無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

熟達・参加型から新たな学びのアプローチへ!
~今、求められる「アンラーニング」とは何か?

法政大学 経営学部 経営学科 教授

長岡 健さん

学びブームの奇妙な点

「一人前」になっても学び続けることが大切

昨今の学びブームを、どのように評価されていますか。

長岡 健さん Photo

一口に学びといっても「自分自身の学び」のほか、「部下の学び」、また、「同僚の学び」、「上司の学び」などがあります。企業の方に、どの学びに関心があるかを聞くと、圧倒的に「部下の学び」が多いですね。個人の学びと答える人は非常に少ない。これはとても不思議ですね。

結局、パラダイム転換が起こったといっても、企業では「学習」というよりは、依然として「教育」のイメージなのでしょう。そして、欠けている部分を補うことが「学習」という発想もいまだに多い。このような認識を反映してか、若い人や経験の浅い人をどうやって一人前にしていくかということへの関心が非常に強いですね。

その一方、企業で今、「考えられていない」のは、一人前になった人が、その先どうやって学んでいくのかということです。日本では、まだ学びというのは、未熟な者が行うものというイメージがあるのでしょう。成熟した人は学ばないということになっています。しかし、学びとは変わり続けることです。自分が変わり続けたいと思えば、自ら学ぶのは当然のことです。本来、「大人の学び」について考える前提にあるのは「人は生涯学び続けるものである」ということ。一人前になった後、さらに学び続けるにはどうすべきかという問題意識から発しているはずなのに、企業はそのことを直視していません。そう考えていくと、日本の企業にはまだ本当の意味での「大人の学び」は浸透していないのかもしれません。

一人前になった後、どうやって学んでいけばいいのか分からない、ということですか。

「どうやって学んでいけばいいのか分からない」というより、「一人前以降の学びに関心がない」ということだと思います。実際、企業の人材育成では、そこはあまり話題に上りません。多分、人材育成支援策としての効率性が低いからでしょう。他方、初心者を一人前にする支援策については、その対象者が多いこともあり、組織の生産性向上には反映しやすいということです。一人前になった人間を対象とする支援策としては、次世代リーダーの育成、後継者育成などが挙げられますが、その対象者はごく限られたものになってしまいますね。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
プロ経営者
交換留職
21世紀型スキル
越境学習
アンラーニング
リバースメンタリング
マインドセット
キャリア・アンカー