企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事白書調査レポート2020 評価・賃金
人事評価が業績向上につながっているのは半分以下。業績向上と相関するのは「評価結果をオープンにする」「低評価者へのフォロー」など

昇給や昇進・昇格には7割が反映。
一方、人事評価が会社の業績向上につながっているのは4割台

評価制度の結果について、項目ごとにどのような状況(反映・活用実態)になっているのかを聞きました。「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」を合わせた割合を見ると、最も多いのは「評価結果が昇給に適切に反映されている」(73.7%)で、約4社に3社を占めています。また僅差で、「評価結果が昇進・昇格に適切に反映されている」(70.3%)が7割台で続いています。それに対して、「被評価者は評価に納得している」(49.8%)、「評価が人材育成や配置転換に適切に活用されている」(43.4%)、「評価が会社の業績向上につながっている」(40.0%)はいずれも4割台と、低くなっています。

評価結果を昇給や昇進・昇格に反映する企業が7割ある一方で、評価結果に対する納得や配置転換への活用、業績向上への貢献などについては4割台という結果。この点が、今後改善すべき課題と言えそうです。

人事評価制度の状況

全体の評価の傾向やほかの人がどう評価されたのかをオープンにする仕組みになっている

業績向上と相関関係があるのは「評価結果をオープンにする」「低評価者へのフォロー」「経営戦略・ビジョンの評価制度への反映」

前問の中の「評価が会社の業績向上につながっている」の結果と、評価制度の運用についての質問の結果をクロス集計し、会社の業績向上と評価制度の運用との相関関係を見ました。

「評価が会社の業績向上につながっている」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と回答した割合の多い項目、つまり、業績向上と相関関係がある評価制度の運用は、「全体の評価の傾向やほかの人がどう評価されたのかをオープンにする仕組みになっている」「低評価をされた従業員に対する育成やフォローなどの施策がある」「自社の経営戦略やビジョンが人材の評価要素に反映されている」などを挙げることができます。

全体の評価の傾向やほかの人がどう評価されたのかをオープンにする仕組みになっている

全体の評価の傾向やほかの人がどう評価されたのかをオープンにする仕組みになっている

低評価をされた従業員に対する育成やフォローなどの施策がある

低評価をされた従業員に対する育成やフォローなどの施策がある

自社の経営戦略やビジョンが人材の評価要素に反映されている

自社の経営戦略やビジョンが人材の評価要素に反映されている
【調査概要】
実施時期2020年3月16日~4月10日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,620社、4,783人(のべ)
質問数168問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2020』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

HRテクノロジー導入は人事部門主導が50%
人材の育成・配置には課題も
HRテクノロジー導入企業に導入背景を聞いたところ、最も多かったのが「人事部門が主導で進めた」が50.0%でした。ただし、人材の育成・配置までの対応に至っていない...
2020/09/15掲載
副業・兼業を「認めていない」企業が6割近く
従業員の「副業」「兼業」を認めているかどうかを聞いたところ、最も多かったのは「認めていない」で6割近くを占めました。肯定・黙認の割合は37.0%ですが、この約半...
2020/09/01掲載
半数近い企業がダイバーシティを推進。取り組み開始5年以内は感じる効果が低め
『日本の人事部 人事白書2020』から、ダイバーシティの調査結果を紹介します。
2020/08/18掲載

関連する記事

経営戦略実現に貢献する人事ができているのは、わずか4社に1社
『日本の人事部 人事白書2020』から、戦略人事の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
同一労働同一賃金の施行直前、約7割が対応不十分
『日本の人事部 人事白書2020』から、同一労働同一賃金の対応状況についての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
人事評価システムで業務効率化・評価の質を向上
~目標管理・評価を見える化してマネジメントに生かすおすすめサービス
目標管理や人事評価は従業員のモチベーションに直結し、業績に大きな影響を与える重要な業務です。しかし、Excelを利用するなど従来のアナログな運用では相当な労力が...
2020/02/05掲載人事支援サービスの傾向と選び方
特定の職種(スキル保有)の従業員に「何らかの処遇を行っている」企業が約6割
人事担当者に「特定の職種(スキル保有)の従業員に対して、特別な処遇を行うための制度はあるか」を聞いたところ、「何らかの処遇を行っている」企業が約6割あることがわ...
2019/08/06掲載人事白書 調査レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...