企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

年俸制導入に伴う懸念事項

いつも参考にさせていただいております。ありがとうございます。

弊社は食品卸売・自社製造・小売販売(FC店/直営店)を営んでおります。
事業部は営業・生産・店舗開発・FC・直営・管理部門と多岐にわたっております。
それら全事業部に現在は同じ人事制度を導入しております。
報酬制度は目標管理制度を元に、その評価結果で賞与・給与ともに差がつく仕組みにしました。
しかし、営業・店舗開発など個人によって実績が大きく異なる場合の報酬の差が小さいと感じられており
モチベーションアップにつながっていないと、現場より指摘を受けております。
そこで、実績によって大きく報酬を変えられる仕組みとして、一部年俸制の導入を検討しております。


導入検討にあたり、下記2点についてアドバイスをいただければと存じます。
1)年俸と権限の設定
   現在、年俸は3グループに分けて金額設定することを考えています。
   年俸と権限は連動すると思うのですが、権限設定を決定する根拠は何を元に考えていくのが
   良いのでしょうか?
   例)店舗開発:αグループ(年間●店する)⇒●●の権限を与える

2)評価による格差設定
   年俸制を導入する場合、該当する既存社員の平均年収をベースにしようと思っています。
   評価による格差をつける場合、給与変更可能幅はどれくらいなのでしょうか?
   ※特に前年よりも下がる場合、社員の生活保障という点で下げ幅は何%という目安は
    あるのでしょうか?

稚拙な質問・文章で大変恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

投稿日:2012/11/27 17:19 ID:QA-0052293

よーこりんさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

まず始めに、年俸制を導入したからといって必ずしも報酬差が大きくなるというわけではございません。報酬差を生み出す根拠は月・年等の給与決定単位ではなく、評価の仕方及び評価と給与の連動性の強弱にあるからです。そうした点には注意が必要ですが、年俸制ですと1年単位でのまとまった賃金額を明確に示す為、報酬差の多少が目に見えて分かりやすくなるといった効果は得られるものといえるでしょう。

その上で御質問に回答させて頂きますと‥

1)年俸と権限が連動するか否かにつきましても、会社方針の下で評価制度の構築において任意に決められる事柄ですので、必然的にそうなるというわけではございません。また、権限の根拠と申しましても余りに漠然としていますし、当然ながら各会社の業務実態に即して考えるべき事柄ですので、詳細情報の無い当方で具体的な回答を示すのは困難です。
 一般的な考え方のみ申し上げておきますと、各役職毎に現状どういった業務に関しどのような権限を持っているかを確認し、その役割分担が組織上適切か否かを判断した上で定義すればよいものといえます。単に賃金制度だけの問題ではなく、御社組織の機能にも関わる大変重要な事柄ですので、経営陣や現場管理職の意見も聴取しながら進めていかれるべきです。

2)年俸制に限らず、人事評価における格差付けの幅について法的な制限は特にございません。但し、ご認識の通り、極端な給与減額は従業員の生活を脅かしてしまいますので、10パーセントを目安に考えるのが妥当なところといえるでしょう。
 ちなみに平均年収をベースとした場合におきまして、現行給与より年俸制のスタート時点で減給となる社員については減給幅の大小に関係なく労働条件の不利益変更となってしまいますので、調整手当等で少なくとも初年度は現行賃金額を保証するといった対応が必要といえます。

投稿日:2012/11/27 19:37 ID:QA-0052294

相談者より

服部様、いつも丁寧なご回答ありがとうございます。大変参考になりました。

投稿日:2012/11/28 10:12 ID:QA-0052297大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

職務分掌

本件は年棒制によるものというより、評価システムと職務分掌の問題ではないでしょうか。権限が連動するの意味は裁量が広くなるということでしょうか?同一職位であれば裁量に差があるのはおかしいことになりますし、同一職位でも年棒はそれこそ十人十色となるのが普通で、ただしバンドを設け、その範囲内で評価に基づき上下することになります。年棒制を敷けば自動的に成果報酬としてのメリットが発揮されるわけではなく、社員の公平感やモチベーション管理を含めて上長の正確な評価と、納得感のある評価システムが無いと、逆にモラールダウンを呼びます。そうした組織を多数見てきましたので、ぜひしっかりした評価体制を必ず並行させて下さい。

投稿日:2012/11/28 00:20 ID:QA-0052296

相談者より

増沢様、ご回答ありがとうございます。参考になりました。

投稿日:2012/11/28 10:13 ID:QA-0052298参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
年俸金額について
よろしくお願いいたします。 年俸制導入を検討しています。 年俸制導入後、毎年年俸金額を決めると思いますが、前年実績と比較した時に大幅にダウンすることも可能なのでしょうか? 月給制ですと降給するときは何割と決まっていたと思いますが? ご指導の程、よろしくお願いいたします。
年俸制社員の雇用契約について
漠然とした質問で申し訳ございませんが、年俸制社員を1年間の契約で雇用しようと考えています。契約の上で留意すべき点があれば教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
年俸制
従来の年功序列制に代えて個人の職務能力や勤務成績に応じて年間の賃金を決定する能力給制度。日本では管理職を中心に浸透しつつあります。定期昇給という概念はなく、前年度の働き具合に応じて、増俸、据え置き、減俸が決まります。
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...