無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ニジュウイッセイキガタスキル 21世紀型スキル

「21世紀型スキル」とは、世界の教育関係者らが立ち上げた国際団体「ATC21s」(The Assessment and Teaching of 21st-Century Skills=21世紀型スキル効果測定プロジェクト)が提唱する概念で、これからのグローバル社会を生き抜くために求められる一般的な能力を指します。批判的思考力、問題解決能力、コミュニケーション能力、コラボレーション能力、情報リテラシーなど、次代を担う人材が身に付けるべきスキルを規定したもので、各国政府も知識重視の伝統的な教育から21世紀型スキルを養い伸ばす教育への転換に取り組み始めています。
(2013/4/26掲載)

21世紀型スキルのケーススタディ

65%の子供が“いまはない仕事”に就く
職業が安定化しない時代に必要な能力とは

「今年小学校に入学した子どもたちが大学を卒業するとき、その65%が現在は存在していない職業に就くだろう」――そう予測するのは、米デューク大学のキャシー・デビッドソン教授です。2011年8月にニューヨークタイムズ紙のインタビューで語り、注目を集めました。

もちろん65%という数字は米国を対象にした予測であり、そのまま日本にあてはまるものではありません。しかし、情報化やグローバル化など経営環境の劇的な変化を受けて、企業がイノベーションを進めるたびに新しい業種・業態が生まれ、既存の専門職は新しい仕事に置き換えられていきます。東京大学大学院の山内祐平准教授は、すでに日本に存在する「ソーシャルメディア・コーディネーター」や「情報セキュリティマネージャー」といった職業も10年前にはなかったことを指摘した上で、「同じように2030年には、現時点で想像もしないような職業が次々と生まれているはず」だと予測します。

どんな仕事が新しく生まれ、逆に消えていくのかは見通せませんが、雇用の前提となる専門性が変化しやすくなり、職業が一生働き続けられるような固定的なものでなくなるとしたら、そのための能力やスキルを習得する教育システムも、当然、パラダイムシフトを迫られることになるでしょう。

社会の変化に適応して21世紀のグローバル社会を生き抜いていくために、若い人材に求められる能力を整理したのが「21世紀型スキル」の考え方です。いまはまだ存在しない職業への準備であり、情報化によって生まれる“新しい職業”に適した“新しい教育”――それが「21世紀型スキル」であると、前出の山内准教授は言います。

米、豪など6ヵ国の政府と教育・産業界が協働する「ATC21s」では、21世紀型スキルとして挙げられる能力を以下の四つのカテゴリーに分けて定義しています。

■思考の方法 ―― 創造性、批判的思考、問題解決、意志決定と学習
■仕事の方法 ―― コミュニケーションと協働
■学習ツール ―― 情報通信技術(ICT)と情報リテラシー
■社会生活  ―― 市民性、生活と職業、個人的および社会的責任

こうした定義から浮かび上がる人材像について、山内准教授は「ICTを活用しながら高度な思考をフルに発揮し、世界の課題をイノベーションによって解決していく“グローバルでタフな”ビジネスパーソンやNGO関係者の姿が透けて見える」と述べています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード