Report

9割を超える企業が「人手不足」による影響を懸念
~少子高齢化社会、労働力人口減少時代における「人手不足」の実態を調査~
2014/10/16

『日本の人事部』では、全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者ほか)に対して「人手不足」に関するWEBアンケートを実施し、その結果をまとめました。(調査期間:2014年8月18日~8月24日、回答社数:243社)
総務省が発表した労働力調査(季節調整値)によると、2014年8月の全国の完全失業率は前月比0.3ポイント低下の3.5%で、3ヵ月ぶりに改善。一方、厚生労働省が発表した同月の全国の有効求人倍率(同)は前月比横ばいの1.10倍で、3ヵ月連続で同水準となりました。雇用情勢は持ち直しつつあるとの見方もありますが、業種によっては悪化しているところもあり、引き続き先の見えない状況が続きそうです。少子高齢化などの影響もあって、今後さらに労働力の減少が予想される中、企業は現在の状況をどのようにとらえ、どのような対策を講じているのでしょうか。「人手不足による事業への影響」「人手不足を解消するための施策」「人手不足と感じている職種」について聞きました。

人手不足によって既に「影響が出ている」企業は6割以上だが、
「対応できている」企業は15.4%

人手不足によって事業に「影響が出ている」との回答は63.5%。「将来的に影響が出る可能性もある」という回答も合わせると、94.3%もの企業が人手不足による影響を懸念していることがわかりました。特に近い将来、徐々に影響が出てくることを懸念する声は多く、「人手不足になると人材を育てる余裕がなく、有能な社員は他社に転職していく。そのため、さらに人手不足を感じるようになる」「人材が不足すると一人当たりの業務負担が増え、長時間労働の問題が懸念される」「会社の5年後、10年後の業績に影響がでてくる可能性がある」などの意見がありました。しかし、そのような状況でも「対応できている」と回答した企業は15.4%に過ぎず、全体的に対策の遅れが目立ちます。

■図表1 「人手不足」によって事業に影響はありますか?
図表1 「人手不足」によって事業に影響はありますか?

既存社員の離職を防ぎ、じっくりと育て上げる体制が重要

人手不足の解消策は、「社内制度を見直し、今いる社員の離職防止」(27.6%)が最も多く、「新卒・中途採用の拡充」(23.0%)、「女性・シニア・障がい者採用の促進」(14.9%)など、新たな人材の採用をおさえる結果となりました。「新たに人材を採用することは理想的だが、非常に難しい。既存社員の離職を防ぎ、長期的に貢献してもらうほうが現実的」などの声は多く、企業にとっては今後、有能な社員をじっくり育てる社内制度や組織風土を作っていくことが重要な課題となりそうです。

■図表2 「人手不足」の解消策として、最も有効な策は何だとお考えですか?
図表2 「人手不足」の解消策として、最も有効な策は何だとお考えですか?

慢性的な人手不足が続く「営業/販売」と「エンジニア」

人手不足だと感じている職種としては、「営業/販売系」(36.9%)、「エンジニア系」(23.1%)の二つが過半数を占める結果となりました。「まったくエンジニア不足が解消されない。危機的状況だ」「販売職はただでさえ人材の確保が困難だが、この1年ほどは本当に厳しい」など、慢性的な人手不足に悩む企業は多いようです。

■図表3 特に「人手不足」だと感じている職種は何ですか?
図表3 特に「人手不足」だと感じている職種は何ですか?

回答結果はこちら→  http://jinjibu.jp/special/enq.php?fid=NJ-2014c

【調査概要】
調査対象  :全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者 など)
調査期間  :2014年8月18日~8月24日
調査方法  :WEBアンケートによる回収
有効回答社数:243社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

編集部注目レポートのバックナンバー

「学習する能力」を科学する「ニューロサイエンス(神経科学)」とは
~脳の学び方を知り、職場のパフォーマンスを高める~
2016年11月に東京で開催された世界最大級の人材開発会議「ATD 2016 JAPAN SUMMIT」の特別講演で初来日した、この分野の第一人者であるNeur...
2017/01/12掲載
6割以上の採用担当者が、学生に直にアプローチできる採用手法を検討
~「2016年卒採用」における、スケジュール後ろ倒しの影響とは?~
2016年卒から新卒採用の時期を繰り下げる「採用選考の指針」が日本経済団体連合会(経団連)によって発表されました。これにより、「広報開始」が2015年の3月以降...
2014/11/26掲載
7割が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」
~「ホワイトカラー・エグゼンプション」への賛否や導入された場合の効果・影響について調査~
政府は2014年6月、ホワイトカラーの労働者を対象に労働時間の規制を外し、成果に給与を払う制度「ホワイトカラー・エグゼンプション」を、年収1000万円以上の専門...
2014/11/19掲載

関連する記事

採用活動で自社をいかにアピールする?
効果的な「求人票・求人情報」の作成方法
現在、企業における人材不足は非常に深刻であり、今後の企業経営に大きな影響を与える可能性があります。求人媒体は多様化しましたが、求人情報そのものの役割や作成時の留...
2017/01/06掲載人事・労務関連コラム
新卒の時の景気で人生が決まる? リベンジ転職
ここ数年売り手市場が続く新卒採用。多くの企業が「人手不足」を訴えるのを見て、複雑な気持ちになっている人も多いのではないだろうか。特に、就職氷河期に新卒で就職活動...
2016/08/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
新卒の採用基準は上がっているか?
パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、アイデム人と仕事研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。
2015/01/28掲載新卒・パート/アルバイト調査
ダイバーシティ&インクルージョン特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
日本証券業協会「無料講師派遣事業」ご案内

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


ダイバーシティ&インクルージョン特集

本特集では『日本の人事部』が注目している「シニア・ミドル」、「女性」の活躍推進に取り組む企業様にもおすすめなプログラムを中心にご紹介。ぜひ貴社のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進にご活用ください。



注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。