無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

労働関係・社会保険の改正項目を一元整理

社会保険労務士

安部敏志

2 高年齢者の就業機会の確保と就業の促進

少子高齢化による労働力確保は喫緊の課題であり、その対応として国が期待感を寄せ、また企業のニーズが高いのも勤務経験の豊かな高年齢者です。実際、帝国データバンクが令和元年9月に発表した「人手不足の解消に向けた企業の意識調査」においては、今後最も積極的に活用したい人材は「シニア」とする回答が29.2%となっており、「女性」「外国人」「障害者」に比べて高くなっています。

1.高年齢者就業確保措置の導入

その高年齢者の活用策として、令和3年4月1日から、以下のいずれかの70歳までの高年齢者就業確保措置が努力義務として求められます。

①企業が現在65歳までの労働者への措置として求められている定年廃止、定年延長、継続雇用制度の導入といった高年齢者雇用確保措置と同様の措置

②①の措置を行わない場合は事業主による以下のような新たな措置を設けいずれかを講ずること
(ア)特殊関係事業主以外の企業への再就職に関する制度の導入
(イ)フリーランスや起業による就業に関する制度の導入
(ウ)社会貢献活動への従事に関する制度の導入

職業安定分科会雇用対策基本問題部会「高年齢者の雇用・就業機会の確保及び中途採用に関する情報公表について」の報告によると、令和元年6月1日現在で31人以上規模企業の高年齢者雇用確保措置の実施割合は99.8%、法に定める義務を超えた積極的な取組みとして、66歳以上まで働ける制度のある企業の割合は30.8%となっています。

このことから、政策誘導の効果として、65歳までの企業による雇用確保のための制度の構築は完了し、そして66歳以上の人にも働いてほしいと希望する企業のニーズが一定数確認できるとされ、高年齢者就業確保措置の努力義務化、後述する年金の受給開始時期の上限の延長により、65歳以降もできる限り長く働いてもらおうという政策になったのでしょう。

2.60~64歳の在職老齢年金制度の支給停止基準額の引上げ

しかし、高年齢者就業確保措置により高齢者の就労期間を延長する制度を整備しても、肝心の高年齢者の働く意欲を阻害しては無意味となります。その一つの理由として以前から指摘されていたのが、在職老齢年金制度です。そのため、令和4年4月1日から、60 ~ 64歳の在職老齢年金制度の支給停止基準額は、現行の28万円から47万円に引き上げられることになります。

在職老齢年金制度は、一定以上の賃金を得ている60歳以上の厚生年金受給者に対して、年金支給を一部停止するというものですが、自ら働いて得る賃金にもかかわらず、それによって本来もらえる年金が減額されるのは納得できないと考える心情は理解できるものです。

多くの企業が、65歳までの高年齢者雇用確保措置として、再雇用を選択していますが、再雇用の際の賃金は、定年前の金額から減額されることがよくあります。ただし、これは必ずしも企業側の一方的な賃金減額の要求というわけではなく、「在職老齢年金の支給停止基準額以内に抑えることができる賃金額にしてほしい、そして、その賃金額に見合った働き方に抑えたい」という労働者側の要望によるものでもあります。

実際、第14回社会保障審議会年金部会の資料2「60歳台前半の在職老齢年金制度の状況」によると、賃金と年金の合計額の階級別では、26万円以上から28万円未満となっている人が多く、また60歳台前半の在職している年金受給権者の半数強が支給停止の対象となっています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人事・労務関連コラムのバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
70歳定年制
副業
106万円の壁
標準報酬月額
ハイブリッドワーカー
40歳定年制
打切補償
2013年問題
役職定年制
高年齢者雇用安定法