企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

イベントレポート

【特別企画】新たな学びの場つくりのユニット
『アトリエMALLプロジェクト』を密着取材 <第二回>
[ 取材・レポート ] オークニジャパン株式会社 牧野岬(アトリエMALL Aチーム)(2014/10/16掲載)

8月にスタートした『アトリエMALLプロジェクト』リレーレポート第二回は、プロジェクトメンバーの一人として参加している牧野さんからのレポートです。第一回レポートはこちらから

本気すぎるイベント企画審査会

■イベント企画審査会とは

9月24日(水)渋谷にて、イベント企画に関する審査会が実施されました。審査会はMALL全理事とアトリエMALL参加者で行い、ここでOKを取り付けられない場合はイベント開催自体が認められない、というシリアスなものです。

■審査会当日
先攻後攻じゃんけん

【スケジュール】
・始まりの挨拶
・先攻後攻じゃんけん
・Bチーム発表(20分)
・質疑応答(40分)
・休憩
・Aチーム発表(20分)
・質疑応答(40分)
・ラップアップ


MALL理事より注意と景気付けのお言葉をいただき、いざじゃんけん。事前にじゃんけん担当に任命されていた私は、意気込んで挑みましたが、結果は惨敗……。私たちAチームは後攻となり、Bチームの発表が始まりました。

そして、質疑応答。口火を切ったのは、中原理事でした。ズバッと、痛いところに疑問を投げかけます。しかし、Bチームメンバーも勇猛に答弁。その後も長岡理事、島田理事からさまざまな意見が出され、理事同士の議論も展開されるなど、場が白熱していきます。

Bチーム発表写真 Bチーム質疑応答写真

Bチームの質疑応答で、最も印象的だったのは、“ゲスト=オーソリティ”という考え方です。「やろうとしているテーマについて、自分たちの知見が欠けているのでは?」という指摘に対し、「その道のプロをゲストに呼ぶという策も出た」という答弁がありました。私も、“ゲスト=不足している部分を補っていただく存在”と位置づけており、何の違和感もなく聴いていました。しかし、出てきた言葉は「ゲストに何をしゃべらせるかは、企画側がつくるのだ」というもの。これには驚き、自分の甘さを再認識させられました。

ショートブレイクを挟み、いよいよ私たちAチームの発表がスタート。メンバー全員の想いを乗せて、代表者が熱の入ったプレゼンを繰り広げます。

Aチーム発表写真 Aチーム発表後の議論

質疑応答では、細かな部分から大枠まで多岐にわたりご指摘いただき、学術的な視点、専門家から見た印象など、私たちでは気づき得ない部分が多くありました。その中で、「自分たちのフィロソフィーをはっきりと言い切ることの重要性」、そして「イノベーティブなテーマに挑む覚悟」を問われたことが、胸に刺さっています。

ラップアップでは、両チームに対して二つのアドバイスを頂戴しました。

・自分たちのメッセージを定める
・扱う領域の幅を定める

中原代表理事ラップアップ写真 理事の審査風景写真

キックオフから審査会までの道のり

■自由という不自由さ

私たちAチームの6名は、いづれも企業人。普段は何らかの課題を与えられ、ゴールに向けて尽力しています。そんな私たちもアトリエMALLでは、課題、テーマ、手法など、ほぼ全てが自由。求めて止まない自由に、意気込んでスタートを切りました。しかし、いざ自由を与えられると具体的なものがなかなか出てこない。お題を与えられる仕事は得意だけれど、その起点からつくらなければならない場合、能力を発揮できない。日本の社会全体に表出している問題は、私たちにも起こり得たのです。

■一人の強い想いが突破口に
9時間MTGの様子

そんな状況を打ち破ったのは、一人の強い想い。具体的な案が、初めて生まれました。もちろん、他のメンバーとの温度差は大きいので、まず手を、身体を、頭を動かして、一人の想いを全員で体感しました。可能性は見えましたが、それでもまだ、もやもやは残ります。スタート時の約束として、遠慮は厳禁。前に進むためには、想いをぶつけ合うしかありません。

日々多忙なメンバーですが、無理やりにでも時間をつくり、会って話して会って話して……。無力な自分に焦燥を感じる時もありました。9時間休憩なしのMTGもありました。そして、今まで積み重ねてきたものが、メンバーそれぞれの想いが、つながっていきました。

私がアトリエMALLに参加した理由

■心揺さぶられる場を創造したい

私は、あらゆる可能性に対して自由でありたいと思っています。状況次第、理由次第の合理的な判断よりも、自分自身の内側から湧き出てくる好奇心や疑問、理由は分からなくともワクワクする気持ちを大切にしています。これまでMALL理事が生み出してこられた、書籍、ワークショップ、対話、空気感……カタチはさまざまですが、常にポジティブでクリエイティブな創意工夫に感動し、心揺さぶられてきました。そんな方々と協働し、組織と学習の場づくりに取り組むことを通じて、私も、心揺さぶられる場を提供する側になりたい。

■人材育成のあり方にオープンイノベーションを起こしたい

何のための人材育成なのか? 誰のための人材育成なのか? わからなくなる時があります。企業人として、仕事として、人材育成に携わっていると、利益を目的とした考え方がスタンダードになってくるのではないでしょうか。私は、企業も個人も社会も、サスティナブルに成長する関係を築きたい。組織の枠を超えて集うさまざまな方々と一緒に、人材育成のあり方にオープンイノベーションを起こすことを志します。

■「学習立国・日本」の実現に向けて

MALLの掲げる「夢」は、さまざまな場を通して私が与えていただいたものです。たくさんの学びと気付き、そして一歩踏み出す「勇気」と「元気」、異なるバックグラウンドを持ちながらも共通のテーマを持つ仲間とのつながり。そこから生まれるイノベーションに刺激を受け、仕事の成果はもちろんのこと、見える世界が広がり、人生の豊かさや素晴らしさを実感することもあります。さまざまな出逢いと、心揺さぶられる場の広がりを通して、もっと多様に、もっと自由に、固定概念にとらわれない可能性を生み出したい。人と人とがリンク&アクトしていく輪を創っていきたいと考えています。

【これからの歩み】

審査会では、今まで積み上げてきたものを前提から考え直してみる必要性を感じました。11月のイベント本番に向けて、これからが勝負。正直、苦しいことも多くありますが、同時にワクワクします。尊敬するメンバーと創発するプロセスを大事にしながら、企画を、自分を、ブラッシュアップしていけるよう尽力して参ります。11月のイベントにて、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

イベントレポートのバックナンバー

ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~
2018年5月6日~9日に、米国カリフォルニア州サンディエゴにて、「ATD 2018 International Conference & Expo(ICE)」...
2018/07/12掲載
『健康経営会議2017』開催レポート
2017年9月4日、経団連会館において、健康経営会議実行委員会の主催による「健康経営会議2017」が開催された。健康経営とは、経営の観点から戦略性をもって働く人...
2017/10/16掲載
ATD 2017 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2017に見るグローバルの人材開発の動向~
2017年5月21日~24日に、米国ジョージア州アトランタで、「ATD 2017 International Conference & Expo(ICE)」が開...
2017/07/11掲載

関連する記事

社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す
三和建設は2017年3月に、建設業界で初めて「日本でいちばんにしたい会社」大賞の審査員会特別賞を受賞しました。同社では社員の誰もが書き込んで意見交換ができるSN...
2018/07/17掲載編集部注目レポート
どういう生き方をするのか、そもそもなぜ働くのか――。
人生そのものを考えさせる教育が社員の仕事への意欲を高める
長時間労働の削減が叫ばれる現在、仕事を選んで効率的に利益を上げたい、と考える企業も多いのではないでしょうか。そんな中、小さな工事でも断らず、顧客の信頼を得ること...
2018/06/19掲載編集部注目レポート
渡辺雅司さん:改革の痛みの先に見えたものとは
200年続く老舗を超人気企業に生まれ変わらせた
社長と社員による「全員参加経営」への挑戦
「元祖くず餅」で知られる「船橋屋」は、参詣客で賑わう江戸の名所「亀戸天神」参道に本店を構えて200年余り。老舗として伝統を守り続ける一方で、旧態から脱却するため...
2018/04/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
伝統的な左官という仕事の価値を見つめ直し、安定的かつ魅力的な仕事へ
新たな形の左官業に挑む、原田左官工業所
人手不足や従業員の高齢化など、さまざまな問題を抱えている、建設業界。特に中小企業では、その苦労が大きいことでしょう。そのような状況下、人材育成や働き方改革に取り...
2018/04/19掲載編集部注目レポート
西田 忠康さん(サイコム・ブレインズ株式会社 代表取締役):
「グローバル・ストラテジー・アクセラレーター」――企業の戦略実行を加速させる、人材・組織開発のプロフェッショナル
「グローバル・ストラテジー・アクセラレーター」というコンセプトのもと、豊富なリソースとノウハウを生かしてグローバル企業の戦略を加速させる支援を行っているのが、サ...
2018/03/29掲載HR業界TOPインタビュー

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット タレントパレット

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...