企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『アイデム』提携

最低賃金の改定で平均時給は上がる?
~平成27年度 地域別最低賃金改定による パート・アルバイトの募集時平均時給への影響について~

アイデム人と仕事研究所 所長/社会保険労務士 岸川 宏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX
ページ1
最低賃金の改定により平均時給は上昇したか?
ページ2
最低賃金の引き上げによる影響は?
ページ3
最低賃金1,000円以上は実現する?
パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

平成27年度の改定も大幅な引き上げとなった地域別最低賃金。当社の求人紙発行エリアにおいても、東京都、神奈川県の最低賃金時間額は900円を上回り、大阪府、埼玉県、千葉県、京都府の4地域で800円を超える額に改定された。最低賃金時給額が800円を超えるこの6地域で、引き上げの影響が大きくなっている。

特に小売、飲食業などパート・アルバイトを多く雇用する業態では、ここ数年、最低賃金額に合わせて1円単位で時給額を調整しなければならない企業も少なくない。例年最低賃金に合わせて時給を引き上げざるを得ない企業では、最低賃金の改定そのものがパート・アルバイトの賃上げとなり、人件費の上昇につながっている。

最低賃金の改定により平均時給は上昇したか?

毎年、10月前後に改定される地域別最低賃金は、パート・アルバイトの募集時の賃金に、どの程度の影響を与えているのだろうか。これを調べるため、当社発行の新聞折り込み求人紙『しごと情報アイデム』及び、『ジョブアイデム』発行エリアにおける募集時時給額の集計を行なった。集計方法は、平成27年度の改定が行われた10月を境に、前後3ヵ月間(改定前:平成27年7月~9月及び、改定後:10月~12月)の平均を比較している。

パート・アルバイトの募集時平均時給を「改定前」「改定後」で比較すると、東日本では「東京都」4.1円減、「神奈川県」1.3円増、「埼玉県」7.4円増、「千葉県」10.3円増、「茨城県」10.4円増、「群馬県」13.2円増、「栃木県」16.1円増、「静岡県」50.8円増と、調査対象地域の8地域中7地域で賃金の上昇がみられた。

パート・アルバイトの募集時時給における最低賃金改定(平成27年度改定)の影響
東日本業種・職種別状況


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよ...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
あなたの仕事は○○○ワーク?
ライフワーク、ライスワーク、ライトワーク、ライクワーク――。生活のため、やりがい重視、大好きなことをつきつめるなど、パート・アルバイトで働く人が仕事を選ぶ背景に...
2018/12/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)
13職種に見る最新実態と諸格差の動向
近年、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えています。ここでは、2017年度職種別賃金実態調査より、経営企画・営業など...
2018/08/03掲載人事・労務実態調査
政府主導の賃上げは賛否両論。賃上げ・賃下げを「経営者が独断で決める」企業が約半数
政府が企業に働きかけて賃上げを主導する動きについて、その賛否を聞いた。「望ましい」(9.0%)、「どちらかといえば望ましい」(19.0%)は合わせて28.0%。...
2018/07/24掲載人事白書 調査レポート
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...