企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウギョウリョク 就業力

学生が自分に合った仕事を見つける能力を「就業力」といいます。2010年2月に改正され、11年度から施行される大学設置基準では、「学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力」を就業力と定義し、大学にキャリア教育の実施を義務づけています。
(2010/7/5掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就業力のケーススタディ

大学生の「就業力」向上に国が強化策
キャリア教育への取り組みに財政支援

2010年春卒業の大学生の就職内定率が、就職氷河期以来の落ち込みを記録しています。そのような状況下、文部科学省は、2014年度までの5年間を大学生・大学院生の「就業力」向上の重点期間と位置づけ、キャリア教育に積極的な大学・短大の取り組みを財政支援する「大学生の就業力育成支援事業」を実施します。各大学、短大から広く企画を公募し、同省が新設した「育成委員会」が130件程度を選定して支援する予定です。同委員会には、職業教育やキャリア支援の専門家のほか、企業の採用担当者らも含まれています。10年度予算案に既存の補助金とは別枠で30億円の予算を確保。1校につき年間2,000万円程度を配分し、選定されれば5年間継続されます。

同省では、キャリア教育に力を注いでいる先進校の実践事例を念頭に置いて選考基準を定める方針。具体的には、職業について考える講座や企業へのインターンシップと組み合わせた授業のほか、履修授業を決める際に学生一人ひとりの将来目標を教員が聞いて助言するなどの取り組みを想定しています。

そうした先進校の一つ、石川県の金沢工業大学では「自ら考え行動する技術者」の育成を目指して、初年次からキャリア教育に取り組んでいます。学生に、高校までの自分史や大学卒業後のキャリア像、自分の特性や目標などを文章にまとめて記録させる「キャリアポートフォリオ」の作成は、学生のキャリア形成への意欲を高めると同時に、就職活動でエントリーシートを書く際にも役立っているといいます。また東京女学館大学では08年度から卒業成長値を高める「10の底力」プログラムを実施。社会人として求められる10の基礎力――(1)コミュニケーション能力(2)プレゼンテーション能力(3)ディスカッション能力(4)国際感覚・多文化理解能力(5)外国語運用能力(6)調査能力(7)IT能力(8)クリティカル思考(9)コンセプチュアルスキル(問題発見・提案・実行力)(10)自己理解能力――の向上を意識しながら講義を展開し、それぞれの到達度を基に、キャリアカウンセラーが学生に授業選択のアドバイスを行っています。

同省では、就業力育成支援事業によって財政支援を行うことで、こうした取り組みが他大学に広く波及することを期待しています。一部には、大学がキャリア教育に力を入れることに「職業学校化する」と懸念する向きもありますが、同事業が目指すのはあくまでも教員が主体となって行う教育プログラム。就職課が中心の就職・就社のための技術指導や就職先の開拓などは対象としていません。大学での学びが、実社会でどのような力になって役立つのか――学生にとって、従来はイメージしにくかったその点を明確に示したプログラムが求められているようです。現在、同事業には442件の申請があり、2010年8月までに財政支援を受ける大学が選ばれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

大学設置基準の改正
「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「...
ワークプレースメント
「ワークプレースメント」(Work Placement)とは“就労体験型学生派遣”のことで、企業が在学中の学生を一定期間、派遣社員として有償で受け入れ、学生のキャリアにつながる就労の場を提供するしくみを指します。インターンシップと違って報酬を受けとることができる上、通常のアルバイトでは経験できない...
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...

関連する記事

ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
学生と企業それぞれが考える 「インターンシップ」の乖離をなくしたい 「学生が選ぶインターンシップアワード」に込められた想い、 実現したい世界観とは
売り手市場と言われる、近年の新卒採用。企業・学生ともに、短いスケジュールのなかで行動しなければならず、苦労も多いのではないでしょうか。そこで、このところ注目されているのがインターンシップです。本来は学生の職業観を育むことが期待されますが、受け入れ側である企業側...
2017/12/28掲載編集部注目レポート
人事マネジメント「解体新書」第83回 「インターンシップ」の現状と課題(前編)
『前編』は、インターンシップの現状と課題を整理すると共に、質の高いインターンシップ、特に近年話題となっている採用連動型のインターンシップをどのように実現するかを考えてみたい。
2015/06/12掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

大学訪問の時期
新卒採用活動での大学訪問に関してですが、妥当な時期はいつ頃なのでしょうか。 当社では実績がなくどの時期に行うべきか悩んでいます。
現役学生の採用
いつもお世話になります。 ご質問です。よろしくお願いします。 当社で営業職を募集し、ご家庭の事情で学費の支払が困難なため、大学を中退し、 働かなければならないという応募者に内定を出しました。 現在退学届けを出しており、手続き上、大学を除籍になるのが2月末日に成るそうです。 大学に籍がある者...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...