企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

本社移転の際の通勤手当支給について

いつもお世話になっております。

さて弊社は今月下旬に本社を移転します。
月の途中での移転となりますが、このような場合、その月の通勤手当はどのように支給するのが一般的でしょうか。

弊社では通常1か月分の通勤定期券の額を毎月支給しており、
月の半ばに入退社の場合は割り数22で計算、日数分を支給しております。
いずれも就業規定に記載がありますが、移転の際の取り扱いまでは定められていません。

ご教示のほどよろしくお願い申し上げます。

投稿日:2010/03/01 22:27 ID:QA-0019551

*****さん
東京都/ 

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

現行の入退社ルールの適用が一番だが、予告期間は十分か ?

■ 1カ月分の通勤定期券相当額の支給は、必ずしも、定期券の購入を義務付けたものではないと思いますが、個人的影響は、住居と移転先の関係、定期券利用の有無によっても変ってくるでしょうが、最も、大きなポイントは、移転日までの予告期間の長短です。
■ 予告期間が十分であれば、現在定着している入退社時の取扱いを適用しても、社員はそれぞれ、適切な購入方法に切り替えることができ、会社も、実務的に助かるわけです。然し、予告期間が短いと、定期券を購入している場合には、1カ月未満の取消ができなかったり、取消料が発生したりします。
就業規則に、移転の際の取扱いまで決めている企業は極めて少数でしょう。頻繁におきることではありませんし、状況もその都度異なると思いますので、決めると却って柔軟な措置を妨げることも考えられます。結論としては、現行の入退社ルールを適用して、特異なケースは個別対応するのが賢明だと思います。予告期間が十分であればよいのですが・・・。

投稿日:2010/03/02 20:17 ID:QA-0019563

相談者より

 

投稿日:2010/03/02 20:17 ID:QA-0037639大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

お答えいたします

ご利用ありがとうございます。
通勤手当が変更になるケースとして、ご相談にある事業所の移転のほかに、下記のようなケースも考えられますが、御社の就業規定はどのようになっていますでしょうか。
1.支店間の異動等に伴う通勤経路の変更の場合
2.従業員が転居し、通勤経路が変更になった場合
このような場合一般的には、
1.異動、移転が月の途中でも給与の締日と合せて変更とする
2.締日を設けて(通常15日)、その前であれば異動、移転前の手当、後であれば異動、移転後の手当とする
3.御社の入退社の場合と同じように2種類の手当額をそれぞれ日割りする
御社の規模、従業員数がわかりませんが、3は事務処理がかなり煩雑になります。
不平等感が生じないよう、規程に定めがない場合は前例に従うのが一般的かと思いますが、本社の移転となるとそうそうあることではないと思いますので、今回は一律に定めてしまってもよろしいかと存じます。
以上、御参考になれば幸いです。

投稿日:2010/03/02 20:52 ID:QA-0019566

相談者より

 

投稿日:2010/03/02 20:52 ID:QA-0037642大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。