企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

本誌特別調査
2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員の
ホワイトカラー職種別賃金調査
13職種に見る最新実態と諸格差の動向

労政時報第3944号「2017年度ホワイトカラー職種別賃金調査」

グローバル化の進展もあり、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。こうした動向に先んじて当研究所では、2000年から職種・職位別賃金調査を実施している。これは、実在する社員の賃金水準について、職種や職位という銘柄で絞り込んで把握できるデータである。このほど、2017年度の調査結果がまとまった。例年どおり、経営企画・営業など13職種を対象に、部長・課長・係長クラス・一般社員の4職位について賃金水準を調査した。

ここでは賃金の支払い形態が月例給与+年間賞与の場合の調査結果について紹介する。

ポイント

(1)職位別に見た年収の平均額
●部長は900万円台後半~1000万円台、課長は700万円台後半~800万円台、係長クラスは500万円台後半~600万円台、一般社員は300万円台後半~400万円台前半の水準

(2)職種別に見た年収の平均額
●部長の場合、最高は「購買・資材調達」の1084.6万円、以下、「生産技術」1080.3万円、「研究」1078.2万円、「経営企画」1044.7万円、「法務・特許」1043.5万円などで、「営業」を除く12職種が1000万円台
●課長では、「研究」の881.9万円が最高、以下「購買・資材調達」869.2万円、「法務・特許」846.6万円の順

平均額と分布状況

月例給与の平均額と分布状況[図表1~2]
部長55万~65万円未満、課長50万円前後、係長クラス30万円台、一般社員25万円前後が一つの相場

以下では職位別に職種ごとの月例給与を全対象者の平均額で見ていく。

部長
水準が高い順に見ると「〈1〉経営企画」64.4万円、「〈11〉生産技術」63.5万円、「〈2〉営業企画・商品企画」63.4万円などとなっている[図表1]。
分布を見ると[図表2]、「55万~60万円未満」「60万~65万円未満」に多くの職種の最頻値(最も多い割合)が集中していることから、“55万~65万円未満”程度が、部長の月例給与の一つの相場といえる。

注:わが国では職種別賃金相場が確立されておらず、上記および以下に続く各職種の集計結果は、毎回の調査により変動している。これらの数値は、一般的な職種別の相場というより「今回の調査で得られた各職種・各職位に就く者の賃金の実態」として見ていただきたい。

課長
水準が高い順に見ると「〈13〉購買・資材調達」51.9万円、「〈8〉研究」51.3万円、「〈2〉営業企画・商品企画」51.0万円と続く[図表1]。水準が最も低い職種は「〈1〉経営企画」の48.8万円であり、どの職種も50万円前後の水準となっている。分布を見ると[図表2]、最頻値はすべての職種において「45万~50万円未満」「50万~55万円未満」に集中している。

係長クラス
水準が高い順に見ると「〈2〉営業企画・商品企画」「〈5〉法務・特許」38.8万円、「〈1〉経営企画」「〈8〉研究」38.7万円などとなっている[図表1]。分布を見ると[図表2]、ほとんどの職種で「35万~40万円未満」と一部「30万~35万円未満」に最頻値が集まっており、30万円台が一つの相場になっている。

一般社員
水準が高い順に見ると「〈2〉営業企画・商品企画」「〈3〉営業」25.8万円、次いで「〈5〉法務・特許」25.7万円などとなっている[図表1]。分布を見ると[図表2]、「25万円未満」「25万~30万円未満」に全職種の最頻値が集まっており、[図表1]の各職種・水準を勘案すると、25万円前後が一つの相場といえる。

ここでは前回の集計結果は示していないが、今回集計における各職位の月例給与水準の傾向は、景気の回復や有効求人倍率の改善、政労使会議等による賃金上昇機運の高まりを受けてもなお、2016年度と比べ大きく変わらない。

【図表1】職位別に見た月例給与・年間賞与・年収の水準

職位別に見た月例給与・年間賞与・年収の水準

【図表2】月例給与(全対象者の平均)の分布状況

月例給与(全対象者の平均)の分布状況

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増
労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。 今...
2020/10/19掲載
【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載
2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載

関連する記事

カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート
同一労働同一賃金の施行直前、約7割が対応不十分
『日本の人事部 人事白書2020』から、同一労働同一賃金の対応状況についての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載人事・労務実態調査
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載人事・労務実態調査
東証第1部上場企業の2019年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査
全産業212社ベースで74万7808円、対前年同期比0.1%減とマイナスに転じる
2019/10/29掲載人事・労務実態調査

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。