無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

リスキリングの迷子を増やさないために必要なこと(下)[前編を読む]

リクルートワークス研究所 主任研究員 大嶋寧子氏

リスキリングの迷子を増やさないために必要なこと(下)

海外におけるこれまでにないリスキリング支援のかたち

リスキリングの迷子を増やさないために必要なこと(上)」では、海外でリスキリングが、働く人を新たな仕事に移行させるために、企業や社会の責任として取り組むべきもの、として議論される傾向にあることを指摘した。また、どう学ぶことがより効率的なのか、どのようなスキルを学ぶべきかについての検討や解決に関わるサービス提供が行われていることを指摘した。

こうしたなか、さまざまなステークホルダーが連携し、大規模なリスキリング支援を展開する動きも広がっている。

例えば、米国の大手通信事業者であるVerizon社は2020年10月に非営利法人(Generation USA)と連携し、2030年までに米国の50万人にテック業界へのキャリア支援を無償提供することを発表した。このプログラムでは、居住地の就業機会の調査、オンライン学習、メンターシップ、学習後のサポート(フルタイム就業、インターンシップ、見習い雇用に関わる支援等)など、スキルの習得に留まらない幅広い支援が提供されている。また、カナダではカナダロイヤル銀行とリスキリングのプラットフォーマーであるFutureFit AI社が、リアルタイムの労働市場の情報に基づいて、同国の若者に、推奨されるキャリアパスや個別のロードマップ、就業体験、学習コンテンツ、キャリアサポートなどを提供するプログラムを展開している。

Verizon社とGeneration USAが提供する無料の雇用訓練プログラム
Verizon社とGeneration USAが提供する無料の雇用訓練プログラム

(出所)https://usa.generation.org/

このほか、国や自治体がリスキリングのプラットフォーマーと連携し、デジタルスキルの習得をはじめとする包括的な支援を提供する事例もある。

例えばフランスでは、フランス職業安定所(Pole Emploi)が同国のリスキリングプラットフォーマーであるOpen Classrooms社と連携し、全ての求職者にデジタル専門職に就くためのコースやメンタリング、学習成果の評価と職業資格の認証を提供している。カナダでも同国政府とリスキリングのプラットフォーマーであるSkyHive社が連携し、AIが収集するリアルタイムの労働市場の情報に基づき、求職者に無料の学習・就労支援やメンタリングを提供するプログラムがある。

フランス職業安定所がOpenClassrooms社と連携して提供する無償のプログラム
フランス職業安定所がOpenClassrooms社と連携して提供する無償のプログラム

(出所)https://info.openclassrooms.com/fr/lp/pole-emploi

日本の個人は、リスキリングで困難を抱えている

一方で日本のリスキリングに関わる状況を見ると、労働市場で求められるスキルの変化に適応し、新たな仕事に移行するための「リスキリング」と、個人の自発的な意思に基づき何らかの知識やスキルを学ぶことを指す「学び直し」がほぼ同じものとして議論されるケース少なくなく、誰がどのような目的でリスキリングを推進すべきかの位置づけが、不明瞭になっている。

また、リスキリングを個人の責任と位置付ける議論が多い半面、社会が急ぎ取り組むべき課題として取り上げる立場は少なく、リスキリングの責任が個人に寄りすぎているように見える。このほかにも、デジタルスキルを学べるオンライン上の学習コンテンツは急速に増えているものの、手ごろな費用で集団で学びあえるコースはまだ少ないほか、自分の保有スキルや労働市場で競争力のあるスキル、両者のギャップとそれを埋めるための学習コンテンツを負担なく可視化する手段がほとんどない。要するに、個人がリスキリングに取り組もうとしても、それを阻む要因が幾重にも存在しているのである。

日本において個人のリスキリングを阻む要因
日本において個人のリスキリングを阻む要因

長期的には日本でも、労働市場で競争力のあるデジタル関連の仕事に就くために必要なスキルを、個人が調べ、自分のキャリアに責任感を持って習得する姿勢を持てるような環境を作っていくことが必要になるだろう。しかし現在の日本の社会を冷静に見れば、個人はキャリア自律の意識を十分持てておらず、加えて前述のようなリスキリングの阻害要因も存在している。このまま個人にリスキリングの必要性を訴えても、期待するような効果が出るまでには相当の時間を要すると考える。

日本では、まずリスキリングとキャリア自律の問題を切り離すべき

今必要なのは、リスキリングと個人のキャリア自律の問題を切り離し、まずは前者が進むような支援を大幅に増やしていくことだろう。

第1に、企業の大多数を占め、就業者の約7割が働く中小企業において、リスキリングを円滑に進めるための支援の量と質を高めていくことである。リクルートワークス研究所では、中小企業には大企業と異なるリスキリングの特性や強みがあり、それらを踏まえたリスキリングの事例や情報収集、支援を充実する必要を訴えてきた(※1) 。近年は、国が中小企業の在職者向けに提供する講座においてデジタル系のコースを拡充したり、中小企業向けにDX人材の育成を支援するコーナー(中小企業等DX人材育成支援コーナー)を設置したりしているほか、地元企業や中小企業のリスキリング支援を充実する自治体も増えている。

しかし、中小企業では大企業以上に本格的なリスキリングに取り組むところがある一方で、リスキリング以前に経営者・経営層がDXについて理解していなかったり、自社に必要と認識していないケースはまだまだ多い。国の窓口や先駆的な取り組みを行ってきた自治体に蓄積されている「中小企業のリスキリング支援」の知見を共有し、全国的に支援の質を底上げできるような仕組みを急ぐべきだ。

個人が脱落せず学びあえる機会を増やす

第2に、国や自治体が企業やNPOなどと連携し、個人が脱落せずに学びあえるリスキリングの機会を大幅に拡大することが必要である。

そのような支援の例は、日本にも存在する。佐賀県が行うSAGA Smart Samuraiは4か月かけて県内の在職者と求職者にプログラミング言語のPythonのほか、開発手法、AI、、IoTなどの基礎を学ぶ機会を提供する取り組みであるが、24時間質問できる掲示板の整備やオンライン勉強会の開催など、あの手この手で学習を促すほか、ハッカソンなどの実践の場や求職活動中の受講者と県内企業との交流の場を設け、学習やそのためのコミュニティ形成を促す。その結果、2021年度の講座には定員200名に862名の応募が殺到し、最終的な受講者に対し、修了率は79%(158名)に上ったほか、IT企業を始めとした地元企業への転職、就職事例も出ているという。
佐賀県の事例をはじめ、効果の高いリスキリング支援の在り方について情報を収集し、そのノウハウを共有していくことも重要だろう。

ハッカソン成果発表会(SAGA Smart Samurai)
ハッカソン成果発表会(SAGA Smart Samurai)

(出所)佐賀県提供

何を学ぶべきか、個人が把握できるようにするための環境整備

第3に、個人が何を学ぶべきかを判断できる情報の提供を急ぐことである。日本でもスキル可視化への取り組みやそうした技術を持つ企業の日本進出が始まっているが、一般的な利用が広がるまでにはまだ少し時間がかかりそうだ。国や自治体は、労働市場で競争力のあるスキルやそのスキルを習得したときのキャリアパスに関わる情報収集と提供を急ぐとともに、個々人の保有スキルや獲得すべきスキルの把握を難なく行えるようになる今後に備え、それらの情報に基づき今後どのようにリスキリング支援を行うべきかの検討を始めるべきだ。

個人がリスキリングで道迷いしない環境整備を急げ

日本ではリスキリングをめぐって、誰の責任で何のために学ぶのかが不明瞭であったり、新たなスキルを迅速に学ぶための環境や情報が不足しているという問題がある。そのような状況のまま、リスキリングの必要性だけを叫べば、個人がリスキリングを必要以上に難しいものと感じ、挫折感を覚えたり、二の足を踏むケースが増えかねない。国や自治体を中心に、これからの時代に必要なスキルを、誰もができるだけハードル低く学べる環境づくりが急がれる。

(※1)リクルートワークス研究所「中小企業のリスキリング DXを人材面で支える政策」、
同「中小企業のリスキリング入門 全員でDXを進める会社になる

リクルートワークス研究所

リクルートワークス研究所は、「一人ひとりが生き生きと働ける次世代社会の創造」を使命に掲げる(株)リクルート内の研究機関です。労働市場・組織人事・個人のキャリア・労働政策等について、独自の調査・研究を行っています。
https://www.works-i.com/

リスキリングの迷子を増やさないために必要なこと(上)(リクルートワークス研究所)
HR調査・研究 厳選記事

HR調査・研究 厳選記事

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

人事の専門メディアやシンクタンクが発表した調査・研究の中から、いま人事として知っておきたい情報をピックアップしました。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ネガティブ・ケイパビリティ
ラーニング・ブリッジング
リスキリング
リフレーミング
スモールステップ
マンダラート
正常性バイアス
レディネス
ホーソン効果
リベラルアーツ