企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「女性管理職増加」「多様性の達成」は通過点
マタハラにいち早く取り組んだプルデンシャル生命に聞く
“多様性のその先”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プルデンシャル生命保険株式会社 多様化推進チーム チームリーダー 玉井史隆さん
プルデンシャル生命保険株式会社 多様化推進チーム マネージャー 出水直子さん

プルデンシャル生命保険株式会社 多様化推進チーム チームリーダー 玉井史隆さんとプルデンシャル生命保険株式会社 多様化推進チーム マネージャー 出水直子さん Photo
プルデンシャル生命保険株式会社は、2008年頃には内勤社員の管理職の3割を女性が占めるなど、女性活躍推進に関して先進的な企業として知られます。現在は数字からは見えない、真の女性活躍推進に注力。マタハラ問題にいち早く取り組むなど、先進的な取り組みを続けています。一連の活動を通じて、「着実に組織が強くなっている」というプルデンシャル生命 多様化推進チームの玉井さん、出水さんに、同社の取り組みについてうかがいました。
(聞き手:株式会社natural rights代表取締役 小酒部さやか)
■プロフィール
プルデンシャル生命保険株式会社 多様化推進チーム チームリーダー 玉井史隆さん Photo
玉井史隆さん
プルデンシャル生命保険株式会社多様化推進チーム チームリーダー
2007年入社。内部統制チーム、監査チームを経て、2016年より現職。

プルデンシャル生命保険株式会社 多様化推進チーム マネージャー 出水直子さん Photo
出水直子さん
プルデンシャル生命保険株式会社多様化推進チーム マネージャー
2008年入社。営業人事チームを経て、2015年より現職。

真の“女性活躍”を推進するためのマタハラ防止対策

――今年(2017年)1月にマタハラ防止法が施行されたことで、ようやく対応を考え始めた企業も少なくありません。しかし貴社では、かなり早い時点からマタハラ防止に取り組まれていますね。今年6月には、弊社のマタハラ・パタハラ防止研修も本社の管理職研修として取り入れてくださいました。まずはマタハラ防止に取り組むようになった背景から、お聞かせいただけますか。

玉井:当社では2008年に多様化推進チームを設置し、戦略の一つとしてダイバーシティ&インクルージョンに取り組んでいます。多様性には性別・年齢・経験・思考などさまざまな側面がありますが、“女性活躍”は当初から重点課題の一つとして取り組んできました。

当社は内勤社員における管理職の約3割が女性ということもあり、一見するととても女性活躍が進んでいるようですが、子どものいる女性管理職が少ない、管理職になったあとの役員までのパイプラインが細い、といった課題がありました。真の“女性活躍”を推進するためには、ママ社員も安心して活躍できる環境の整備が必要です。そのための取り組みの一つがマハタラ防止でした。

――マタハラ防止に関して、どのように取り組んでこられたのでしょうか。

玉井:まず2016年に、コンプライアンスプログラムの一つとして、具体的に起こりうるケースをドラマ仕立てにした研修ビデオを制作しました。そして2017年には、本社の管理職向けにマタハラ防止研修を実施。ロープレを交えた実践的な研修を、小酒部さんに解説していただきながら実施しました。

――研修では女性に対するマタハラだけではなく、男性に対するパタハラも扱ったところが先進的だと感じました。参加者からはどのような反応がありましたか。

玉井:価値観の押し付けや行き過ぎた配慮など、管理職としては悪気がなくても、何気ない一言がママ社員の可能性ややる気に大きな影響を与えることがわかった、という声がありました。また、パパ社員に対するパタハラの事例も取り上げたことで、男性の育児に対する価値観の変化を理解できた、という声もありました。

――マタハラ防止以外にも、ママ・パパ社員が活躍できるために導入した人事制度はありますか。

玉井:はい。一例をあげると、在宅勤務制度の拡充です。それまでは育児や介護などの事由がある人のみを対象にしていた在宅勤務を、生産性が高まる仕事や環境であれば誰にでも認めることにし、対象範囲を拡大しました。またフレックス勤務についても、担当役員が認めればどのチームでも利用できるよう、範囲を拡大しました。ママ・パパといった当事者だけではなく、全社員がより生産性を高めるための手段として、これらの制度が定着してきたと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

編集部注目レポートのバックナンバー

男性社員の育児休業取得率9割を実現
バリューを徹底し、社員を信頼することで急成長したメルカリ
フリマアプリ「メルカリ」のサービスを展開し、急成長している株式会社メルカリ。「バリューに基づく評価制度」や「積極的なリファラル採用」など、人事関連で先進的な取組...
2017/10/20掲載
「女性管理職増加」「多様性の達成」は通過点 マタハラにいち早く取り組んだプルデンシャル生命に聞く“多様性のその先”
プルデンシャル生命保険株式会社は、2008年頃には管理職の3割を女性が占めるなど、女性活躍推進に関して先進的な企業として知られます。現在は数字からは見えない、真...
2017/09/20掲載
女性の意識を変え、生産性向上・コスト削減を実現する「子連れ出勤」 
授乳服のモーハウスに聞く、子どもをだっこして働くことのメリットとは?
保育所に子どもを預けたいのに預けられない、待機児童問題。預け先が見つからずに、保護者が育児休業を延長せざるを得ないケースも多いようです。そこで今注目されているの...
2017/08/24掲載

関連する記事

「働き方改革」推進に向けての実務(6)育児・介護と仕事の両立
「働き方改革」の重要課題である育児・介護と仕事の両立。改正を重ねる法律と支援策について紹介する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
共働き時代における企業の人事施策アンケート
女性活躍推進法が施行され、企業ではダイバーシティの推進や、両立支援策などの環境整備が進みつつあるが、いまだに女性は出産・育児等で離職する傾向が見られる。育児支援...
2016/10/17掲載人事・労務実態調査
三菱樹脂株式会社:
男性中心組織から「女性が働きやすく活躍できる組織」へ(前編)
近年、さまざまな企業で女性活躍推進に関する取り組みが行われていますが、その多くは期待通りに進んでいないのが実情です。その原因の一つは、日本企業が依然として「男性...
2016/04/21掲載となりの人事部
佐々木かをりさん:
誤解、偏見、思い込み!?
達人が教える“本当のダイバーシティ組織”とは(前編)
ダイバーシティと聞くと、反射的に「女性活用」「女性活躍推進」を連想する人事パーソンも少なくないでしょう。しかし、株式会社イー・ウーマン代表の佐々木かをりさんは「...
2016/02/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
企業における女性活躍支援の最新実態
平成28年4月1日より301人以上規模の企業や自治体に、行動計画の策定や情報公表が義務づけられる「女性活躍推進法」が施行される。女性活躍推進に向けた社会的要請が...
2016/02/04掲載人事・労務実態調査
マインドセットを促し、早期戦力化を実現する! 新人研修特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

WEB面接に特化した採用システム インタビューメーカー 【参加特典有】AP市ヶ谷OPEN記念イベント

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」
new

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの
new

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...