企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

HR業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

株式会社ビズリーチ 代表取締役

南 壮一郎さん

日本には新たな人材プラットフォームが必要
“人材市場の可視化”で企業に採用力を取り戻す

2014/02/13

事業を通じて社会を変える。その原点は“楽天イーグルス”

――南社長は人材会社に入社するのではなく、自ら会社をつくる道を選ばれました。そこにはどのようなモチベーションがあったのでしょうか。

株式会社ビズリーチ 南壮一郎さん インタビュー photo

僕はもともと人材業界に入りたかったわけではありません。インターネットについて学びたかったのです。インターネットが世の中に与えている影響を正しく理解したうえで、今後自分が数十年働いていく上での一つのスキルにしたかった。転職時に受けた会社もIT企業ばかりでした。

しかし、人材業界の問題について知ったときに、インターネットを使うことで、その解決が図れるのではないかと思ったのです。それに、新たな採用市場ができれば国のインフラになります。まさにそれは日本人の働き方にもつながり、新しい仕事観がつくれる。ITを活用するにはふさわしいテーマだと感じ、自分でやってみようと思いました。

――南社長は、世の中を変えたいという気持ちを起業に結び付けられました。そのような信念を支える経験が過去にあったのでしょうか。

僕は、事業を通じて社会を変えることに興味があります。その原点は楽天イーグルス時代にあります。仕事をするなら、業界を変革させるくらいやらないと面白くない。これは前職でも同じ志でやっていました。楽天イーグルス創設時に立てた目標は二つです。一つは「東北を元気にする」。東北の皆さんの心の支えをつくること。もう一つは「プロ野球業界を元気にする」。プロ野球業界にビジネスという概念を植え付けたいと思いました。

しかし、最初の数年は批判を受けましたね。東北の皆さんは実はライブドアに来てほしかったという声が多かったし、野球界からは「皆が野球をやろうとしているのにビジネス、ビジネスと言われても」とよく思われないこともありました。しかし、昨年楽天が優勝したことで、たくさんの感謝の言葉が自分のところまで寄せられました。創業時に、三木谷さんから何度も「事業創りに大切なことは大義名分」と言われていました。昨年の優勝で、三木谷さんが言っていたことの意味が今ははっきり理解できます。

――楽天で、初めて事業づくりの魅力に触れたということですね。

そうですね、事業をつくることは魅力的だったと思います。「これはこうあるべきだよね」と思えることに対して、皆が力を合わせて、主体的に動ける。そして、本質的な価値に向かって走る。そこで働く一員になってみて、楽しかったのです。事業を通じて社会に起こそうとしているイノベーションに、自分はどこまで主体的に参加できるか。今はこの会社で、自分の挑戦の結果が見られることが非常に楽しい。そのような意味では、事業づくりは体育会系の部活動によく似ている気がします。どうせトライするのなら、野球なら甲子園、サッカーなら国立を目指したいと思いますから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

佐藤 剛志さん(株式会社ジェイック 代表取締役):
「世の中になくてはならない企業」をつくりたい
人材教育と紹介で、就職ポテンシャル層と企業の可能性を拓く
「教育支援」と「採用支援」をかけ合わせた「教育融合型人材紹介事業」を展開する、株式会社ジェイック。フリーターや第二新卒を対象とした、就職講座・面接会一体型の就職...
2020/01/24掲載
舟橋 孝之さん(株式会社インソース 代表取締役 執行役員社長) :
顧客の「こうなりたい」という気持ちに寄り添い、課題解決に貢献
“作り続ける”サービスで多様な人材が活躍できる組織を生み出す
年間研修実施回数2万2000回超、年間研修受講者数51万人超など、企業研修業界で圧倒的な実績を持つ、株式会社インソース。研修事業に加えて、公開講座やITサービス...
2019/09/20掲載
根岸 千尋さん(株式会社廣済堂 代表取締役社長):
ベトナムで人材サービスを立ち上げて人生が変わった
――創業70周年で社長に就任。「100年企業」への礎を築く
今年で創業70年を迎える株式会社廣済堂。「広く社会に貢献する」を基本理念に、出版印刷をはじめとする情報コミュニケーション事業、求人メディアや人材紹介、海外人材サ...
2019/08/29掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職失敗、 再び利用した人材紹介
人材紹介会社では、過去に転職相談を受けていた人材から、再び転職相談を受けるケースもある。前回の利用時に信頼を獲得できていた証拠でもある「再登録」だが、インターバ...
2019/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 高尾の森わくわくビレッジ

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

半導体の試験装置(テスター)を開発・生産し、世界中の顧客企業へ技術、商...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...