企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
HR業界TOPインタビュー掲載日:2014/02/13

日本には新たな人材プラットフォームが必要――
“人材市場の可視化”で企業に採用力を取り戻す

株式会社ビズリーチ

南壮一郎さん

“一人ひとりは違っていい”。その意識がイノベーションにつながる

南社長が思われるイノベーターの資質とは何でしょうか。

イノベ―ターに必要なものは二つあると思います。一つは社会に関心を持つこと。僕はよく周囲から「ビジネスモデルおたく」と呼ばれますが、何かに興味を持ったら、なぜこの会社は伸びているのか、なぜこの商品は売れているのかとトコトン調べています。まずは広く興味を持つことです。もう一つは、人に流されないこと。イノベーションは、他の人が気付いていなかったからこそイノベーションになります。何か新しいことをやろうと思えば、周りは反対することが多いのが世の常です。しかし、自分の考え方と同じ人ばかりでは、イノベーションは起きない。人は自分と違うからこそ新しいアイデアに批判的になります。だからこそ、自分の考えを信じ抜いて、周りの安易な反対の声を気にしないことも資質の一つになると思います。

南社長は小さいころから、人に流されないタイプだったのですか。

その点では僕は恵まれていたかもしれません。学生時代にカナダ、米国、日本と3ヵ国で教育を受けたからです。国が違うと「何が正しいか」も全然違います。そこで気付いたのは「一人ひとり違っていい」ということでした。何よりも自分の意見と考えを持つことが大事なのです。

株式会社ビズリーチ 南壮一郎さん インタビュー photo

例えば、カナダは移民の国で、基本的にすごくフランクで自由。いろんな人種が集まっているので、場所によっては排他的だったり、差別的なところもあったりしました。そこで学んだのは、自分に何か考えがあっても、人に伝えることができなければ、それは無価値だということです。そこに気付いてからは、周囲にどんどん伝えるようになりました。先生にもクラスメイトにもはっきり意見する。衝突もありますが、議論するために話すわけですから問題はありません。その点、日本人はなかなか自分の意見を言えない人が多いなと。せっかく意見を言っても、周囲から「それは言う必要がない」とまで言われることもある。日本だからこそ、しっかり意識すべきことだと思います。

でも、イノベーターは一人では想いを事業化することはできません。というのも、起業当時、僕は共に戦ってくれる仲間を集めるために、数ヵ月で数百人に声をかけ、自分の想いや事業構想を懸命に伝えました。でも、「無理だよ」「絶対に成功しない」と、誰も賛同してくれず、一時は自信を失いかけました。それでも、一人、また一人、各分野のプロフェッショナルが僕の想いに共感し、仲間になってくれたことで一歩を踏み出すことができたのです。肩書では僕が代表ですが、他の創業メンバーの一人でも欠けていれば、今のビズリーチはありません。彼らにも僕自身にも、仲間と共に創ってきて今があるという想いがあります。おかげさまで「ビズリーチ」は現在、1600社と29万人の求職者にご利用いただくまでに成長しています。

しかし、人材市場の可視化もまだ始めて5年ほどですから、全体の数%ほどしかできていません。最終的には、日本のすべての求人情報、すべての求職者がダイレクトにつながる市場をつくらないと意味がありませんから、まだまだ途上にあります。そこでサービスを見直しながら、より良いものをつくり、それらの市場を世界にも広げていきたいと思っています。

企業が優秀な人材を獲得するために、より主体的に採用活動ができること。求職者が自律して自らの選択肢や可能性を知った上で主体的に転職活動ができること。どちらも素晴らしいことだと思います。この二つが僕たちの目指す新しい社会の姿です。僕たちは、採用市場を可視化し、日本人の働き方や企業の採用のあり方をより便利に変えていきます。

最後に本サイトの読者である、人事向けを中心とした企業サービスを展開する企業の経営者や若手社員に向けて、メッセージをお願いします。

20世紀最高の経営者と賞賛される米GE前会長のジャック・ウェルチ氏は、自分の仕事の半分はピープル・ビジネスと言い、優秀人材の獲得に積極的でした。企業を成長さるためには、優秀な人材をいかに仲間として巻き込んでいくことが重要であり、そういう人材に振り向いてもらうためには、人材を採用したい企業が精一杯の労力と時間と情熱を注がなくてはなりません。僕は、企業が自らの手を動かし、自らのアタマで考えて人を採れるようになることは、日本経済のためになると考えています。採用の改革は、企業がより元気になる、その大きなきっかけになれる。だからこそ、企業に採用力を取り戻してほしいのです。ビズリーチでは、人事の世界がよりプロフェッショナルになれるよう、皆さまのお手伝いをしていきたいと考えています。

株式会社ビズリーチ 南壮一郎さん インタビュー photo

(2014年1月27日 東京・渋谷区・ビズリーチ本社にて)

社名株式会社ビズリーチ
本社所在地東京都渋谷区渋谷2-15-1
事業内容会員制転職サイト「ビズリーチ」の企画・運営。シンガポール、香港を中心としたアジア太平洋地域のハイクラス人材転職サイト「RegionUP」の企画・運営。インターネットを活用したサービス事業、ビジネス戦略コンサルティング事業、WEBサイトコンサルティング事業など。
設立2007年8月

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

真田茂人さん(株式会社レアリゼ 代表取締役社長 / NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長):
人が変われば組織が変わり、組織が変化すれば社会がよくなる
心理学を学んだことで人・組織・社会の課題を解決できると確信した
従業員のためにさまざまな研修を実施しているのに、なかなか目に見える成果があらわれない。人材開発に関わる多くの人事パーソンにとって、切実な悩みではないでしょうか。...
2020/09/14掲載
吉村慎吾さん(株式会社ワークハピネス 代表取締役会長):
大学留年、異例の出世、会社上場を経て “ワークハピネス”を追求
「働くことは楽しい」を世界中に広げる
新型コロナウイルスの影響が広がりを見せる2020年4月13日、株式会社ワークハピネス代表取締役会長の吉村慎吾さんは社員に100%テレワーク・オンラインデリバリー...
2020/08/20掲載
村上 臣さん(リンクトイン日本代表):
「自分のキャリアは自分でつくる時代」が日本にも来る
そう直観したとき、「リンクトイン」が面白いと思った
会社に頼らずに自らのキャリアを描こうとする際、重要になるのが社外における人的ネットワーク。最新情報に触れ、異なる考え方のプロフェッショナルと接することが、日々の...
2020/07/20掲載

関連する記事

酒場学習論【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応
気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。
2020/09/18掲載編集部注目レポート
半数近い企業がダイバーシティを推進。取り組み開始5年以内は感じる効果が低め
『日本の人事部 人事白書2020』から、ダイバーシティの調査結果を紹介します。
2020/08/18掲載人事白書 調査レポート
中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。
2020/07/21掲載人事白書 調査レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載となりの人事部

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...