企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

HR業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

株式会社リンクアンドモチベーション代表取締役会長

小笹 芳央さん

「モチベーション」「アイカンパニー」の次は「リンク」を打ち出し、
企業と個人を変革する

2012/12/03

「アイカンパニー」の「信頼残高」を貯めよう

―― 現在の人材ビジネス業界を、どのように感じていらっしゃいますか。

株式会社リンクアンドモチベーション代表取締役会長 小笹芳央さん Photo

単純に儲かる・儲からないということではなく、個人の働き方や企業のあり方などについて、自分の経験から得た思想や哲学、ゆるぎないメッセージをもって、事業活動を行う人や企業がもっと増えたらいいと思います。私の場合は、「モチベーションカンパニー」が大事であるという企業向けのメッセージと、「アイカンパニー」を鍛えましょうという個人向けのメッセージを、ずっと発信し続けています。

ビジネスは、社会に対するコミュニケーションだと思います。何か伝えたいことがあるから、事業を行うわけです。共感を呼ばなければビジネスは成立しないでしょうし、共感を呼べばその共感の総量が売上になる、と考えています。

―― 人材ビジネス業界で働く、これからの日本経済を支える若手の方にメッセージをお願いします。

人材ビジネス業界に限らず、特に若い間は、「アイカンパニー」の「信頼残高」を貯めていくことが大事です。この「信頼残高」を貯めるためには、いろいろな仕事を経験することです。仕事には、やりたい仕事だけでなく、日陰となる仕事、地味な仕事、下積み仕事などがあります。そこでは「アイカンパニー」が試されます。そういった意識で歯を食いしばり、信頼を裏切らないように務めることで、「信頼残高」は貯まっていくのです。5年、10年経って気が付いたら、相当貯まっているはずです。これは、人材業界に限った話ではありません。

企業経営では、ヒト・モノ・カネが重要な要素だと言われますが、ヒトの分野が一番伸びシロが大きいと思います。人材ビジネス業界は未成熟です。モノやカネの世界と比べたらプレーヤーもまだ少ないですから、やれることはたくさんあります。この分野で一旗揚げようという気持ちがあるのなら、自分なりの社会的メッセージを紡ぎ上げるまで頑張ること。そして、それが明確になれば、そのメッセージに沿って愚直に事業を推進することが大切だと思います。

「リンク」が「モチベーション」の次に重要なテーマとなる

―― 今後、日本企業は働く個人のモチベーションをどのように向上させ、業績を上げていけばいいのでしょうか。

一時、成果主義を取り入れた企業が非常に多くありました。そもそも、成果主義は個人の問題に起因します。個人がどれだけ頑張って成果を出したのか、出していないのかということです。このような個人主義の考え方では、一人ひとりを鍛えていけばいいという発想になります。報酬も一人ひとりに対して、成果に応じて払えばいいということです。しかし、これが行き過ぎると、自分の知識や技術を自分自身に抱え込んで、人に教えようとしなくなってしまいます。

「アイカンパニー」と言うと誤解されがちなのですが、意識として、きちんと自立しましょうということです。しかし、何よりも大事なのは、他者とのつながりです。自立した個人同士のつながりやコミュニケーションがモチベーションにも関係します。

競い合うことや、人から認められること、人と共通の目的を持って協働することなどを通じて人は成長していきます。私は、このような関係性の中にこそ、一人ひとりが存在する意味があると考えています。そのため、人とのつながりを皆がきちんと意識できるような情報共有のあり方、つながりの中で自分の承認欲求が満たされる環境をとても大切にしています。当社の社名「リンクアンドモチベーション」は、そういうつながりの重要性も表しているのです。

企業が大きくなればなるほど、そうしたつながりが途絶えていきます。採用の部署と内部で人材教育を担当している部署が、断絶しているケースは少なくありません。あるいは人事部全般と営業部門や技術部門、経営戦略部門とが連携していないこともあります。縦割りに組織が分断されてきているのです。その結果、企業全体としての活動効率も落ちていきます。さらに、働く人のモチベーションが下がり、個人が機能しなくなります。

そういう意味では、これから「リンク(つなげる)」というのが「モチベーション」の次に非常に重要な企業経営のテーマになってくると思います。

―― 貴社の事業について詳しくうかがうことができました。本日はありがとうございました。

株式会社リンクアンドモチベーション代表取締役会長 小笹芳央さん Photo
(2012年10月16日 東京・中央区・リンクアンドモチベーション本社にて)
■企業データ
社名 株式会社リンクアンドモチベーション
(Link and Motivation Inc.)
本社所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座3-7-3 銀座 オーミビル
事業内容
  • モチベーションエンジニアリングによる企業変革コンサルティング
  • モチベーションマネジメント事業(人事・教育支援)
  • エントリーマネジメント事業(採用・動員支援)
設立 2000年3月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

佐藤 剛志さん(株式会社ジェイック 代表取締役):
「世の中になくてはならない企業」をつくりたい
人材教育と紹介で、就職ポテンシャル層と企業の可能性を拓く
「教育支援」と「採用支援」をかけ合わせた「教育融合型人材紹介事業」を展開する、株式会社ジェイック。フリーターや第二新卒を対象とした、就職講座・面接会一体型の就職...
2020/01/24掲載
舟橋 孝之さん(株式会社インソース 代表取締役 執行役員社長) :
顧客の「こうなりたい」という気持ちに寄り添い、課題解決に貢献
“作り続ける”サービスで多様な人材が活躍できる組織を生み出す
年間研修実施回数2万2000回超、年間研修受講者数51万人超など、企業研修業界で圧倒的な実績を持つ、株式会社インソース。研修事業に加えて、公開講座やITサービス...
2019/09/20掲載
根岸 千尋さん(株式会社廣済堂 代表取締役社長):
ベトナムで人材サービスを立ち上げて人生が変わった
――創業70周年で社長に就任。「100年企業」への礎を築く
今年で創業70年を迎える株式会社廣済堂。「広く社会に貢献する」を基本理念に、出版印刷をはじめとする情報コミュニケーション事業、求人メディアや人材紹介、海外人材サ...
2019/08/29掲載

関連する記事

従業員満足度調査をめぐる状況(2018年労務行政研究所調査)
大手企業では3割が実施。従業員満足度に関する取り組みは拡大傾向に。
2019/08/05掲載人事・労務実態調査
従業員エンゲージメントを高めるヒントとソリューションサービス
企業価値の向上や良好な組織風土の形成を実現するキーワードとして、注目を集めている従業員エンゲージメントについて、「従業員エンゲージメントとは何か」をおさらいしな...
2019/04/26掲載人事支援サービスの傾向と選び方
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
上司とのいい関係が部下のやる気アップに!
アルバイト・パートの定着率向上に欠かせない「部下と上司の間の信頼関係」。 部下やスタッフのモチベーションを引き出すにはどうしたらいいか、 信頼感とコミュニケーシ...
2019/01/21掲載新卒・パート/アルバイト調査
定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定...
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 高尾の森わくわくビレッジ

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ<br />
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

「法律ではどうなっている?」「届出・申請はどう書けばいい?」「最新の通...


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...