企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

本誌特別調査
2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員の
ホワイトカラー職種別賃金調査
13職種に見る最新実態と諸格差の動向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
労政時報第3944号「2017年度ホワイトカラー職種別賃金調査」

グローバル化の進展もあり、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。こうした動向に先んじて当研究所では、2000年から職種・職位別賃金調査を実施している。これは、実在する社員の賃金水準について、職種や職位という銘柄で絞り込んで把握できるデータである。このほど、2017年度の調査結果がまとまった。例年どおり、経営企画・営業など13職種を対象に、部長・課長・係長クラス・一般社員の4職位について賃金水準を調査した。

ここでは賃金の支払い形態が月例給与+年間賞与の場合の調査結果について紹介する。

ポイント

(1)職位別に見た年収の平均額
●部長は900万円台後半~1000万円台、課長は700万円台後半~800万円台、係長クラスは500万円台後半~600万円台、一般社員は300万円台後半~400万円台前半の水準

(2)職種別に見た年収の平均額
●部長の場合、最高は「購買・資材調達」の1084.6万円、以下、「生産技術」1080.3万円、「研究」1078.2万円、「経営企画」1044.7万円、「法務・特許」1043.5万円などで、「営業」を除く12職種が1000万円台
●課長では、「研究」の881.9万円が最高、以下「購買・資材調達」869.2万円、「法務・特許」846.6万円の順

平均額と分布状況

月例給与の平均額と分布状況[図表1~2]
部長55万~65万円未満、課長50万円前後、係長クラス30万円台、一般社員25万円前後が一つの相場

以下では職位別に職種ごとの月例給与を全対象者の平均額で見ていく。

部長
水準が高い順に見ると「〈1〉経営企画」64.4万円、「〈11〉生産技術」63.5万円、「〈2〉営業企画・商品企画」63.4万円などとなっている[図表1]。
分布を見ると[図表2]、「55万~60万円未満」「60万~65万円未満」に多くの職種の最頻値(最も多い割合)が集中していることから、“55万~65万円未満”程度が、部長の月例給与の一つの相場といえる。

注:わが国では職種別賃金相場が確立されておらず、上記および以下に続く各職種の集計結果は、毎回の調査により変動している。これらの数値は、一般的な職種別の相場というより「今回の調査で得られた各職種・各職位に就く者の賃金の実態」として見ていただきたい。

課長
水準が高い順に見ると「〈13〉購買・資材調達」51.9万円、「〈8〉研究」51.3万円、「〈2〉営業企画・商品企画」51.0万円と続く[図表1]。水準が最も低い職種は「〈1〉経営企画」の48.8万円であり、どの職種も50万円前後の水準となっている。分布を見ると[図表2]、最頻値はすべての職種において「45万~50万円未満」「50万~55万円未満」に集中している。

係長クラス
水準が高い順に見ると「〈2〉営業企画・商品企画」「〈5〉法務・特許」38.8万円、「〈1〉経営企画」「〈8〉研究」38.7万円などとなっている[図表1]。分布を見ると[図表2]、ほとんどの職種で「35万~40万円未満」と一部「30万~35万円未満」に最頻値が集まっており、30万円台が一つの相場になっている。

一般社員
水準が高い順に見ると「〈2〉営業企画・商品企画」「〈3〉営業」25.8万円、次いで「〈5〉法務・特許」25.7万円などとなっている[図表1]。分布を見ると[図表2]、「25万円未満」「25万~30万円未満」に全職種の最頻値が集まっており、[図表1]の各職種・水準を勘案すると、25万円前後が一つの相場といえる。

ここでは前回の集計結果は示していないが、今回集計における各職位の月例給与水準の傾向は、景気の回復や有効求人倍率の改善、政労使会議等による賃金上昇機運の高まりを受けてもなお、2016年度と比べ大きく変わらない。

【図表1】職位別に見た月例給与・年間賞与・年収の水準

職位別に見た月例給与・年間賞与・年収の水準

【図表2】月例給与(全対象者の平均)の分布状況

月例給与(全対象者の平均)の分布状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務実態調査のバックナンバー

懲戒制度の最新実態 解雇の場合の退職金、懲戒解雇と諭旨解雇ではどうちがう?
SNSの普及により、インターネットに関連した懲戒事案なども増えています。 今回は各企業の懲戒制度の内容とともに、解雇における退職金の有無、30のモデル ケース別...
2018/10/03掲載
2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)
13職種に見る最新実態と諸格差の動向
近年、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えています。ここでは、2017年度職種別賃金実態調査より、経営企画・営業など...
2018/08/03掲載
本誌特別調査
2017年役員報酬・賞与等の最新実態(労務行政研究所)
社長の年収は4441万円。社外取締役の年間報酬の平均額は643万円
企業役員の年間報酬や、その他処遇はどのようになっているのだろうか?社外取締役の選任状況は?最新の調査結果から、年間報酬に関して役位別の水準と社外取締役について紹...
2018/06/13掲載

関連する記事

政府主導の賃上げは賛否両論。賃上げ・賃下げを「経営者が独断で決める」企業が約半数
政府が企業に働きかけて賃上げを主導する動きについて、その賛否を聞いた。「望ましい」(9.0%)、「どちらかといえば望ましい」(19.0%)は合わせて28.0%。...
2018/07/24掲載人事白書 調査レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
パート賃金10年史~10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ
この10年、パート・アルバイト雇用の需要は、高まりつづけています。総務省の労働力調査によれば、雇用者に占める非正規労働者の割合は4割に近づいています。今回は環境...
2017/02/22掲載新卒・パート/アルバイト調査
最低賃金の改定で平均時給は上がる?
~平成27年度 地域別最低賃金改定による パート・アルバイトの募集時平均時給への影響について~
平成27年度の改定も大幅な引き上げとなった地域別最低賃金。特に小売、飲食業などパート・アルバイトを多く雇用する業態では、最低賃金額に合わせて1円単位で時給額を調...
2016/10/27掲載新卒・パート/アルバイト調査
賃金相場は平均値だけでは読み取れない?
賃金に関する情報では、実際の募集をより具体的にイメージするために、平均値だけでなく、他の項目にも目を向けることが必要です。「パートタイマーの募集時平均時給」の結...
2016/09/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

紀尾井カンファレンス ANAの研修力

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...