企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

本社移転に伴う派遣社員の交通費について

弊社ではこの春、移転の予定です。
昨年末より派遣会社に対し、移転の旨を通知しておりました。
移転に際し、派遣会社より通勤費が増える派遣社員を対象に、
差額交通費相当分もしくは一定額の補助について要請がありました。
社員対しては差額精算を行いますが、派遣社員については
検討しておりません。

この場合、派遣会社の要請に応じるべきか否かご教示頂けたら幸いです。
尚、私見ではありますが派遣社員は元々、交通費込みまたは無しで派遣会社と
契約締結をしており弊社が払う必要は無いと考えております。

投稿日:2011/02/16 21:46 ID:QA-0042577

hakaseさん
東京都/商社(総合)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、派遣契約上でのこうした就労環境の変更時における定めに応じて決められるべき事柄といえます。

仮に何ら該当する定めが無い場合ですと、本来であれば移転を通告した際にこうした問題が発生する事は予見出来たはずですので、その時点で直ちに両社間で協議し決められるべき事案であったといえます。

ただそのような場合ですと、移転に関してはあくまで御社側での事情ですので、移転が直接の理由で発生する負担増分を派遣会社側が求めてくるのは当然の措置と考えられます。

従いまして、交通費負担を明確に区分していなくとも、現実に負担増の原因を発生させた御社側で補助要請には応じるべきというのが私共の見解になります。

投稿日:2011/02/16 22:09 ID:QA-0042580

相談者より

コメントありがとうございます。
非常にデリケートな問題ですので、再度社内で検討してまいります。

投稿日:2011/02/17 15:47 ID:QA-0042598大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

誠意協議条項に基づく努力を

※.派遣契約に関する料金体系、金額の契約は、当事者間の自由な合意に任されています。通常、掲載のない事項が発生したときには両者誠意を以って協議、解決するいった条文があるものですが、本社移転は想定外だったとすれば、これに該当すると思います。 .
※.「 交通費込みまたは無しとして契約ゆえ、交通費負担の義務はない 」 というのは、ご相談者のお考えですが、契約書就業場所が明示されていれば、一概に、派遣元の要請を根拠なしとする訳にはいかないでしょう。結果は別にして、努力義務としての誠意協議条項は尊重すべきです。

投稿日:2011/02/17 10:34 ID:QA-0042594

相談者より

アドバイスありがとうございます。
心情的な部分での問題ですので、再度社内で検討し対応していきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2011/02/17 15:39 ID:QA-0042597大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

就業場所

派遣契約における就業場所の指定があるかと思います。(必須条項なので)

それが変更されるとなりますと契約の変更になります。契約締結時に予想がつかなかったのであれば、派遣元(派遣会社)の要請は理にかなうと考えます。

つまり契約を変えるのは御社ということになると思いますので、金額にもよりますが、負担が大きく、辞めてもらっては困る派遣社員がいるのであれば、派遣元と協議されるのが良いと思います。
派遣社員の昇給は派遣元しか出来ませんので。

投稿日:2011/02/18 00:15 ID:QA-0042601

相談者より

ご回答ありがとうございます。
社内協議を経て決定したいと思います。

投稿日:2011/02/21 13:04 ID:QA-0042632参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出向社員と二重派遣
派遣法で二重派遣を禁止していますが派遣元からの派遣社員を出向社員として雇用したうえで客先に派遣した場合、派遣法上問題ありますか。
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
社長を派遣
役員を派遣することはできないようですが、社員を社長として派遣することは認められますか。会社法の関係は問題ありませんか。よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 派遣の終了・更新・解除の実務
    スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
  • 「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか
    2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」により、派遣社員活用のあり方は大きく変化しました。派遣社員は正社員と比べて職業能力形成の機会が乏しいことなどから、今回初めてキャリアアップ支援が義務化されたのです。このような法的対応を迫られる状況下にあって、派遣会社や企業の人事が留意すべきポイントとは何...
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
あわせて読みたいキーワード
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務...
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/08
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...