企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
第46回 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
人事部 ダイバーシティ推進室長 福岡藤乃さん

部署や年齢、性別も超えて役員をロールモデルに――
あいおいニッセイ同和損保に学ぶ「女性管理職の育成」とは [ 1/4ページ ]

2013/9/30
世界経済フォーラム(WEF)が発表した「男女格差報告2012年版」によると、日本の男女平等ランキングは前年より順位を三つ落として、対象国135ヵ国中の101位。先進国では最低水準です。大きな要因は経済分野における女性の活躍度の低さで、企業の役員に占める女性の割合はわずか1%、管理職でも10%強にすぎません。多くの企業が持続的成長を実現する経営戦略として、女性活躍やダイバーシティの推進に力を入れてはいますが、女性を積極的に登用しても、実際には「職場の風土醸成が進まない」「ロールモデルが見当たらない」などの理由で行き詰まりやすいのが現状です。周囲に女性の活躍モデルがないのなら、経験ある男性に学べばいい――あいおいニッセイ同和損保は、女性の管理職や経営幹部の輩出に向けて、男性役員と女性管理職がペアを組むユニークなメンター制度を導入するなど、先進的な取り組みを行っています。同社人事部ダイバーシティ推進室の福岡藤乃室長に、実効性のある女性活躍推進の進め方についてうかがいました。
福岡藤乃さんプロフィール写真
プロフィール
福岡 藤乃(ふくおか・ふじの)●1993年千代田火災海上保険株式会社(現あいおいニッセイ同和損害保険株式会社)入社。保険金支払部門、MS&AD基礎研究所出向を経て2011年4月より現職。2001年、2010年と二度の合併を経験。

女性管理職は6年で約6倍に、役員誕生がこれからの課題

――御社は損害保険業界でいち早くダイバーシティ推進に取り組まれ、実際、ここ数年で女性管理職が順調に増加するなど目覚ましい成果を上げています。まず、その具体的なデータからうかがえますか。

■ダイバーシティ推進の取り組み―実施の効果 管理職

ダイバーシティ推進の取組―実施の効果 管理職

2013年現在、弊社に課長以上の女性管理職は141名います。比率としては管理職全体の4%。残り96%が男性ですから、まだまだ道半ばです。それでも07年の24名(0.7%)から比べると約6倍で、右のグラフが示すとおり、着実に増えてきていると思います。また、そのうち39名が決裁の権限を持つライン長として活躍しており、従来は女性が進出しにくかった現場のライン長職にも、保険金を支払うサービスセンター所長として6名、営業課支社長として2名が就いています。さらに管理職候補層にあたる主任から課長補佐の女性比率も年々高まり、13年4月には45%を達成。正社員全体における女性比率の48%にほぼ追い付きました。

ただし、部長、役員といったシニアマネジメント層をこれから増やしていかなければなりません。現在、女性役員はゼロなんです。そのクラスの女性社員のロールモデルが出れば、組織全体としても一つの大きな壁を打ち破ることになると考えています。

――女性役員の誕生がこれからの課題というわけですね。そもそも御社がダイバーシティ推進に取り組まれた背景には、どのようなきっかけや経緯があったのでしょうか。

背景は大きく三つあります。第一に、弊社は複数の企業が合併・再編を経て誕生したという経緯があり、社員の出身会社が多様であるということ。そうしたバックグラウンドにとらわれることなく、むしろそれぞれの差異を活かし合うことで組織の柔軟性を強化し、変化に強い企業を目指すのが、ダイバーシティ推進の大きなねらいです。第二の要因は、05年に起きた、いわゆる「保険金不払い問題」です。保険金の支払い漏れ、保険料の取り過ぎといった不祥事が業界全体で次々と発覚しました。

――当時、かなり大きな社会問題に発展しました。

福岡藤乃さん photo

不祥事について検証する中で、弊社を含め私たちの業界は、根本的にお客様視点が欠けていたという反省が出てきたんです。例えば、私たちはパンフレットなどでご説明する際、当たり前のように保険の専門用語を使っていましたが、かならずしもお客様にとって分かりやすいものではありませんでした。保険金と保険料という言い方ひとつとっても、お客様からすれば、受け取るほうなのか支払うほうなのか、分かりにくい。そもそもパンフレットの文字やデザインそのものが見にくかったり、種類がたくさんあり過ぎて混乱したり――。「お客様の側に立たず、売る側の視点だけで商品をつくり販売していたのではないか。変わらなければならない」と痛感したところから、多様な視点をもつためのダイバーシティ推進が始まりました。そして当然のことながら、社員の半分は女性ですから、これらの人材が活躍できる組織にならなければ、変わることなどできません。これがダイバーシティ推進に取り組む三つ目の要因です。

弊社は中期経営計画において「持続的な成長が可能な会社」を目標に掲げ、その目標を実現するために、女性活躍やダイバーシティを推進すると表明しました。年齢、性別、出身会社などに関係なく、一人ひとりが持てる能力を存分に発揮する――ダイバーシティ推進は弊社にとって、厳しい競争を勝ち抜くための重要な経営戦略なのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載
日本ユニシス株式会社:
個の多様性を広げ、働き方を変えるきっかけに
日本ユニシスの「目標値なし」「男女問わず」の育児休暇推進
女性活躍推進法が2016年4月に完全施行されて以来、多くの企業が女性に関する目標値を掲げ、ジェンダーギャップの是正に取り組んでいます。女性の活躍推進とセットで進...
2019/08/08掲載

関連する記事

日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載イベントレポート
いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~
グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく変わろうとしている。企業もビジネスモデルの変革を余儀なくされているが、こうした環境の中にお...
2018/06/11掲載注目の記事
「女性管理職増加」「多様性の達成」は通過点 マタハラにいち早く取り組んだプルデンシャル生命に聞く“多様性のその先”
プルデンシャル生命保険株式会社は、2008年頃には管理職の3割を女性が占めるなど、女性活躍推進に関して先進的な企業として知られます。現在は数字からは見えない、真...
2017/09/20掲載編集部注目レポート
ダイバーシティを推進する上での問題や困難として最も多かったのが「管理職の意識や能力の不足」
ダイバーシティを推進する上での問題や困難を複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「管理職の意識や能力の不足」(45.0%)。2番目が「従来の一律的な価値観...
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
「ダイバーシティ」推進に役立つ企業事例5選
一般的に、「多様性」と訳されることが多い「ダイバーシティ」。その中には、人種や性別、年齢や障害の有無などの外見の違いに限らず、宗教や価値観、性格など、内面的な違...
2017/06/19掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...