09:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

迅速なご回答、誠にありがとうございます。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/09/11 19:51
  • ID:QA-0060199

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、規定外での交通費と知りながら受給していたというのでしたら、実費金額に関わらず明白な虚偽申請による不正受給といえます。

従いまして、法律上不当利得としまして返還請求自体は可能といえます。

しかしながら、いきなり全額返還を迫るのは日常生活にも支障が生じますので、当人と相談の上分割等で少しずつ可能な範囲で返還させるのが妥当といえるでしょう。また特殊事情等考慮すべき事由があれば一部免除される等柔軟に対応する事も検討されてよいものといえます。

  • 投稿日:2014/09/12 09:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

今度はご回答いただき、誠に感謝しております。
追加の質問に対しても丁寧にご対応いただきました。
今後ともよろしくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/09/11 23:17
  • ID:QA-0060204

人事・経営コンサルタント

管理責任

規定違反ですので、返還は請求できるでしょうが、一方で、自動車通勤でありながら、会社側はそれに3年気付かなかったのでしょうか。勤務中の駐車はどうしていたかなど、会社側が一切わからないような工作をしていたなど、悪質であれば、全額請求で良いかも知れません。しかし会社側が管理責任を果たしていなかったとすれば、一気に全額を払わせるのは過酷な気がいたします。直属上長にも責任が及ぶとすべきで、支払いを分割などが落としどころではないでしょうか。肝心なことは不正受給を認め、得心させることです。単に過酷で杓子定規な規定で苦しめるだけと受け取られてしまってはせっかくの社内のモラール管理の機会を捨てることになります。

  • 投稿日:2014/09/12 10:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答誠にありがとうございます。

会社の規定はありましたが、ルーズになっており、恥ずかしいことですが、監理者自体も同様にマイカー通勤していた状態です。
昨今、コンプライアンスが厳しくなり、その従業員が内部告発されたことにより、今回の事態となりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...