無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

会社の駐車場内での事故

会社の駐車場が角地にあるため、一般の方が敷地内を斜めに通り抜けることが散見します。

通り抜け禁止等の看板や、防止対策を会社が行っていないため、いつか一般の方が敷地内で事故を起こすことがありえるのですが、その際に会社の責任等は無いのでしょうか?

投稿日:2022/08/16 13:54 ID:QA-0118154

悩み多い人さん
静岡県/紙・パルプ

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

社内敷地における事故防止

▼最低限、「当該敷地が会社所有地であること」及び「通行禁止とする」の旨の看板があれば(夜間は自動点灯)、一応、会社として必要な措置を講じたことになります。
▼更に、物理的に「網囲い」とされておれば、法的、実務的、何れの観点からも、必要な措置を講じたことになります。

投稿日:2022/08/16 14:41 ID:QA-0118160

相談者より

ご回答誠にありがとうございました。

投稿日:2022/08/16 14:59 ID:QA-0118161参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

人事問題ではないので、法的には弁護士の確認を得て下さい。
>通り抜け禁止等の看板や、防止対策を会社が行っていない
これが問題と思われますので、看板など、明確に出すこと。カラーコーンなどで物理的にも私有地を示すことなど、努力義務を行うことである程度責任を果たせるのではないでしょうか。

投稿日:2022/08/16 17:33 ID:QA-0118176

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

通り抜け禁止等の看板を設置したところで、一般車の通り抜けが完全に無くなることはないでしょう。

一般人が御社敷地内を無断で通行中に事故を起こしたところで、それは自己責任の問題であって、御社が責任を負うことはありません。

むしろ問題は駐車場に止めている御社社員の車や社有車が事故の巻き添えをくわないかが心配されるところです。

投稿日:2022/08/17 08:00 ID:QA-0118185

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社の所有地であれば、具体的な事情にもよりますが事故が発生した場合何らかの責任を問われる可能性は高いものといえます。

実際に無関係の一般の方が通行されているという事でしたら、やはり最低限私有地により立ち入り・通り抜け禁止といった掲示は行われるべきです。

投稿日:2022/08/17 23:04 ID:QA-0118221

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード