企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

人事担当者に聞いた ミドル社員の処遇と活躍支援に関するアンケート
人員的に40〜54歳が過剰で、
今後は「仕事内容に応じた処遇」が課題となる (1/5ページ)

2015/6/17
労政時報 photo

企業の経営環境や従業員規模、人員構成の状況によってミドル社員への意識は異なるものの、組織内の「中堅」として位置づけられるミドル社員の活躍は、どの企業にも共通した重要課題といえよう。
まだミドルの問題が顕在化していない企業も、すでにミドルの活躍支援に尽力する企業も、今後、5〜10年先を見据えた上で対策を考えていく必要がある。ここではミドル社員を、「40〜54歳のホワイトカラーで総合職」と設定して、人事担当者に、ミドル社員の活性化に向けた取り組み等の実態を明らかにするためのWEBアンケートを実施した。後掲の本誌特別調査(2)では「ミドル本人を対象としたアンケート」を掲載しているので、両者の意識の違いを見比べること で、今後の取り組みの手掛かりを探っていただきたい。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【 調査要領 】
1. 調査名:「ミドル社員の処遇と活躍支援に関するアンケート」
2.調査対象:労務行政研究所ホームページ上で「WEB労政時報」に登録いただいている民間企業から抽出した人事労務担当者6538人
3. 調査期間:2014年12月9〜26日
4. 調査方法: WEBによるアンケート
4. 集計者数: 133社(1社1名)。業種別、規模別の内訳は[参考表]のとおり。

回答者の年齢構成

ポイント

1. ミドル社員の人員構成状況

  1. 年齢階級別の人員構成状況
    45〜49歳では「かなり多い」「やや多い」の合計が60.2%、40〜44歳でも55.6%に上り、ミドル層は相対的に多いと回答する企業が過半数に達する[図表1]
  2. 5年後のミドル社員の役職別の増減予測
    5年後、部下を持つライン管理職は「横ばいで推移」が67.7%、部下を持たないスタッフ管理職では「やや増加する」が44.0%[図表5]

2. 管理職への登用と活躍

  1. 管理職の登用方針
    現状の登用方針について、「年齢や年次などに関係なく優秀な者を登用する」が「年齢や年次などを加味して登用する」を少し上回っており、優秀な者を登用する傾向は、今後さらに強くなると予想される[図表6]
  2. 管理職への昇進年齢
    管理職への標準的な昇進年齢は40.9歳[図表7]。5年前と比較した昇進年齢の変化では、「変わらない」が39.1%、「早くなっている」が32.3%、「遅くなっている」が27.1%と続く[図表8]
  3. 管理職登用に際してのアセスメント
    アセスメントを「行っている」は54.1%[図表9]。具体的な手法では(複数回答)、「面接」が81.9%と最も多く、「論文・レポート」が69.4%、「一般教養試験」が30.6%と続く[図表10]
  4. 期待した活躍ができていない管理職の割合
    部下を持つライン管理職のうち期待した活躍ができていない割合は、「10%未満」が42.1%で最も多い。部下を持たないスタッフ管理職では、「10%未満」「10〜20%未満」がともに23.8%で最多[図表12]

3. ミドル社員の課題と活躍支援策

  1. ミドル社員の仕事や処遇に関する課題
    課題として当てはまるとした回答(「かなり当てはまる」と「やや当てはまる」の合計)が多かったのは、「ミドル社員のモチベーションの低下といった “本人の意欲” に問題がある」が44.4%、「ミドル社員のスキルや体力の衰えといった “本人の能力・資質” に問題がある」が37.6%[図表14]
  2. ミドル社員のモチベーションの状況と施策
    5年前と比較したモチベーションの状況は「変わらない」が50.4%で最も高く、「やや低くなっている」が34.6%と続く[図表17]。モチベーションを高める上で効果的と思う施策としては(複数回答)、「ミドルの役割を明確にし、正しく評価するための仕組みを整備する」が60.2%で最も高い[図表18]
  3. ミドル社員活用に向けた今後の意向
    今後の意向としては(複数回答)、「能力に見合った業務を担ってもらい、仕事内容に応じて処遇していきたい」が75.2%で最も高く、「より成果を発揮し活躍できるよう、積極的な教育やキャリア支援策を充実したい」が53.4%で続く[図表21]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

在宅勤務制度に関する実態アンケート(労務行政研究所) 
実施企業は36.4%。未実施でも検討・予定している企業が61.5%に達する。 
運用上の効果は「育児による離職リスク軽減」が54.9%で最多
政府が推進する「働き方改革」において、「テレワーク」は「場所」や「時間」にとらわれない柔軟な働き方として重要施策に位置づけられている。中でも企業で導入機運が高ま...
2017/10/10掲載
人事制度の実施・改定状況調査
48.3%の企業で過去5年以内に人事・等級制度の改定を実施
労務行政研究所
厳しい経営環境の中、持続的に成長していくために、人事制度の見直しを進める企業が増えている。その対象は、人事・等級制度や賃金・賞与制度だけでなく、退職金・年金制度...
2017/08/03掲載
40代・50代社員の課題と役割に関するアンケート
労務行政研究所
グローバル化、IT化で仕事の進め方が大きく変化し、労働人口の減少・高齢化も進む中、いかにミドル・シニア層の40代・50代社員が意欲を持って業務に取り組み、継続的...
2017/06/05掲載

関連する記事

ミドル層採用時の情報収集・経歴詐称・ミスマッチ等への対応
人材不足で売り手市場の現在、転職市場では、豊富なキャリアやビジネススキルを持つミドル層の転職者割合も上昇しています。そんなミドル層の中途採用をめぐるトラブルを踏...
2017/09/21掲載人事・労務関連コラム
人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
社員研修・人材育成の実務(5)研修会社の選び方・付き合い方 、外部講師の探し方
多種多様な研修会社の中から、自社にぴったりのパートナーを選ぶ秘訣とは?
2017/02/28掲載よくわかる講座
社員研修・人材育成の実務(3)近年の教育研修の傾向と対応
「基本」を押さえつつ効果と実効性を高める教育研修のポイントについて、近年の傾向から分析する
2017/02/28掲載よくわかる講座
今日的な社員研修・人材育成の考え方
企業の成長戦略に欠かせない人事育成のポイントとは?
2017/02/28掲載よくわかる講座
【用語解説 人事辞典】
キャリア・プラトー
連結ピン
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...