無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

日立電子サービス株式会社
「自律考動」できる人財の育成に向けて
~「体験・体感型研修」でプロフェッショナルを育てる

荊沢光彦さん(人財開発本部 コンピュータシステム技術学校 校長)
広谷正宏さん(チーフエキスパート)

なぜ、「体験・体感型研修」を実施するのか?

 貴社の教育プログラムに独自性を感じるのは、パソコンを実際に分解・組立するようなことから、大山クリーン登山やコ学生・喜多郎氏の交流会など、参加者が一体となって物事をやり遂げる「体験・体感型研修」を実施されていることです。これらの研修を導入するきっかけや、目的についてお聞かせください。

荊沢:コ学のスローガンに立ち返れば、基本とコア・スキルを身に付け、自律考動できる人財を育成する、ということになります。その中で、「身に付ける」という部分が、実はなかなか難しい。この身に付けることを実践するために有効な手段が体験なのです。頭の中で理解することと、体を使って体験・体感することというのは、別次元です。五感を通じて感じたこと、身をもって感じたこと。そうして、成功したこと、失敗したことは体に染み込んで、忘れることはありません。

実際にやらせるということが、現実の仕事を進めていくためには、とても大切な経験となります。そういう意味で、体験・体感を重要視しています。事実、「実習のプログラムの中での失敗は許される」とあえて言っています。こういう失敗をすると、お客様に大変なご迷惑をお掛けするということを体験、体感してもらうことがとても大切なのです。

また、もう一つの狙いとして、いろいろなイベント体験を通じて、仲間としての一体感を醸成し、同期の絆をより強いものにしてもらうことがあります。

 同期の絆の重要性について、近年、人財の定着などの面から、言及する人が多くなっています。

人財開発本部 コンピュータシステム技術学校 校長 荊沢光彦さん

荊沢:例えば、会社を辞めようかなと思ったとき、職場の上長には相談しにくいでしょう。しかし、同期の仲間なら、そうしたことを気軽に相談できるし、また、親身になって考えてくれます。その結果、転職を踏み止まったというケースをよく聞きます。

 かつて、日本企業にはそのような職場風土がありました。こうした取り組みを、継続して行っていることが、貴社の強みの一つだと感じます。実際、この8ヵ月間で新入社員の行動や意識には、どのような変化がありましたか。

荊沢:体験型のイベントでは、仮に一人で悩んでいる人がいたとしても、そこに仲間がいま すから、彼らに相談することで、何とか自分の目標を達成することができる。そういうプロセスを通じて、自主性、積極性、あるいは協調性など、社会人として不可欠な要素が養われていきます。イベントを時系列で追ってみると、このような要素が彼らに身に付いていくことが、とてもよく分かります。

広谷:一人ひとりが自信を持つようになるのです。当初は、今年の新人は例年に比べておと なしいなと思うことがよくあります。例えば、質問をするにしても、最初は誰も手を挙げません。それが、時期が経つに従って、手を挙げる人が増えてきます。自分なりに考えて行動し、だんだんと自信がついてきたからでしょう。実際、8ヵ月経つと、彼らの顔の表情が生き生きとし、別人になってきます。

 その意味でも、8ヵ月間という一定期間を仲間と一緒に過ごし、研修を継続して行うことが大事なのでしょうね。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他1
オススメ1
最新順 人気順 古い順

*****さんがその他でオススメしました

北海道 医療・福祉関連 2011/02/01

まさに、理想的な人財開発体制だと思いました。
経営層の理解が深いのでしょう。ここまで徹底して運営できることを知り、同じ人財開発部として勇気をいただきました。

1件中1~1件を表示
  • 1

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

となりの人事部のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
バイト敬語
シェア研修