企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

田中潤の「酒場学習論」
【第5回】銀座「バー嘉茂」とアイデアの創出・副業

株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長

田中 潤さん

Jストリーム 人事部長  田中潤の「酒場学習論」

古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。「酒場学習論」は、そんな酒場と人事に関する学びをつなぎます。

夜の銀座。風格ある外観の路面店のバーに足を踏み入れる。カウンターに陣取れば、バックバーに居並ぶ銘酒の数々が目に飛び込んでくる。そんな店でオーダーするのは「ホッピー」。バーカウンター下の冷凍庫から、おもむろに一升瓶が取り出される。入っているのは、シャリキン(冷凍してシャーベット状になった)のキンミヤ焼酎。ホッピージョッキだけを冷やしている大型専用冷蔵庫から冷え冷えのジョッキが取り出され、焼酎が投入される。さらに、冷やし切ったホッピーが勢いよく、そして丁寧に注ぎ入れられる。氷などは入らない。焼酎・ジョッキ・ホッピーの三つが「三冷」状態で供された極上のホッピーが、バーカウンターの上に鎮座する――。

威風堂々とバーカウンターに鎮座する黒ホッピー

威風堂々とバーカウンターに鎮座する黒ホッピー

私はホッピーが好きです。特に黒ホッピーが大好きです。最高の状態のホッピーをいつもいただけるのが「バー嘉茂」。外観も内装も、紛れもない銀座のバーなのですが、そんな店のカウンターで時には全員がホッピージョッキを傾けている光景に出逢えます。料理は素晴らしい「バー飯」。ご家族で経営されている愛すべき店、それが「バー嘉茂」です。ホッピーを呑んだことがない人や、前に一度だけ呑んだけど美味しくなかったという人をここに連れて来るのが密かな楽しみです。ホッピーの美味しさに驚いた顔が必ず見られるからです。あなたもいかがですか?

カウンターの全員が同時にホッピーをオーダーし、13杯を同時提供する大技

カウンターの全員が同時にホッピーをオーダーし、13杯を同時提供する大技

なぜ、誰もが驚くのかというと、一つは意外な組み合わせでしょう。銀座のバーとホッピー。普通は相入れません。異質のものが組み合わさることで、新たな価値が生まれ、私たちの心をつかむのです。しかし、意外性だけでは人をひきつけることはできません。組み合わせる一つひとつがホンモノであるからこそ、私たちに感動が生まれるのです。ここが重要なポイントです。

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせに過ぎない」という、ジェームス・W・ヤングの有名な名言があります。私は企業やアカデミックの仲間たちと「経営学習研究所」という一般社団法人を運営し、毎年いくつかのワークショップを開催しています。振り返ると、過去の企画の多くは既存の要素の新しい組み合わせ、つまり異質なもの同士の組み合わせによって「学び」が創られていたことに気づきます。この連載のタイトルを冠したイベント「酒場学習論」は、酒場と学びの組み合わせでした。他にも、囲碁と学び、ミュージカルと学び、ドラムと学び、焚火と学びなど、枚挙にいとまがありません。

副業を解禁する企業が増えています。私も以前から副業に取り組んでいます。この連載コラムの執筆も副業の一つですが、メインの副業は週末の1日を利用した、キャリアカウンセラーの資格であるGCDF養成トレーナーの仕事です。本業との関連が深い副業ですが、使う筋肉はまったく違います。いつも大きな刺激をいただき、教える側にも多くの学びがあります。トレーナーとしてのアウトプットの質をより高めるために、自らも能動的に学習し続けます。副業はある意味、異質体験です。また、越境学習そのものでもあります。本業と副業の組み合わせにより、新たな自分が生まれます。本業にも副業にも、そして自らの生き方そのものにもブラスの影響があります。そして、大切なのは、徹底的にどちらもホンモノを目指すことです。美しいバックバーを眺めながら最高のホッピーをいただきつつ、そんなことを考えました。

最後にもう一軒、ホッピーの名店をご紹介しましょう。その名は「江戸幸」。場所は大阪です。素敵なご夫婦が経営するお店です。ホッピーは自他ともに認めるTOKYO飲料です。今でこそ全国各地で見かけるようになりましたが、この店はずっと以前からホッピーを売りの一つにしています。大将の注ぎ方パフォーマンスも実に愉しいです。大阪とホッピー、この異質な組み合わせも、ぜひお愉しみください。

このキンミヤの一升瓶を観ただけで呑める

このキンミヤの一升瓶を観ただけで呑める

■バックナンバー
【第4回】八戸の洋酒喫茶「プリンス」とエンゲージメント、リファラル採用
【第3回】「都橋商店街」「折尾」のRのある世界と、人事制度の運用
【第2回】国分寺「燗酒屋がらーじ」と、決める・決めてもらうのが私たちの仕事
【第1回】赤羽「まるます家」と酒場での学び


田中 潤さん(株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長)
田中 潤
株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長

たなか・じゅん/1985年一橋大学社会学部出身。日清製粉株式会社で人事・営業の業務を経験した後、株式会社ぐるなびで約10年間人事責任者を務める。2019年7月から現職。『日本の人事部』にはサイト開設当初から登場。『日本の人事部』が主催するイベント「HRカンファレンス」や「HRコンソーシアム」への登壇、情報誌『日本の人事部LEADERS』への寄稿などを行っている。経営学習研究所(MALL)理事、慶応義塾大学キャリアラボ登録キャリアアドバイザー、キャリアカウンセリング協会gcdf養成講座トレーナー、キャリアデザイン学会代議員。にっぽんお好み焼き協会監事。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

編集部注目レポートのバックナンバー

テレワークを実践していく上での課題とは何か。また、その解決のために人事が考えるべきこととは【『日本の人事部』テレワーク記事まとめ】
テレワークという働き方が求められる中、従業員同士のコミュニケーションを活性化し、企業としての生産性を高めていくにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、『日本の...
2020/08/06掲載
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第7回】人事部とリーダーシップ(その3):リーダーの姿勢
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/08/05掲載
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第9回】
組織人でありながら、キャリア・オーナーシップを持つために――プロティアンの6タイプを意識しよう
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/07/27掲載

関連する記事

酒場学習論【第10回】船橋「増やま」と人事制度設計のオリジナリティ
かつて私は、非常勤で代表をつとめていた千葉にある子会社のオフィスに、1週間から2週間に1日の割合で勤務していました。長時間の残業はありませんが、職場の仲間には一...
2020/07/15掲載編集部注目レポート
日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ
HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグ...
2020/06/17掲載イベントレポート
酒場学習論【第2回】国分寺「燗酒屋がらーじ」と、決める・決めてもらうのが私たちの仕事
古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。「酒...
2019/11/29掲載編集部注目レポート
日本の人事部 HRアカデミー2019 夏期講座
サイボウズの働き方改革~働き方の多様性がチームワークあふれる会社を創る~
「100人いれば、100通りの働き方」を人事の基本方針として掲げ、独自の「働き方改革」を進めている、サイボウズ株式会社。2018年4月には、社員一人ひとりが「働...
2019/10/15掲載イベントレポート
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会:
人事が変われば、会社も変わる。
人生100年時代に求められる「チェンジドライバー」としての人事とは
「人生100年時代」の到来により、人々の働き方やライフスタイルが、大きく変化しようとしています。企業においては、AIやビッグデータの活用がさらに進んでいくでしょ...
2018/03/05掲載となりの人事部

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...