企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

労働関係・社会保険の改正項目を一元整理

社会保険労務士

安部敏志

2 高年齢者の就業機会の確保と就業の促進

少子高齢化による労働力確保は喫緊の課題であり、その対応として国が期待感を寄せ、また企業のニーズが高いのも勤務経験の豊かな高年齢者です。実際、帝国データバンクが令和元年9月に発表した「人手不足の解消に向けた企業の意識調査」においては、今後最も積極的に活用したい人材は「シニア」とする回答が29.2%となっており、「女性」「外国人」「障害者」に比べて高くなっています。

1.高年齢者就業確保措置の導入

その高年齢者の活用策として、令和3年4月1日から、以下のいずれかの70歳までの高年齢者就業確保措置が努力義務として求められます。

①企業が現在65歳までの労働者への措置として求められている定年廃止、定年延長、継続雇用制度の導入といった高年齢者雇用確保措置と同様の措置

②①の措置を行わない場合は事業主による以下のような新たな措置を設けいずれかを講ずること
(ア)特殊関係事業主以外の企業への再就職に関する制度の導入
(イ)フリーランスや起業による就業に関する制度の導入
(ウ)社会貢献活動への従事に関する制度の導入

職業安定分科会雇用対策基本問題部会「高年齢者の雇用・就業機会の確保及び中途採用に関する情報公表について」の報告によると、令和元年6月1日現在で31人以上規模企業の高年齢者雇用確保措置の実施割合は99.8%、法に定める義務を超えた積極的な取組みとして、66歳以上まで働ける制度のある企業の割合は30.8%となっています。

このことから、政策誘導の効果として、65歳までの企業による雇用確保のための制度の構築は完了し、そして66歳以上の人にも働いてほしいと希望する企業のニーズが一定数確認できるとされ、高年齢者就業確保措置の努力義務化、後述する年金の受給開始時期の上限の延長により、65歳以降もできる限り長く働いてもらおうという政策になったのでしょう。

2.60~64歳の在職老齢年金制度の支給停止基準額の引上げ

しかし、高年齢者就業確保措置により高齢者の就労期間を延長する制度を整備しても、肝心の高年齢者の働く意欲を阻害しては無意味となります。その一つの理由として以前から指摘されていたのが、在職老齢年金制度です。そのため、令和4年4月1日から、60 ~ 64歳の在職老齢年金制度の支給停止基準額は、現行の28万円から47万円に引き上げられることになります。

在職老齢年金制度は、一定以上の賃金を得ている60歳以上の厚生年金受給者に対して、年金支給を一部停止するというものですが、自ら働いて得る賃金にもかかわらず、それによって本来もらえる年金が減額されるのは納得できないと考える心情は理解できるものです。

多くの企業が、65歳までの高年齢者雇用確保措置として、再雇用を選択していますが、再雇用の際の賃金は、定年前の金額から減額されることがよくあります。ただし、これは必ずしも企業側の一方的な賃金減額の要求というわけではなく、「在職老齢年金の支給停止基準額以内に抑えることができる賃金額にしてほしい、そして、その賃金額に見合った働き方に抑えたい」という労働者側の要望によるものでもあります。

実際、第14回社会保障審議会年金部会の資料2「60歳台前半の在職老齢年金制度の状況」によると、賃金と年金の合計額の階級別では、26万円以上から28万円未満となっている人が多く、また60歳台前半の在職している年金受給権者の半数強が支給停止の対象となっています。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

この事例ではどう判断される?
テレワーク時の労働災害
テレワーク時にどのような労災が生じやすく、また、どのような対策が有効であるか解説します。なお、テレワークの形態では在宅勤務が圧倒的に多いようですので、本稿では在...
2020/09/16掲載
ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載
今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第5回】
副業を認めたいのに就業規則に記載がない! 何から始めればいい?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/09/10掲載編集部注目レポート
副業・兼業を「認めていない」企業が6割近く
従業員の「副業」「兼業」を認めているかどうかを聞いたところ、最も多かったのは「認めていない」で6割近くを占めました。肯定・黙認の割合は37.0%ですが、この約半...
2020/09/01掲載人事白書 調査レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(5)副業
副業経験が、人材の成長につながる?少しずつ解禁に向けて動き出した「副業」への対応の現状と課題。
2017/03/31掲載よくわかる講座
106万円の壁~社会保険料の負担OK企業が増加~
2016年10月、社会保険の適用範囲が拡大されました。社会保険の対象となる労働者が増えれば、その分企業側の負担も増えます。そのため、適用基準以下になるように、労...
2017/01/13掲載新卒・パート/アルバイト調査
アルバイト・パート採用の「法的留意点」
法律上の労使関係でいえば、アルバイト・パートと正社員は全く変わらない。トラブルを事前に防ぐ適正・かつきめ細やかな人事労務管理のポイントとは?
2016/07/29掲載よくわかる講座

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...