企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15084件   回答数32427

紹介予定派遣の早期採用と試用期間について

6ヶ月契約の紹介予定派遣社員の正規採用にあたり、
契約期間一杯をかけて人材を見極めたいと考えていますが、
一方で、研修等の観点から採用は年度の切り替わりに合わせたいとも
考えています。

紹介予定派遣の正規採用においては試用期間は設置しないこととされていますが、
これは早期採用をした場合にも適用されるのでしょうか?
例えば契約後4ヶ月で年度が変わる場合、このタイミングで
正規採用をし、元々の契約期間の残りに相当する2ヶ月間を
試用期間とすることは、認められないのでしょうか?

  • 投稿日:2013/02/05 16:22
  • ID:QA-0053144
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/02/05 21:06
  • ID:QA-0053149

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

紹介予定派遣について

結論としては、認められないという見解です。

まず、派遣期間の6ヵ月から4ヵ月の短縮については、3者間(派遣元、派遣先、労働者)の合意がなければできません。また、このとき、あくまで、直接雇用を早めるためのものであり、派遣先の契約解除のためには期間短縮できないとされています。(労働者派遣業務取扱要領)
試用期間として場合に、途中で解雇の可能性もあり、当初の契約期間の6ヵ月を下回る可能性があります。

また、ご認識の通り、そもそも紹介予定派遣からの直接雇用について試用期間を設けることはできません。(同)

他の選択肢としては、有期雇用は可能ですので、6ヵ月を超える期間、例えば3ヵ月の有期雇用とする方法もあります。

  • 投稿日:2013/02/06 07:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答、ありがとうございました。
ご教示いただいた有期雇用の可能性についても大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/02/05 23:55
  • ID:QA-0053159

人事・経営コンサルタント

見極め

紹介予定派遣の趣旨から、早期採用は可能でも試用期間設定は出来ません。しかしながらもし4ヵ月の派遣期間で見抜けない問題がある場合、残り2ヶ月で見抜けるようなことが現実にあるでしょうか?年度替わりを機に期間統一を図る便宜性を取るか、それとも4ヵ月でも見抜けない「何か」をさらに慎重に進めるかという比較になりますが、どちらを優先するかは御社次第です。

  • 投稿日:2013/02/06 07:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございます。
ご指摘頂いた残り2ヶ月での見極め可能性についてですが、「何か」があるというわけではなく、制度上許容されるなら保険的に残しておきたいという気持ちでした。
制度の趣旨に則って対応していきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/02/06 00:21
  • ID:QA-0053162

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご認識の通り、紹介予定派遣の場合はその性質上試用期間を設置しない事が求められています。

その際、採用時期を早めるとしましても、それはあくまで任意で行われる措置ですし、紹介予定派遣といった契約内容自体に変わりはございません。

従いまして、試用期間設置は同様に出来ないというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2013/02/06 07:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございました。
早期採用による例外はないということで、紹介予定派遣制度の趣旨に則り対応していきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...