企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】パフォーマティブ ラーニング パフォーマティブ・ラーニング

「パフォーマティブ・ラーニング」とは、身体を使って他者の前で演じたり、表現したりすること(パフォーマンス)をきっかけにして、内省を深め、自己の振る舞いや他者との関係性に対する気づきを促す新しい学びの手法です。人材育成や組織改革への活用が期待されており、即興的な演劇(インプロビゼーション)を通してこの手法を実践するワークショップが、企業の研修などに導入される事例が増えています。
(2012/5/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パフォーマティブ・ラーニングのケーススタディ

即興演劇で身体から日常を揺さぶる
過剰適応した個人と組織を再構築

脚本も役もなく、設定さえ決めずに、演者同士がその場で自然発生的に湧いてきたアイデアを受け容れあい、膨らませながら物語を紡ぎ、シーンを演じていく――それが「インプロ」(インプロビゼーションの略)と呼ばれる即興の演劇です。インプロを実際に演者として体験することで参加者本人が変わり、所属する組織も変わる――そんな「インプロ・ワークショップ」が、いま新しい企業研修ツールとして注目を集めています。

いわゆる“座学”スタイルの研修では、参加者は従来の学校教育と同じく、主に言語によって一方的に提供される既存の知識や情報を、頭に詰め込むだけです。物事に確たる正解が存在し、それを習得すれば現実の問題に対応できた時代であれば、そうした頭だけの学びで事足りました。しかしめまぐるしく変化する時代や社会に対応していくための答えは、既存の知識の中には存在しません。自ら答えを創り、未来を変えていくための学びこそが必要とされるゆえんです。そしてその新しい学びの可能性を秘めているのが、インプロを通して身体を動かし、日常を揺さぶる「パフォーマティブ・ラーニング」なのです。

パフォーマティブ・ラーニングを提唱している東京学芸大学の高尾隆准教授は共著書『インプロする組織』の中で、パフォーマティブ・ラーニングを「パフォーマンスすることで自分を崩し、そして再びつくっていくこと」と定義し、学びとは「知識を詰め込むだけではなく、からだを動かして表現する、それが何かを表現し、それが周りの人に影響を与え、そのことによって当たり前になってしまっていることを批判的に考え直して、変化を引き起こし、また新しい行動を生み出していく」ことの循環であると述べています。

組織のメンバーとして活動するビジネスパーソンなら誰でも、さまざまな職務を的確に果たすためには、所属する組織にうまく適応していかなければなりません。また組織も、個人に適応を促し、組織社会化させる必要があります。しかし組織に慣れ親しみ過ぎると、そこでしか通用しない価値観や思考パターンにはまり込んで、創造性が鈍り、組織全体も硬直化しやすい。「過剰適応」と呼ばれる状態に陥り、個人も、組織も変化への対応力を失っていくのです。

この過剰適応を打破するために、身体の動きを通して、特定の思考回路に凝り固まった自己や組織のメンバーに揺さぶりをかけ、生じた変化をじっくりと内省する――そこに、インプロによるパフォーマティブ・ラーニングの可能性があるのです。インプロは、即興だけにウソがつけません。言葉で自分を偽っても、自然に反応する身体の動きには自分の無意識が立ち表れてくるものです。組織に慣れ親しむあまり、管理されてしまった自己を解放するだけでなく、組織全体を活性化し再構築するきっかけづくりの試みとして、今後ますます注目が高まっていくと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
組織再社会化
組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動に...
トランザクティブ・メモリー
「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(...

関連する記事

中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(前編)
なぜ組織開発が近年注目されているのか?日本企業がどのように組織開発を進めていけばよいのか?組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに、詳しいお話を伺いました。
2015/09/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 三井不動産ビルマネジメント(株)

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。