企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

テレワーク導入時、67.5%の企業が「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」を懸念していたが、実際に「大きな問題になった」のは1.0%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も多くの企業で大きな問題になったのは、「ネットワーク環境の不備」(3.9%)

働き方改革の一環として、テレワークやリモートワークを導入している企業は多い。「全社員を対象に導入している」(9.0%)、「一部社員(職種・職位を限定)を対象に導入している」(13.8%)、「一部社員(育児・介護など両立を必要とする社員などに限定)を対象に導入している」(11.7%)の三つを合わせると、34.5%の企業が何らかのかたちで既に導入しているという回答だった。また、「現在は導入していないが今後導入を予定している」(22.3%)を加算すると55.8%で、過半数となる。

図:テレワーク・リモートワークの導入状況

では、テレワーク・リモートワークの導入にあたって、人事担当者はどのような懸念をどの程度、感じていたのだろうか。下記の項目ごとに聞いた。

(1)顧客への対応への支障
(2)社内コミュニケーションやマネジメントへの支障
(3)労働時間管理の業務負担
(4)業務と私生活の区別をつけられず、業務過多になってしまう社員が出ること
(5)制度を導入しても活用されないこと
(6)時間に対してルーズさが許されるものと勘違いする社員が出てしまうこと
(7)テレワーク・在宅勤務の対象ではない部門の社員から不満の声が上がること
(8)ネットワーク環境の不備

「強く懸念していた」と「やや懸念していた」を足した割合が多かったのは、「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」(67.5%)、「時間に対してルーズさが許されるものと勘違いする社員が出てしまうこと」(59.1%)、「労働時間管理の業務負担」(55.7%)、「ネットワーク環境の不備」(52. 7%)、「業務と私生活の区別をつけられず、業務過多になってしまう社員が出ること」(50.2%)だった。

図:テレワーク・リモートワーク導入前の懸念

それに対して、実際にテレワーク・リモートワークを導入した企業では、どのような問題が起こったのかを聞いた。結果を見ると、各項目とも「大きな問題になった」と答えた割合は非常に少なく、最も多かった「ネットワーク環境の不備」(3.9%)、続く「時間に対してルーズさが許されるものと勘違いする社員が「ネットワーク環境の不備」(3.9%)、続く「時間に対してルーズさが許されるものと勘違いする社員が出てしまうこと」(2.5%)のほかは、いずれも1~2%程度となった。

「やや問題になった」を合わせた割合を見ると、「ネットワーク環境の不備」(25.6%)、「テレワーク・在宅勤務の対象ではない部門の社員から不満の声が上がること」(25.1%)、「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」(20.2%)が上位だった。

逆に、「問題にならなかった」割合が多かったのは「顧客対応への支障」(81.8%)、「労働時間管理の業務負担」(72.9%)だった。懸念を払拭するために工夫した結果、問題なく導入が進んだという企業は多いようだ。

図:テレワーク・リモートワーク導入後に起こった問題

【調査概要】
実施時期2018年4月2日~4月23日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,630社、4,907人(のべ)
質問数184問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.制度・評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2018』

「日本の人事部 人事白書」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事白書 調査レポートのバックナンバー

社員の「兼業」「副業」について「制度を設けて認めている」企業は約2割。そのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」のは約6割
従業員の「兼業」「副業」を認めているかどうかを聞いたところ、「制度を設けて認めている」(19.1%)、「制度は設けていないが黙認している」(9.9%)、「今後制...
2018/08/09掲載
「HRテクノロジーを活用しようという意識」がある割合は、経営層39.0%、人事部門59.5%、現場26.9%
HRテクノロジーを活用しようという意識が経営層にあるのかを聞いたところ、「当てはまる」(9.1%)、「どちらかといえば当てはまる」(29.9%)を合わせた割合は...
2018/08/07掲載
テレワーク導入時、67.5%の企業が「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」を懸念していたが、実際に「大きな問題になった」のは1.0%
テレワーク・リモートワークの導入にあたって、人事担当者はどのような懸念をどの程度、感じていたのだろうか。「強く懸念していた」と「やや懸念していた」を足した割合が...
2018/08/06掲載

関連する記事

女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。
「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
政府主導の賃上げは賛否両論。賃上げ・賃下げを「経営者が独断で決める」企業が約半数
政府が企業に働きかけて賃上げを主導する動きについて、その賛否を聞いた。「望ましい」(9.0%)、「どちらかといえば望ましい」(19.0%)は合わせて28.0%。...
2018/07/24掲載人事白書 調査レポート
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
47%の企業が「1Dayインターンシップ」を実施。「実際に社員が行っている業務を体験させる」企業は少数
インターンシップについて、「実施している」と回答したのは51.8%。「現在は実施していないが今後実施予定」(18.5%)と合わせると、8割近い数値となった。特に...
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割
9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に。「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる。戦略人事が機...
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ANAの研修力 学びを可視化する ビジログ

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...