企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「新卒採用代行・アウトソーシング」
導入のポイントと最新サービス

現代の新卒採用は、厳選採用やグローバル化への対応など、そのすべてのプロセスにおいて、明確な戦略ときめ細やかな対応が求められている。こうした状況で注目されているのが、企業の採用パートナーとして高度なノウハウと高品質なサービスを提供する「採用アウトソーシング会社(採用代行会社)」だ。
「採用アウトソーシング」を簡潔に説明すると、「採用活動全般における業務パワー、及び付随するノウハウやナレッジの提供」といえるだろう。このうちノウハウの提供は、採用に関するコンサルティング的な要素を含む場合が多い。
採用アウトソーシング会社では、新卒採用から中途採用、アルバイト採用など、さまざまな人材採用に対応しているが、ここでは「新卒での正社員採用」をサポートする採用アウトソーシングについて、述べていくことにしたい。

※この記事は2010年12月に作成し、2018年3月に各サービス情報を更新しました。

新卒採用アウトソーシングの特性

1)採用アウトソーシングとその他の業務アウトソーシングとの違い

ともに業務代行パワーに加えて洗練された業務フローやノウハウなどを提供してくれるという点では同じだが、採用アウトソーシングには、常に変化する状況に対応しながら業務を遂行することが求められる。
特に、新卒採用の場合は市場のトレンドが景況などによって変化しやすい。計画通りに母集団が集まらないことや、逆に学生のエントリーが殺到して予定した会社説明会の回数では対応しきれないといった事態が十分に起こりうる業務である。

採用アウトソーシングには、こうした変化に機敏に対応することが求められる。委託する企業を選ぶ際は、必要に応じてシフトを変えたり、委託企業に適切なアドバイスや提案を行ったりする能力を重視すべきだろう。

2)採用アウトソーシングと人材派遣との違い

イメージ画像

業務パワーを外部に委託して補うという点で、採用アウトソーシングと人材派遣はよく比較の対象となる。しかし、そこには大きな違いがある。

第一に、採用アウトソーシング会社のスタッフは全員が採用に関する専門的なトレーニングを受けたスペシャリストであるということだ。そのため、最初から質の高い業務を期待できる。

第二は、採用アウトソーシングでは管理コストが不要であること。人材派遣の場合には、指揮・命令・監督は自社の社員が行わなくてはならない。しかし、業務委託である採用アウトソーシングの場合は、最初の段階でアウトソーシング会社側の管理者と打ち合わせを行うだけでよい。

第三は、コンサルティング的な要素の有無だ。採用アウトソーシング会社は、業務パワーに加えて最適な業務フローやケーススタディー、他社情報なども提供してくれる。単にコスト面の改善だけではなく、「採用の質の向上」にも寄与できる存在といえるだろう。

3)新卒採用と中途採用の違い

これまで中途採用を主体としてきた企業では、新卒採用の特徴とは何かが気になるところだろう。
新卒採用の特徴は、まず、1年サイクルのプロジェクトであること。時期によって業務量の変動が激しい。また、あるタイミングで失敗すると翌年まで待たないと挽回できない。基本的に通年で同じような採用環境がある中途採用と比べて、この違いは大きい。

次に注意しなくてはならないのが、選抜スタイルの違いだ。中途採用の場合の重要な選考基準である業務経験、業務スキルは、学生が対象となる新卒採用には使えない。しかも、母集団の規模は新卒採用の方がはるかに大きくなる。大量の、それも似たような候補者の中から自社に最適の人材を選抜するのだから、選考回数は多くならざるをえない。

また、内定を出してから実際に入社するまでの期間も長い。半年から1年程度のこともある。この間のフォローや内定者研修なども、取りこぼしをなくすためには非常に重要となる。

つまり、新卒採用の方が圧倒的に業務量は多く、また失敗した場合のリカバリーも効きにくいのだ。それだけに、専門的なスキルを持った採用アウトソーシング会社を活用することのメリットは大きいといえるだろう。

注目の新卒採用アウトソーシングサービス

【新卒採用向け】元採用担当による面接代行サービス(シーズン限定3社様)

人事部の働き方改革のために、短期決戦を乗り切るために、元人事部採用担当が御社の面接をバックアップ!

●あらゆる種類、あらゆる選考シーンに対応/個人、集団、グループディスカッション、あらゆる種類の面接官を代行いたします。 また、一次面接~最終面接まであらゆる選考シーンに対応いたします。

●採用業務の効率化が可能/特に1次面接、グループディスカッションといった時間を多く必要とする業務を効率化できます。

●選考基準の統一化、見える化が可能/プロの面接官と同席、選考結果のフィードバックを受けることで、選考基準の統一化、見える化が自然に行われます。

費用 面接人数や期間によりますが、50万円からご相談させていただいております。
導入社数 導入社数非公開

貴社のご要望に柔軟に対応!新卒採用アウトソーシング

採用戦略を実現する人事パートナーをお探しの企業様に価格負荷の削減、評価ブレの低減、企業イメージと志望度の向上を実現!

●個別カスタマイズ/提携パッケージ・システムではなく、一社一社お客様にあったソリューションをご提案

●パートナーシップ/お客様と同じ視点・立場でエージェントへの交渉やクロージング対応まで

費用 ◆会社説明会運用代行:1名 1万5000円
◆会社概要・会社説明:1名 3万6000円
◆英語面接代行(専門業界出身者):1名 65万円
◆個人面接+評価レポート作成:1名 14万円
※詳しくは直接ご相談ください
導入社数 導入社数非公開

ネオキャリア新卒・中途・アルバイト採用アウトソーシング

採用専門のアウトソーシング会社。AIやチャットを導入した新サービスなども含め、延べ3,000社の採用活動を支援しています

●採用コア業務に集中!採用の無駄省きます/担当者様は面接などの採用コア業務に集中し、母集団形成・面接調整・案内連絡対応は弊社にお任せください!柔軟性とスピードで貴社のターゲット求職者の獲得を目指します。

●欲しい人材を獲得するための媒体選定・運用/年間600社以上の採用支援実績に基づいた貴社に適した媒体や採用手法をご提案いたします。今の採用方法で結果が出ていないお悩みを解決いたします。

●採用進捗を可視化したデータにて採用分析/単なる「事務代行」ではなく、新卒採用フローに沿った効果分析データの提供、そして歩留まりデータと市況感に基づいた選考フロー改善をご提案し、常に採用の結果にコミット

費用 ◆サービスメニュー例◆
お客様の採用課題やご要望に合わせて、費用感を算出させていただいております。

【新卒採用アウトソーシング】
・最終選考動員迄のナビ管理・学生面接調整 \500,000~/1シーズン

【中途・アルバイト採用アウトソーシング】
・土日応募者への即日対応 \100,000~
 ※業務内容、件数、期間などにより金額は変動いたします。

まずは、お問合せください。
導入社数 導入社数非公開

新卒採用アウトソーシング

お客様の採用を成功に導く
「コンサルティング」「バックオフィス業務」「各種ツール提供」のトータルサービス

●目標を共有しながら人事・総務業務を代行/質・量ともに増大する採用実務をスムーズに行うために、お客様の考え方や姿勢を理解し、かつ採用目標を共有しながら様々な人事・総務業務を代行いたします。

●プライバシーマークを取得/関係者以外立ち入り禁止、社員証によるカードキー電子錠システムによる入室管理など、万全のセキュリティ体制かつ厳重なルールに基づいて管理・運用しています。

費用 業務内容により、大きく異なります。
お気軽にお見積り依頼のお声がけをください。
年間50万円~
導入社数 導入社数非公開

中小企業の採用予算を削減することに特化した採用コンサルティングサービス

「採用したいのに応募が全然集まらずに採用が成功できない」「毎年採用予算が高騰してしまっている」企業様向けのサービスです。

●大手に負けない優秀な人材を採用可能です/200社以上の採用を支援する中で、それぞれの成功パターンと失敗パターンを把握していると自負しております。

●媒体費用を含めた採用コストを圧縮できる/自社が必要な人材を十分に検討するので、媒体費用を含めた採用コストを圧縮することができます。

●採用に関する自社のノウハウが蓄積される/採用に必要なノウハウや注意点をすべてお伝えするから、採用に関する自社のノウハウを蓄積知ることができます。

費用 2つのサービス形態をご用意しております。

(1)採用予算内で採用を成功させる単発プロジェクトサービス
(2)月額150,000円のコンサルティングサービス

基本的に、採用予算を超えるようなご提案はいたしません。採用フェーズ、採用課題、採用予算に併せてサービスをご提供しておりますので、まずはお気軽に資料をダウンロードくださいませ。それぞれの詳細を記載しております。
導入社数 約300社 ※2019年5月期実績

RPO(採用プロセスアウトソーシング)サービス

戦略的アウトソーシングのパートナーとして
お客様の採用成果実現をサポート

●戦略パートナーとして、採用成果実現に併走/採用選考プロセス全体の設計、業務フローチャートおよび役割分担スキームの企画・提案からスタート。戦略パートナーとして採用成果の実現にコミットします。

●国際規格のサービスレベルとセキュリティ/国際規格「ISO20000」「ISO27001」「ISO9001」に準拠したRPOサービスをご提供します。

●定期的なレポーティングで改善施策をご提案/約450万件/年の学生データ、約150万件/年の選考データから導き出した科学的な指標をもとに、貴社の採用状況を定期的に分析、施策をご提案します。

費用
導入社数 導入社数非公開

人事支援サービスの傾向と選び方のバックナンバー

語学研修でグローバルビジネスに適応する多様なスキルを習得!
ニーズに合わせたおすすめサービスと選び方
語学研修は近年、外国語に加え、グローバルビジネスに必要なさまざまなスキル・視点を習得できることから、リーダー育成や組織力強化の面でも期待が寄せられています。ここ...
2020/10/23掲載
オンラインでの新卒採用選考を成功させるには?
WEB説明会・面接ツールの選び方
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、これまでWEBを活用していなかった企業も、オンラインで採用選考を進めなければならなくなりました。対面・...
2020/09/30掲載
助成金活用は二人三脚でうまくいく
申請代行に強い社労士の探し方・比較のポイント【雇用関連の助成金一覧付】
雇用創出や能力開発、職場環境の整備などを目的に、厚生労働省はさまざまな助成金制度を設けています。助成金制度は社会情勢を反映しながら見直しが図られているため、常に...
2020/08/21掲載

関連する記事

筒井智之さん(株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース 代表取締役社長):
「エンドユーザー」の意識・変化をつかむ
「情報提供」に取り組み続けた経験が今の自分をつくった
新卒採用メディアのスタンダード「ダイヤモンド就活ナビ」や「ダイヤモンドLIVEセミナー」。内定者フォローや新人研修をはじめとするダイヤモンド社の若手人材育成コン...
2020/10/21掲載HR業界TOPインタビュー
内定辞退者数は「変わらない」が過半数
フォローに前向きな企業が7割
新卒採用における直近3年での内定辞退者数の増減ぶりを聞いたところ、「変わらない」(52.4%)が過半数を超えました。企業はどのようなフォローをしているのか調査し...
2020/10/13掲載人事白書 調査レポート
新卒採用の裁量には「人事部門の計画」が最も影響する
『日本の人事部 人事白書2020』から、採用に影響を与える要素の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第4回】
新卒採用面接、応募者に何を聞けばいいのかわからない
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/06/02掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第3回】
新卒採用の面接官を任されたけれど、若手には荷が重い……
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/05/19掲載編集部注目レポート

自分の関心に合わせたサービス情報をメールで受け取ることができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。