企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15033件   回答数32296

有給分割付与について

いつも参考にさせて頂いています。

当社は4月1日に有給一斉付与をしています。
上司から仮定の話として、有給を四半期に1度の割合で付与はできないのかという話がありました。
少し調べてはみたのですが、探し出せませんでした。

例:4/1 12日付与
    ↓
4/1 3日付与
7/1 3日付与
10/1 3日付与
12/1 3日付与

上記のような付与は禁止でしょうか?禁止の場合は労基法のどこにあたるのかも教えてください。

  • かながわさん
  • 神奈川県
  • 保安・警備・清掃
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2013/04/02 17:53
  • ID:QA-0054061
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/04/02 19:28
  • ID:QA-0054062

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

有休分割付与について

有休分割付与は、労基法39条第1項および通達(平6.1.4)により、入社初年度のみ認められています。
この場合でも、法定基準日以前に分割付与しなければなりません。すなわち、入社6ヵ月継続勤務まえに10日付与しなければなりません。
よって、1年間にわたる四半期に一度はできないことになります。

次年度以降の付与については、初年度の初めの付与日に一括で付与しなければなりません。
(H6.1.4基発1)

  • 投稿日:2013/04/03 09:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答いただきありがとうございます。
初回は分割付与を認めているが、2度目以降は一括付与しか認められていないということでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/04/02 23:48
  • ID:QA-0054065

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

法定の年次有給休暇に関しましては、労働基準法第39条で「使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない」「使用者は、一年六箇月以上継続勤務した労働者に対しては、雇入れの日から起算して六箇月を超えて継続勤務する日から起算した継続勤務年数一年ごとに、(中略)六箇月経過日から起算した継続勤務年数の区分に応じ(中略)有給休暇を与えなければならない」と定められています。

従いまして、「六箇月間継続勤務」及び「継続勤務年数一年ごと」に所定の有給休暇日数を与える義務が課されているのは明らかですし、これらの時点で一部しか付与しないことが同条違反になる事も明白といえます。文面に示されているような分割付与というのは、言い換えれば付与を先延ばしする措置に他ならず、それ故法的義務を果たしていないことになります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/04/03 11:45
  • ID:QA-0054067

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

2年目以降は、分割はできません。
労基法上、少なくとも、入社1年半年経過後に11日の有休を付与しなければなりません。

初年度だけは、前倒しで分割できますが、
前倒しした場合には、初めに付与した日が基準日となってしまいますので、
基準日から1年後に11日付与しなければならないというデメリットが会社には生じます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

dodaで採用準備を始めよう 女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...