企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ニジュウイッセイキガタスキル 21世紀型スキル

「21世紀型スキル」とは、世界の教育関係者らが立ち上げた国際団体「ATC21s」(The Assessment and Teaching of 21st-Century Skills=21世紀型スキル効果測定プロジェクト)が提唱する概念で、これからのグローバル社会を生き抜くために求められる一般的な能力を指します。批判的思考力、問題解決能力、コミュニケーション能力、コラボレーション能力、情報リテラシーなど、次代を担う人材が身に付けるべきスキルを規定したもので、各国政府も知識重視の伝統的な教育から21世紀型スキルを養い伸ばす教育への転換に取り組み始めています。
(2013/4/26掲載)

21世紀型スキルのケーススタディ

65%の子供が“いまはない仕事”に就く
職業が安定化しない時代に必要な能力とは

「今年小学校に入学した子どもたちが大学を卒業するとき、その65%が現在は存在していない職業に就くだろう」――そう予測するのは、米デューク大学のキャシー・デビッドソン教授です。2011年8月にニューヨークタイムズ紙のインタビューで語り、注目を集めました。

もちろん65%という数字は米国を対象にした予測であり、そのまま日本にあてはまるものではありません。しかし、情報化やグローバル化など経営環境の劇的な変化を受けて、企業がイノベーションを進めるたびに新しい業種・業態が生まれ、既存の専門職は新しい仕事に置き換えられていきます。東京大学大学院の山内祐平准教授は、すでに日本に存在する「ソーシャルメディア・コーディネーター」や「情報セキュリティマネージャー」といった職業も10年前にはなかったことを指摘した上で、「同じように2030年には、現時点で想像もしないような職業が次々と生まれているはず」だと予測します。

どんな仕事が新しく生まれ、逆に消えていくのかは見通せませんが、雇用の前提となる専門性が変化しやすくなり、職業が一生働き続けられるような固定的なものでなくなるとしたら、そのための能力やスキルを習得する教育システムも、当然、パラダイムシフトを迫られることになるでしょう。

社会の変化に適応して21世紀のグローバル社会を生き抜いていくために、若い人材に求められる能力を整理したのが「21世紀型スキル」の考え方です。いまはまだ存在しない職業への準備であり、情報化によって生まれる“新しい職業”に適した“新しい教育”――それが「21世紀型スキル」であると、前出の山内准教授は言います。

米、豪など6ヵ国の政府と教育・産業界が協働する「ATC21s」では、21世紀型スキルとして挙げられる能力を以下の四つのカテゴリーに分けて定義しています。

■思考の方法 ―― 創造性、批判的思考、問題解決、意志決定と学習
■仕事の方法 ―― コミュニケーションと協働
■学習ツール ―― 情報通信技術(ICT)と情報リテラシー
■社会生活  ―― 市民性、生活と職業、個人的および社会的責任

こうした定義から浮かび上がる人材像について、山内准教授は「ICTを活用しながら高度な思考をフルに発揮し、世界の課題をイノベーションによって解決していく“グローバルでタフな”ビジネスパーソンやNGO関係者の姿が透けて見える」と述べています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

トランスファラブルスキル
「トランスファラブルスキル」とは、ビジネスパーソンに求められる能力のうち、とくに転用・応用可能なスキルを指す言葉です。トランスファラブル(transferable)は「移動できる、持ち運べる」という意味で、会社や業種・業界、地域などを超えて移動しても、どこでも必ず活用できる汎用性の高いスキルのことで...
ポータブルスキル
「ポータブルスキル」とは、直訳すると「持ち運び可能なスキル」という意味で、業種・職種の垣根を越えて、どんな仕事や職場でも活用できる汎用性の高いスキルのことです。ポータブルスキルは2種類に分かれ、ひとつは英語や簿記技術のように専門的知識を求められ、その知識レベルが資格制度などによって客観的に証明され...
ITSS
経済産業省が策定した、IT関連サービスに必要とされる能力を明確化・体系化した指標です。SSはスキル・スタンダードの略で、「ITスキル標準」という言い方もします。

関連する記事

今日的な社員研修・人材育成の考え方
企業の成長戦略に欠かせない人事育成のポイントとは?
2017/02/28掲載よくわかる講座
3. コーチング研修の種類と内容
コーチング研修とは、部下がその気になり、意欲的に動くように促すためのスキルを習得するための研修だ。マネジャーが、部下と一緒に目標を設定し、達成へのステップを見守り、要所に応じて助言を与えていくコーチングスキルを身につけることで、人材が主体的に動く強い組織をつく...
2012/12/03掲載よくわかる講座
2. マネジメント・管理職に求められるスキル
管理職(マネジメント)に必要とされるスキルについて、ロバート・カッツが提唱している「カッツ・モデル」がある。マネジメントに必要なスキルを、「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」そして「コンセプチュアルスキル」の三つに分けて考える手法だ。
2012/10/24掲載よくわかる講座

関連するQ&A

ビジネスマン(社員)が求める能力・スキルの統計
研修目的の検討をする為、ビジネスマン、社員が求める能力・スキルの全体的傾向を統計やアンケート結果で調べ度、掲載されているサイトや書籍がありましたら教えて下さい。
ビジネススキルとヒューマンスキル
社内研修の体系化を企画しておりますが、そのカテゴリの話になった時、「ビジネススキル」と「ヒューマンスキル」の違いは何だと言う話になりました。 現時点では私どもとしては、ビジネススキル=所属している会社において自分の業務を遂行する上で必要なスキル(業務フロー、コンプライアンス等) ヒューマンスキル=ど...
新人教育担当者(OJT)の教育
はじめまして。 4月からの新人教育担当者の教育についてお聞きしたいと思います。 弊社は、ようやく社内教育を始めた小さな会社です。 まだ、定期的には多少の新人研修しか行えていません。 3年目ですが、新人だけを教育しても現場に行くと挨拶などもなくなってしまいます。 新人教育担当者への教育について何か...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。