企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

HR業界TOPインタビュー掲載日:2014/02/13

日本には新たな人材プラットフォームが必要――
“人材市場の可視化”で企業に採用力を取り戻す

株式会社ビズリーチ

南壮一郎さん

事業を通じて社会を変える。その原点は“楽天イーグルス”

南社長は人材会社に入社するのではなく、自ら会社をつくる道を選ばれました。そこにはどのようなモチベーションがあったのでしょうか。

株式会社ビズリーチ 南壮一郎さん インタビュー photo

僕はもともと人材業界に入りたかったわけではありません。インターネットについて学びたかったのです。インターネットが世の中に与えている影響を正しく理解したうえで、今後自分が数十年働いていく上での一つのスキルにしたかった。転職時に受けた会社もIT企業ばかりでした。

しかし、人材業界の問題について知ったときに、インターネットを使うことで、その解決が図れるのではないかと思ったのです。それに、新たな採用市場ができれば国のインフラになります。まさにそれは日本人の働き方にもつながり、新しい仕事観がつくれる。ITを活用するにはふさわしいテーマだと感じ、自分でやってみようと思いました。

南社長は、世の中を変えたいという気持ちを起業に結び付けられました。そのような信念を支える経験が過去にあったのでしょうか。

僕は、事業を通じて社会を変えることに興味があります。その原点は楽天イーグルス時代にあります。仕事をするなら、業界を変革させるくらいやらないと面白くない。これは前職でも同じ志でやっていました。楽天イーグルス創設時に立てた目標は二つです。一つは「東北を元気にする」。東北の皆さんの心の支えをつくること。もう一つは「プロ野球業界を元気にする」。プロ野球業界にビジネスという概念を植え付けたいと思いました。

しかし、最初の数年は批判を受けましたね。東北の皆さんは実はライブドアに来てほしかったという声が多かったし、野球界からは「皆が野球をやろうとしているのにビジネス、ビジネスと言われても」とよく思われないこともありました。しかし、昨年楽天が優勝したことで、たくさんの感謝の言葉が自分のところまで寄せられました。創業時に、三木谷さんから何度も「事業創りに大切なことは大義名分」と言われていました。昨年の優勝で、三木谷さんが言っていたことの意味が今ははっきり理解できます。

楽天で、初めて事業づくりの魅力に触れたということですね。

そうですね、事業をつくることは魅力的だったと思います。「これはこうあるべきだよね」と思えることに対して、皆が力を合わせて、主体的に動ける。そして、本質的な価値に向かって走る。そこで働く一員になってみて、楽しかったのです。事業を通じて社会に起こそうとしているイノベーションに、自分はどこまで主体的に参加できるか。今はこの会社で、自分の挑戦の結果が見られることが非常に楽しい。そのような意味では、事業づくりは体育会系の部活動によく似ている気がします。どうせトライするのなら、野球なら甲子園、サッカーなら国立を目指したいと思いますから。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

村上 臣さん(リンクトイン日本代表):
「自分のキャリアは自分でつくる時代」が日本にも来る
そう直観したとき、「リンクトイン」が面白いと思った
会社に頼らずに自らのキャリアを描こうとする際、重要になるのが社外における人的ネットワーク。最新情報に触れ、異なる考え方のプロフェッショナルと接することが、日々の...
2020/07/20掲載
秋好陽介さん(ランサーズ株式会社 代表取締役社長 CEO):
「スマート経営」を推進し、日本企業の可能性を拡げる
クラウドソーシングが生み出す、理想的な未来の働き方
「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」というビジョンを掲げ、日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイト「Lancers」を提供することで、業界を...
2020/06/19掲載
荻原 英人さん(ピースマインド株式会社 代表取締役社長):
一人ひとりに向き合うメンタルケアで「はたらくをよくする®」
創業22年目の今、働く人にとって一番頼れる存在へ
事業者に従業員のストレスチェックを義務づける改正労働安全衛生法が施行されたのが2015年。それ以来、心の健康も含めた「健康経営」への関心が高まっています。こうし...
2020/05/21掲載

関連する記事

中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。
2020/07/21掲載人事白書 調査レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載となりの人事部
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...