企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】トランスファラブルスキル トランスファラブルスキル

「トランスファラブルスキル」とは、ビジネスパーソンに求められる能力のうち、とくに転用・応用可能なスキルを指す言葉です。トランスファラブル(transferable)は「移動できる、持ち運べる」という意味で、会社や業種・業界、地域などを超えて移動しても、どこでも必ず活用できる汎用性の高いスキルのことです。個人がそれぞれの仕事に特有の専門的な知識や技術を習得し、実際に発揮して成果を上げるために必要不可欠なのがこのトランスファラブルスキルで、仕事をしていく上での、いわば基礎体力に相当します。
(2015/7/10掲載)

トランスファラブルスキルのケーススタディ

仕事力の基礎を成すスキル以前のスキル
汎用性がキャリアを高めて広げるカギに

今年も第1四半期が終わりました。春に就職や転職、異動をしたビジネスパーソンの中には、新しい仕事を経験してさらなるスキルアップの必要性を感じ、資格取得などを検討している人も少なくないでしょう。仕事の現場で実際に成果を出すためには、それぞれの仕事に固有の専門知識や技能を身につける必要があります。そうした実践的なスキルを、テクニカルスキルと総称します。たとえば、経理部門なら財務・会計の知識や帳簿作成のスキルが、営業職ならマーケティングの知識やセールスのノウハウが必須ですし、また、同じ営業職でも事業領域が違えば、求められるテクニカルスキルは変わってきます。

しかしどれだけ難度の高い資格を取得し、専門的な技能を磨いても、仕事をする上での基礎力をないがしろにしていては、成果に結びつきません。その仕事力の基礎となるのが「トランスファラブルスキル」です。本人が自分のトランスファラブルスキルを自覚し活かそうとしない限り、必要なテクニカルスキルをいくら身につけても宝の持ち腐れ。組織の中で、それを充分に発揮することはできないのです。

業種や職種により求められるテクニカルスキルが変わるのに対し、トランスファラブルスキルはどんな仕事にも転用・応用が可能。文字どおり“移動できる”スキルです。その領域は広く、含まれるスキルは多岐にわたりますが、大きく以下の三つに分けられます。自分自身のトランスファラブルスキルを“棚卸し”してみると、そこに自らのキャリアを高めて広げるヒントが見えてくるかもしれません。

1. 対課題スキル
課題を発見し、多様な情報をもとに仕事の段取りを組み立てながら、計画的に適切な方法で課題解決を遂行するスキルのこと。情報収集力、課題解決力、発想力、計画性、実行力などが必要とされます。

2. 対自己スキル
対課題スキルの前提となる能力。主体的に課題に取り組み、よりよいパフォーマンスを出すために自分自身をコントロールするスキルのことです。自立心や自律性、環境変化に強いストレスマネジメント、やる気を持ち続ける意欲創出力などが含まれます。

3. 対人スキル
仕事の成果を出すために周囲を巻き込み、利害を調整しながら、よりよい人間関係を創り上げていくスキルを指します。具体的には、コミュニケーション能力、リーダーシップ、協調性、共感力、交渉力などが挙げられます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ポータブルスキル
「ポータブルスキル」とは、直訳すると「持ち運び可能なスキル」という意味で、業種・職種の垣根を越えて、どんな仕事や職場でも活用できる汎用性の高いスキルのことです。ポータブルスキルは2種類に分かれ、ひとつは英語や簿記技術のように専門的知識を求められ、その知識レベルが資格制度などによって客観的に証明され...
ITSS
経済産業省が策定した、IT関連サービスに必要とされる能力を明確化・体系化した指標です。SSはスキル・スタンダードの略で、「ITスキル標準」という言い方もします。
ワーク・ライフ・インテグレーション
自らの人生観を軸に、ワーク(職業生活)とライフ(個人生活)を柔軟、かつ高い次元で統合し、双方の充実を求めること。それによって、生産性や成長拡大を実現するとともに生活の質を高め、充実感と幸福感を得るなどの相乗効果を目指す働き方をいいます。仕事と生活を対立的にとらえて、その量的バランスの調整・回復を目指...

関連する記事

2. マネジメント・管理職に求められるスキル
管理職(マネジメント)に必要とされるスキルについて、ロバート・カッツが提唱している「カッツ・モデル」がある。マネジメントに必要なスキルを、「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」そして「コンセプチュアルスキル」の三つに分けて考える手法だ。
2012/10/24掲載よくわかる講座
3. コーチング研修の種類と内容
コーチング研修とは、部下がその気になり、意欲的に動くように促すためのスキルを習得するための研修だ。マネジャーが、部下と一緒に目標を設定し、達成へのステップを見守り、要所に応じて助言を与えていくコーチングスキルを身につけることで、人材が主体的に動く強い組織をつく...
2012/12/03掲載よくわかる講座
5. 営業・販売研修の企画・導入のポイント
同じように営業・販売研修実施しても、その準備や内容、研修後のフォローによって研修効果は大きく異なる。ここでは効果をあげる営業・販売研修の4つのポイントを解説する。
2013/02/08掲載よくわかる講座

関連するQ&A

請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
ビジネススキルとヒューマンスキル
社内研修の体系化を企画しておりますが、そのカテゴリの話になった時、「ビジネススキル」と「ヒューマンスキル」の違いは何だと言う話になりました。 現時点では私どもとしては、ビジネススキル=所属している会社において自分の業務を遂行する上で必要なスキル(業務フロー、コンプライアンス等) ヒューマンスキル=ど...
各階層で求められるスキル
今まで階層別研修を全く行っておらず、時代遅れかも知れませんが、その設計・企画を考えています。そこで、そのベースとなる各階層に求められるスキルを踏まえて研修設計をしていきたいと考えていますが、新入社員~中堅社員~管理職候補者~課長職等といった各階層ごとに求められるスキルとして一般的にどのようなものがあ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ キャリア開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...