企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハイブリッドワーカー ハイブリッドワーカー

「ハイブリッドワーカー」とは、企業などに勤務する会社員でありながら、業務終了後や休日など就業時間外に副業となる活動(ハイブリッドワーク)を行う人、あるいはそうした働き方を指す言葉です。単に副収入を稼ぐためではなく、収入面を気にせずに小説や漫画の執筆、音楽活動、ECサイト運営など、自分のやりたいこと、やってみたかったことに挑戦するのがハイブリッドワーカーの特徴です。あくまで個人の自由な時間内での活動であり、勤務先での業務に支障をきたすこともありません。会社員としての安定と自分のかなえたい夢とを、兼業というワークスタイルで両立させる新しい自己実現の選択肢として注目されています。
(2014/12/15掲載)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイブリッドワーカーのケーススタディ

本業の“保険”があるから夢に打ち込める
副業で社員を鍛える「専業禁止」の企業も

ハイブリッドワーカー」という言葉が注目を集めるようになったのは、2009年ごろから。一般企業で正社員として働きながら、一日3万~4万アクセスを集める人気サイトを個人で運営するヨシナガ氏が発表した著書『ハイブリッドワーカー――会社勤めしながらクリエイティブワークする』がきっかけでした。同書には“会社員”兼“芥川賞作家”の津村記久子氏や“サラリーマン”兼“漫画家”の田中圭一氏、“OL”兼“料理研究家”のうーら氏など、二足のわらじを履きこなして各界で成功を収めてきたハイブリッドワーカー6人のロングインタビューが収められています。人気ヒップホップ&レゲエユニット「ケツメイシ」のメンバーであるRYO氏も、かつては製薬会社や薬局で営業や薬剤師として働きながら音楽活動を継続し、有名になってからも恩義のある薬局の店頭に立つことがあったといいます。

二つの仕事の両立は決して簡単ではありません。彼らはなぜハイブリッドワーカーという働き方を選んだのでしょうか。夢をそのまま仕事にするのは、収入や安定などの面で大きなリスクがあります。しかし安定した収入があれば、安心して夢を追うことができる――ハイブリッドワーカーの多くが、寝る間も惜しんで自分の好きなことに打ち込むのは、本業が社会的、経済的な“保険”になっているからです。また、一方の仕事で得た経験が、もう一方の仕事にもいい影響を及ぼし、相乗効果で成長していけるというメリットも大きいと言われます。

とはいえ、日本では現状、ハイブリッドワーカーが広がりにくいのは確かでしょう。多くの日本企業が、就業規則などで従業員の副業を禁止しているためです。ただし、就業規則の効力は就業時間内に限定され、終業後や休日までは及ばないという法解釈もあり、実際の裁判でも、会社の損害につながるような活動でないかぎりは、従業員が副業をしたというだけで処分されるのは不当だという判決が出ています。実際、副業禁止規定を廃止したり、あるいは逆に副業を推奨したりする企業も、まだ一部ですが、現れてきました。

ウェブサービスを手がける「エンファクトリー」は、3年前から副業禁止ならぬ「専業禁止」を掲げて、社員の働き方改革を推進しています。社員に「副業」を奨励することでプロ意識やマネジメント能力を養い、会社に依存せず組織の枠にもはまらない“変革する人材”を育てるのが同社のねらいです。企業にとっても今後は、ハイブリッドワーカーを生かすことが激しい競争と環境変化を乗り越える原動力になるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

副業・複業
「フクギョウ」と言う場合、通常は「副業」と書き、本業のかたわら別の仕事を持つこと、雇用者であれば勤務先外の業務で収入を得ること、あるいはその仕事自体を意味します。「複業」も本業以外の仕事のことですが、「副業」があくまで本業の片手間に行う、所得補てんを目的としたサブ的な仕事という意味合いが強いのに対し...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。

関連する記事

「働き方改革」推進に向けての実務(5)副業
副業経験が、人材の成長につながる?少しずつ解禁に向けて動き出した「副業」への対応の現状と課題。
2017/03/31掲載よくわかる講座
オバタカズユキさん 企業の「社風」はどこから生まれるのか 
求職者が会社と性格の不一致を起こさないようにするためには、あらかじめ「社風」を知っておく必要がありますが、なかなか外部からはうかがい知ることができません。何かいい方法はないか? そもそも企業の「社風」はどこから生まれてくるものなのか? 企業は自分で自分の「社風...
2005/01/31掲載キーパーソンが語る“人と組織”
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事

関連するQ&A

副業の承認
当社は、製造派遣・請負業をしており、昨今の不況により社員の雇用を守ることが厳しくなっております。 そこで何とか少しでも雇用を守るためにもワークシェアリングや副業を認める動きを社内でしていことうと考えます。 もともと、副業については、認めているわけでも禁止しているわけでもなく、就業規則にも明記してお...
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則の成功事例
就業規則を改訂しようと考えています。 こういう規定を入れていてよかったという事例があれば教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事制度 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...