企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リフレクション リフレクション

日本語で「内省」の意。人材育成の分野における「リフレクション」(reflection)とは、個人が日々の業務や現場からいったん離れて自分の積んだ経験を「振り返る」ことを指します。過去に起こった出来事の真意を探り、その経験における自分のあり方を見つめ直すことで、今後同じような状況に直面したときによりよく対処するための「知」を見出そうとする方法論です。
(2011/11/14掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リフレクションのケーススタディ

経験は振り返ることで成長の糧となる
自己開示と他者との対話がきっかけに

企業内人材育成では、実際の仕事を経験学習と位置づけ、各人の成長を念頭に与える必要があります。ただし「経験さえしていれば人は勝手に成長する」というものではありません。充実した経験は「内省」を通じて初めて活かされ、能力向上を促す糧となるのです。内省=リフレクションは、仕事と仕事において経験することの意味を本人に気づかせ、成長の実感をもたらします。

内省は「反省」とどう違うのでしょうか。反省とは、過去の経験において何がどう悪かったのか、つまり自らの言動の非についてよく考え、その理由や原因を探ることです。研修や勉強会など「学び」の機会で、単に失敗しないように学ぶだけならば、反省で事足りるかもしれません。過去の誤りを認めて、同じ轍を踏まないように注意すれば十分です。しかし失敗を機によりよく対処する術を学びたい、あるいは特に失敗してはいないけれど、過去の経験を踏まえてもっとうまい方法を見つけたい、より多くの成果を上げたいといった場合はどうでしょうか?

本人が「悪かった」と自覚している点を反省するだけでは不十分で、無意識かつ暗黙に行ってきたことまでも含めて過去の経験を振り返り、自分はどうあるべきかをたえず問い直していかなければならない――「内省」を次の仕事に活かし続けることが求められるのです。近年の複雑なビジネス環境では、一人ひとりの真摯な内省なくして、個人の成長も組織の成長も考えられないといえるでしょう。

共著書『リフレクティブ・マネジャー』で内省の重要性を論じた中原淳・東京大学大学総合教育研究センター 准教授によると、経営学において「内省」に初めて注目したのは、マサチューセッツ工科大学で組織学習の研究に取り組んでいたドナルド・ショーンです。彼は、一般企業のマネジャーから医師、科学者、建築デザイナーといった専門職までさまざまな仕事の現場を観察し、その特徴に内省があることを見抜きました。不安定で不確実な現場に身を置く実務家は、働きながら刻一刻と変わる状況を振り返り、その中で自分はどうあるべきかを瞬時に読み解いていく。こうした仕事のあり方を、ショーンは「行為の中の内省(reflection in action)」と名付けました。

リフレクションのさらに重要な点は、それがしばしば“他者との対話”によって促されるということです。内省を自分独りで実践するのは難しいもの。「語るべき他者」「応答してくれる他者」に自分の経験を語るという行為を通したほうが、人は自分を見つめ直すことができると中原教授も述べています。自分のあり方や行動について自己開示し、誰かと経験を共有するほど内省は深化する。無意識かつ暗黙に行ってきた事柄にまで、より高次な視点を向けられるようになるのです。現に昨今、参加者相互の内省を支援しあうワークショップや体験セミナーにも注目が集まっています。“反省会”や“つるしあげ”ではなく、リフレクティブで前向きな会話を重ねる中で自他の考え方の差異に気づき、またときに他人の視点から刺激をうけて、とらわれていた固定観念を打破するといったシナジーを得られるのがこうした研修プログラムの特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

経験学習
人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べるという考え方を、人材育成の領域では「経験学習」と呼びます。組織行動学者のデービッド・コルブはこうした学びを、体系化・汎用化された知識を受動的に習い覚える知識付与型の学習やトレーニングと区別し、「経験→省察→概念化→実践」という4段階の学習サイ...
セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...

関連する記事

起業経験を強みにできない人材、できる人材
グローバルな企業間競争を勝ち抜いていかなくてはならない現代。安定志向の強い社員はいらない、自分で起業するぐらいの経営者感覚を持った人材が欲しい、という企業は多いものの、「起業経験者は、チャンスがあればまた起業したいと思っているのではないか」という懸念も…。今回...
2011/11/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
「新卒で起業」経験者の転職
日本と海外とでは、同じ大学生でも大きく異なる特徴があるという。「日本の優秀な学生は大手企業や官僚志向が強いが、海外の優秀な学生は自ら起業する」というものだ。確かにマイクロソフトやフェイスブックなど、時代を変えてきた海外の企業には、学生が創業したところが多い。最...
2015/04/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
門戸を広げれば人が集まる、というわけでもない 一度決意した転職も最後まで貫ける、というわけでもない
人材紹介会社を利用して採用を行う企業は、基本的には即戦力となりうる経験者を募集していると思って間違いない。まったくの異業種や異職種へのキャリアチェンジを希望される方のお役に立ちにくいのはそのためだ。しかし、まれに「未経験者でも可能」、または「未経験者歓迎」とい...
2006/11/27掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...