企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

本誌特別調査
2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員の
ホワイトカラー職種別賃金調査
13職種に見る最新実態と諸格差の動向

労政時報第3944号「2017年度ホワイトカラー職種別賃金調査」

グローバル化の進展もあり、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。こうした動向に先んじて当研究所では、2000年から職種・職位別賃金調査を実施している。これは、実在する社員の賃金水準について、職種や職位という銘柄で絞り込んで把握できるデータである。このほど、2017年度の調査結果がまとまった。例年どおり、経営企画・営業など13職種を対象に、部長・課長・係長クラス・一般社員の4職位について賃金水準を調査した。

ここでは賃金の支払い形態が月例給与+年間賞与の場合の調査結果について紹介する。

ポイント

(1)職位別に見た年収の平均額
●部長は900万円台後半~1000万円台、課長は700万円台後半~800万円台、係長クラスは500万円台後半~600万円台、一般社員は300万円台後半~400万円台前半の水準

(2)職種別に見た年収の平均額
●部長の場合、最高は「購買・資材調達」の1084.6万円、以下、「生産技術」1080.3万円、「研究」1078.2万円、「経営企画」1044.7万円、「法務・特許」1043.5万円などで、「営業」を除く12職種が1000万円台
●課長では、「研究」の881.9万円が最高、以下「購買・資材調達」869.2万円、「法務・特許」846.6万円の順

平均額と分布状況

月例給与の平均額と分布状況[図表1~2]
部長55万~65万円未満、課長50万円前後、係長クラス30万円台、一般社員25万円前後が一つの相場

以下では職位別に職種ごとの月例給与を全対象者の平均額で見ていく。

部長
水準が高い順に見ると「〈1〉経営企画」64.4万円、「〈11〉生産技術」63.5万円、「〈2〉営業企画・商品企画」63.4万円などとなっている[図表1]。
分布を見ると[図表2]、「55万~60万円未満」「60万~65万円未満」に多くの職種の最頻値(最も多い割合)が集中していることから、“55万~65万円未満”程度が、部長の月例給与の一つの相場といえる。

注:わが国では職種別賃金相場が確立されておらず、上記および以下に続く各職種の集計結果は、毎回の調査により変動している。これらの数値は、一般的な職種別の相場というより「今回の調査で得られた各職種・各職位に就く者の賃金の実態」として見ていただきたい。

課長
水準が高い順に見ると「〈13〉購買・資材調達」51.9万円、「〈8〉研究」51.3万円、「〈2〉営業企画・商品企画」51.0万円と続く[図表1]。水準が最も低い職種は「〈1〉経営企画」の48.8万円であり、どの職種も50万円前後の水準となっている。分布を見ると[図表2]、最頻値はすべての職種において「45万~50万円未満」「50万~55万円未満」に集中している。

係長クラス
水準が高い順に見ると「〈2〉営業企画・商品企画」「〈5〉法務・特許」38.8万円、「〈1〉経営企画」「〈8〉研究」38.7万円などとなっている[図表1]。分布を見ると[図表2]、ほとんどの職種で「35万~40万円未満」と一部「30万~35万円未満」に最頻値が集まっており、30万円台が一つの相場になっている。

一般社員
水準が高い順に見ると「〈2〉営業企画・商品企画」「〈3〉営業」25.8万円、次いで「〈5〉法務・特許」25.7万円などとなっている[図表1]。分布を見ると[図表2]、「25万円未満」「25万~30万円未満」に全職種の最頻値が集まっており、[図表1]の各職種・水準を勘案すると、25万円前後が一つの相場といえる。

ここでは前回の集計結果は示していないが、今回集計における各職位の月例給与水準の傾向は、景気の回復や有効求人倍率の改善、政労使会議等による賃金上昇機運の高まりを受けてもなお、2016年度と比べ大きく変わらない。

【図表1】職位別に見た月例給与・年間賞与・年収の水準

職位別に見た月例給与・年間賞与・年収の水準

【図表2】月例給与(全対象者の平均)の分布状況

月例給与(全対象者の平均)の分布状況

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載

関連する記事

東証第1部上場企業の2019年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査
全産業212社ベースで74万7808円、対前年同期比0.1%減とマイナスに転じる
2019/10/29掲載人事・労務実態調査
説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよ...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
政府主導の賃上げは賛否両論。賃上げ・賃下げを「経営者が独断で決める」企業が約半数
政府が企業に働きかけて賃上げを主導する動きについて、その賛否を聞いた。「望ましい」(9.0%)、「どちらかといえば望ましい」(19.0%)は合わせて28.0%。...
2018/07/24掲載人事白書 調査レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
パート賃金10年史~10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ
この10年、パート・アルバイト雇用の需要は、高まりつづけています。総務省の労働力調査によれば、雇用者に占める非正規労働者の割合は4割に近づいています。今回は環境...
2017/02/22掲載新卒・パート/アルバイト調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...