企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アールピーエー ロボティックプロセスオートメーション RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

「ロボティック・プロセス・オートメーション」(Robotic Process Automation/RPA)とは、ルールエンジン・機械学習・人工知能などの認知技術を活用したソフトウェアロボットにより、ビジネスプロセスにおいてこれまで人間のみが対応可能とされていた作業、主にホワイトカラー業務を自動化・効率化する取り組みのことです。人間の補完としてさまざまな知的業務を代行・代替できることから“仮想知的労働者(Digital Labor)”とも呼ばれ、2025年までに全世界で1億人以上の知的労働者もしくは3分の1の仕事がRPAに置き換わるとも言われています。
(2016/9/9掲載)

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のケーススタディ

ロボット技術がオフィスにもたらす生産性革命
コスト競争力を高め労働力減少を補う切り札に

人工知能(AI)の技術は飛躍的に進化し、囲碁やチェスで人間に圧勝するほどになりました。自動車の自動運転やドローンによる無人配達の実現も目前に迫っています。そうした中、企業などのオフィスワークの領域においても、従来人間が担ってきた知的業務を、機械やAIに代行・代替させる取り組みが急拡大し始めています。その中心技術が「ロボティック・プロセス・オートメーション」(RPA)です。

事業プロセスへのロボット技術の活用というと、従来は、工場などの生産工程で特定のタスクを請け負う工業用ロボットが一般的でした。工業用ロボットは製造現場において、より高い生産効率と品質の向上を実現しましたが、これに対しRPAが活用されるのは、おもにオフィスやコールセンターといった対人ビジネスの現場。ホワイトカラー業務の生産性に“変革”をもたらすことが期待されているのです。

RPA では、ヒトの動きを学習して、オフィスワークに必要な各種アプリケーションを操作するソフトウェア、つまり“ソフトウェアを動かすソフトウェア”が構築されます。この技術が、工業用ロボットが工場で組立やパッケージングを行うように、たとえば人事管理や財務経理、カスタマーサービスなどの業務領域において、これまで人間にしかできないと想定されていた作業をソフトウェアによって自動化・効率化するのです。人間の作業者に代わる、いわば“アプリの司令塔”と考えればいいでしょう。異なるERPやメール、Excelなど大量のITサポートシステムを作業者が逐一起動させて操作する手間と時間を削減し、手作業による入力やデータ連携の多くを代行・代替するほか、既存システムを変更しなくても導入できる点にも注目が集まっています。

RPAの登場は、企業社会における新たな労働者の概念――“仮想知的労働者(Digital Labor)”の出現を意味します。日本RPA協会によると、Digital Labor の台頭により、2025年までに全世界で1億人以上の知的労働者、もしくは3分の1の仕事がRPAに置き換わると予測されています。人件費の地域格差などを利用した従来のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)では、15~30%のコスト削減が限界なのに対し、RPAを活用した場合、40~75%の削減が見込めるためです。しかし、急速な少子高齢化で労働人口の減少が進む日本にとって、RPAを導入する意義はコスト競争力の強化のみにとどまりません。人手不足という構造的な課題を突破する切り札として、国家レベルで取り組むべきテーマであるとの声も高まっています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

デジタルレイバー
「デジタルレイバー」とは、RPAやAIを使ったツールなどを用いて、テクノロジーが人間に代わる業務の担い手となる考え方のことをいいます。テクノロジーを働き手として擬人化していることから、「仮想労働者」と呼ばれることもあります。働き方改革による生産性向上や、生産年齢人口の減少に伴う労働力不足を解決に導く...
ゴーストワーカー
「ゴーストワーカー」とは、AI(人工知能)を機能させるために裏で支えている労働者のことをいいます。AIにタグ付けやラベリング方法を教える存在であることから、AIの教師役とも位置付けられています。AIが十分に人間の働きを理解して作業を自動化できるようになるには、人間が持つ知識や判断基準などを刷り込み、...
テクノ失業
「テクノ失業」とは、コンピュータやインターネット、さらには急速な進化・普及が予測されるロボットやAI(人工知能)といった新たなテクノロジーの産業利用により、人間の知的・肉体労働がそれと置き換えられて引き起こされる失業のことをいいます。2015年12月に発表された野村総合研究所の推計によると、601種...

関連する記事

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用...
2009/10/16掲載注目の記事
いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
2009/09/18掲載注目の記事
5. 人材派遣が可能な業務と期間
人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社...
2012/11/22掲載よくわかる講座

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...