無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

通勤としてのハイヤー等の利用について

いつもお世話になります。
弊社の顧問が通勤(自宅から会社まで)でハイヤーやタクシーなどを利用する場合、その費用は会計上、通勤費として計上すればよいのでしょうか。また、金額や距離により税金はかかるのでしょうか。お手数ですがお教えいただけますようお願いします。

投稿日:2007/09/12 10:20 ID:QA-0009711

*****さん
愛知県/商社(専門)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

通勤にハイヤーを利用した場合の非課税措置の適用

■通勤交通費については、税務上の扱いは社員も役員も同じで、合理的な最短経路を利用して、実費を支給した場合に限り10万円まで非課税です。マイカーなどを使っての通勤の場合は、距離によって非課税額が違います。非課税限度額を超える部分は、社員は給与として源泉税の課税対象となり、役員の場合は役員賞与として源泉税の課税対象となる上に、会社の損金(税務上の経費)にはできません。
■そこで、ご質問の問題点は、① 御社の顧問は「通勤の概念」に当てはまる頻度で出社されているのか? ② 「自転車や自動車等の交通器具の使用」というマイカー通勤にハイヤーやタクシーの使用は含まれるのかに関する税務当局の解釈の2点です。
■この2点とも肯定的な状況であれば、片道通勤距離に応じ7区分されている非課税限度(EX. 通勤距離が片道35キロメートル以上45キロメートル未満の場合、20,900円)を超過する部分は、顧問報酬と看做され源徴対象になると思います。顧問契約の内容が分かりませんので、一度、御社ご担当の税理士さんにも確認して下さい。

投稿日:2007/09/12 15:13 ID:QA-0009721

相談者より

 

投稿日:2007/09/12 15:13 ID:QA-0033887大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード