企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ホワイトブツリュウ スイシンウンドウ 「ホワイト物流」推進運動

「ホワイト物流」推進運動とは、国土交通省、経済産業省、農林水産省が主導する取り組みで、トラック運転手の深刻な人手不足に対応し、物流の安定的な確保を目的とするものです。トラック輸送の生産性向上や物流の効率化に加え、女性や高齢者なども働きやすいホワイトな労働環境を整え、人手を確保することを目指しています。

「ホワイト物流」推進運動のケーススタディ

宅配便の取扱数は過去10年で3倍に
物流を守るため、生産性の高い運用を

長らく労働環境や人手不足が問題視されてきた物流業界。2017年、ついに物流危機として業界がパンク状態に追い込まれたことは記憶に新しいのではないでしょうか。ECサイトの普及によって拡大した需要に対して供給が追い付かなくなり、宅配便最大手のヤマト運輸では社員の労働条件改善に向けて動く事態となりました。

国土交通省の調べによると、2008年度に32.1億個だった宅配便の取扱個数は、2018年度には43.0億個となっています。また、トラック運転手は1995年の約98万人をピークに、2015年には約77万人にまで減少。有効求人倍率は、2018年12月時点で全職業が1.57倍に対して、トラック運転手は約2倍の3.03倍となっています。

「ホワイト物流」推進運動は、業務効率化のため、荷主企業と物流業者がスムーズに荷物の受け渡しをできるようにすることを目的の一つとしています。例えば、これまでは納品先での積み込みや積み下ろし作業を先着順で行っていたため、無駄な待ち時間が発生していましたが、「予約受付システム」を導入して事前に作業時間を設定すれば、待ち時間の短縮や効率的な倉庫内作業が可能になります。

また、荷役作業では、手作業による積み降ろしが主流だった環境にパレットと呼ばれる運搬用の台を導入することで、力仕事を軽減させることができ、雇用の裾野を広げることが可能になります。賛同企業は自主行動宣言の必須項目に合意することで「ホワイト物流」推進運動に参画することができます。

2020年からのコロナ禍によってEC需要が再び拡大している今、国民生活に欠かせないインフラとなっている物流を守るため、物流事業者だけでなく、荷主企業や納品先企業、消費者としての個人が相互に協力して、効率的に運用していくことが求められています。

・参考
「ホワイト物流」推進運動ポータルサイト

宅配便の再配達削減に向けて(国土交通省)

平成30年度 宅配便取扱実績について(国土交通省)

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

自転車通勤推進企業
2020年4月、国土交通省は「『自転車通勤推進企業』宣言プロジェクト」を創設しました。本プロジェクトは、自転車通勤を導入する企業や団体を自転車活用推進本部長(国土交通大臣)が認定するもので、企業活動における自転車通勤や業務利用の拡大を図ることを狙いとしています。
人手不足
近年多くの企業で問題となっている「人手不足」には、大きく二つの要因があると考えられています。一つ目が、景気回復によって、労働力の需要が増加したこと。そして二つ目が、少子高齢化の影響で労働人口が減少したことです。人手不足は特に建設、介護、保育、看護などの分野で著しく、政府も頭を悩ませています。
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

物流業者の駐在と請負の違い
現状物流業者本社へ電話やメールで依頼している業務(出荷トラック手配+フライトアレンジ)を、同物流業者の担当者を弊社に駐在させ、同じ業務を行ってもらうことは請負となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。