企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

HR業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

株式会社ビズリーチ 代表取締役

南 壮一郎さん

日本には新たな人材プラットフォームが必要
“人材市場の可視化”で企業に採用力を取り戻す

2014/02/13

“一人ひとりは違っていい”。その意識がイノベーションにつながる

――南社長が思われるイノベーターの資質とは何でしょうか。

イノベ―ターに必要なものは二つあると思います。一つは社会に関心を持つこと。僕はよく周囲から「ビジネスモデルおたく」と呼ばれますが、何かに興味を持ったら、なぜこの会社は伸びているのか、なぜこの商品は売れているのかとトコトン調べています。まずは広く興味を持つことです。もう一つは、人に流されないこと。イノベーションは、他の人が気付いていなかったからこそイノベーションになります。何か新しいことをやろうと思えば、周りは反対することが多いのが世の常です。しかし、自分の考え方と同じ人ばかりでは、イノベーションは起きない。人は自分と違うからこそ新しいアイデアに批判的になります。だからこそ、自分の考えを信じ抜いて、周りの安易な反対の声を気にしないことも資質の一つになると思います。

――南社長は小さいころから、人に流されないタイプだったのですか。

その点では僕は恵まれていたかもしれません。学生時代にカナダ、米国、日本と3ヵ国で教育を受けたからです。国が違うと「何が正しいか」も全然違います。そこで気付いたのは「一人ひとり違っていい」ということでした。何よりも自分の意見と考えを持つことが大事なのです。

株式会社ビズリーチ 南壮一郎さん インタビュー photo

例えば、カナダは移民の国で、基本的にすごくフランクで自由。いろんな人種が集まっているので、場所によっては排他的だったり、差別的なところもあったりしました。そこで学んだのは、自分に何か考えがあっても、人に伝えることができなければ、それは無価値だということです。そこに気付いてからは、周囲にどんどん伝えるようになりました。先生にもクラスメイトにもはっきり意見する。衝突もありますが、議論するために話すわけですから問題はありません。その点、日本人はなかなか自分の意見を言えない人が多いなと。せっかく意見を言っても、周囲から「それは言う必要がない」とまで言われることもある。日本だからこそ、しっかり意識すべきことだと思います。

でも、イノベーターは一人では想いを事業化することはできません。というのも、起業当時、僕は共に戦ってくれる仲間を集めるために、数ヵ月で数百人に声をかけ、自分の想いや事業構想を懸命に伝えました。でも、「無理だよ」「絶対に成功しない」と、誰も賛同してくれず、一時は自信を失いかけました。それでも、一人、また一人、各分野のプロフェッショナルが僕の想いに共感し、仲間になってくれたことで一歩を踏み出すことができたのです。肩書では僕が代表ですが、他の創業メンバーの一人でも欠けていれば、今のビズリーチはありません。彼らにも僕自身にも、仲間と共に創ってきて今があるという想いがあります。おかげさまで「ビズリーチ」は現在、1600社と29万人の求職者にご利用いただくまでに成長しています。

しかし、人材市場の可視化もまだ始めて5年ほどですから、全体の数%ほどしかできていません。最終的には、日本のすべての求人情報、すべての求職者がダイレクトにつながる市場をつくらないと意味がありませんから、まだまだ途上にあります。そこでサービスを見直しながら、より良いものをつくり、それらの市場を世界にも広げていきたいと思っています。

企業が優秀な人材を獲得するために、より主体的に採用活動ができること。求職者が自律して自らの選択肢や可能性を知った上で主体的に転職活動ができること。どちらも素晴らしいことだと思います。この二つが僕たちの目指す新しい社会の姿です。僕たちは、採用市場を可視化し、日本人の働き方や企業の採用のあり方をより便利に変えていきます。

――最後に本サイトの読者である、人事向けを中心とした企業サービスを展開する企業の経営者や若手社員に向けて、メッセージをお願いします。

20世紀最高の経営者と賞賛される米GE前会長のジャック・ウェルチ氏は、自分の仕事の半分はピープル・ビジネスと言い、優秀人材の獲得に積極的でした。企業を成長さるためには、優秀な人材をいかに仲間として巻き込んでいくことが重要であり、そういう人材に振り向いてもらうためには、人材を採用したい企業が精一杯の労力と時間と情熱を注がなくてはなりません。僕は、企業が自らの手を動かし、自らのアタマで考えて人を採れるようになることは、日本経済のためになると考えています。採用の改革は、企業がより元気になる、その大きなきっかけになれる。だからこそ、企業に採用力を取り戻してほしいのです。ビズリーチでは、人事の世界がよりプロフェッショナルになれるよう、皆さまのお手伝いをしていきたいと考えています。

株式会社ビズリーチ 南壮一郎さん インタビュー photo
(2014年1月27日 東京・渋谷区・ビズリーチ本社にて)
■企業データ
社名 株式会社ビズリーチ
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-15-1
事業内容 会員制転職サイト「ビズリーチ」の企画・運営。シンガポール、香港を中心としたアジア太平洋地域のハイクラス人材転職サイト「RegionUP」の企画・運営。インターネットを活用したサービス事業、ビジネス戦略コンサルティング事業、WEBサイトコンサルティング事業など。
設立 2007年8月
株式会社ビズリーチ ロゴ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

佐藤 剛志さん(株式会社ジェイック 代表取締役):
「世の中になくてはならない企業」をつくりたい
人材教育と紹介で、就職ポテンシャル層と企業の可能性を拓く
「教育支援」と「採用支援」をかけ合わせた「教育融合型人材紹介事業」を展開する、株式会社ジェイック。フリーターや第二新卒を対象とした、就職講座・面接会一体型の就職...
2020/01/24掲載
舟橋 孝之さん(株式会社インソース 代表取締役 執行役員社長) :
顧客の「こうなりたい」という気持ちに寄り添い、課題解決に貢献
“作り続ける”サービスで多様な人材が活躍できる組織を生み出す
年間研修実施回数2万2000回超、年間研修受講者数51万人超など、企業研修業界で圧倒的な実績を持つ、株式会社インソース。研修事業に加えて、公開講座やITサービス...
2019/09/20掲載
根岸 千尋さん(株式会社廣済堂 代表取締役社長):
ベトナムで人材サービスを立ち上げて人生が変わった
――創業70周年で社長に就任。「100年企業」への礎を築く
今年で創業70年を迎える株式会社廣済堂。「広く社会に貢献する」を基本理念に、出版印刷をはじめとする情報コミュニケーション事業、求人メディアや人材紹介、海外人材サ...
2019/08/29掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職失敗、 再び利用した人材紹介
人材紹介会社では、過去に転職相談を受けていた人材から、再び転職相談を受けるケースもある。前回の利用時に信頼を獲得できていた証拠でもある「再登録」だが、インターバ...
2019/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 高尾の森わくわくビレッジ

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...