企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

最低賃金の改定で平均時給は上がる?
~平成27年度 地域別最低賃金改定によるパート・アルバイトの募集時平均時給への影響について~

岸川 宏(きしかわ ひろし)

西日本の調査対象地域では、「滋賀県」36.9円増、「京都府」31.4円増、「大阪府」18.4円増、「兵庫県」18.1円増、「奈良県」3.5円減、「和歌山県」15.9円減、「岡山県」16円増、「愛媛県」31.8円増、「福岡県」8.7円増と、賃金の上昇は9地域中7地域となっている。

パート・アルバイトの募集時時給における最低賃金改定(平成27年度改定)の影響西日本業種・職種別状況

パート・アルバイトの募集時時給における最低賃金改定(平成27年度改定)の影響 西日本業種・職種別状況

実際に、最低賃金の引き上げが平均時給を押し上げているのだろうか。最低賃金の改定により、募集時賃金の引上げが必要なデータの割合(以下「改定影響率」)を、各地域別に集計してみた。平成27年度の改定前の時期において、改定影響率が最も高かった地域は、「大阪府」の36.9%。実に4割近くの賃金データが最低賃金を下回る状況だ。他、改定影響率が高かった地域は、「神奈川県」34.1%、「京都府」20.9%、「東京都」18.3%、「兵庫県」12.0%、「千葉県」11.8%、「埼玉県」10.3%と続いている。

最低賃金の引き上げにより、賃金を引き上げざるを得ないケースが多いほど、平均時給の押し上げに大きな影響を与えそうではあるが、「東京都」のように最低賃金の改定により引き上げざるを得ない割合が高くても、平均時給は下がることもある。一概に、最低賃金の引き上げがその地域の平均時給を押し上げるとまでは言えないようだ。

最低賃金の引き上げによる影響は?

パート・アルバイトの募集時時給は、50円単位で決定されることが多い。茨城県を例にみてみると、750円、800円、850円、900円・・と、50円刻みでデータが分布している様子がわかる。また、地域別最低賃金額が800円に満たない地域では、800円が募集時賃金のボリュームゾーンとなっている地域が多くなっている。最低賃金の改定額が、ボリュームゾーン(800円)の下に位置するときや、50円単位(750円、800円、850円など)の数値をまたいだ改定ではない場合(例えば751円~799円の範囲での改定)は、その影響も少なくなることが多い。

募集時平均賃金 時給分布(10円単位)

募集時平均賃金 時給分布(10円単位)

しかし、最低賃金が800円を超える額に近づいてくると、パート・アルバイトの賃金を改定に合わせて引き上げざるを得ない企業が増えてくるため、その影響は大きくなってくる。大阪府を例にとってみると、平成26年度の大阪府地域別最低賃金は838円。この最低賃金の適用を受ける平成27年7月~9月期における、募集時の賃金額で最も多い額は850円台で、大阪府の賃金データに占める割合は17.2%だった。

平成27年度大阪府地域別最低賃金が改定され、改定額が858円となると、最も多い賃金額は860円台となり、その割合は27%に上った。これは大阪府の賃金データの4分の1以上を占めるまでになっている。最低賃金額をわずか2円上回る額に設定せざるを得ない企業が多く、各社の切迫感が伝わってくるデータだ。

裏を返せば、一定数の労働者にとっては毎年賃上げが実現される状況ともいえる。現在、多くのパート・アルバイトが最低賃金ギリギリの860円近辺で雇入れされている可能性が高いとすれば、平成28年の改定によって賃上げを行なうことが必須となるということになる。いわば、最低賃金の改定によってベースアップが行なわれるといった状況だ。最低賃金の引き上げは、賃金額の平均を押し上げると言うよりは、底上げに貢献する役割が大きいと言えるようだ。こういった現象は大阪府をはじめ、上述の「京都府」「東京都」「兵庫県」「千葉県」「埼玉県」で起こっている。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート
同一労働同一賃金の施行直前、約7割が対応不十分
『日本の人事部 人事白書2020』から、同一労働同一賃金の対応状況についての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載人事・労務実態調査
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載人事・労務実態調査
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ピンチをチャンスに。<br />
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働...