無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

働き方改革に伴う有給休暇取得義務と時間単位有給休暇の関係

いつもお世話になっております。

このたびの「働き方改革」の一環で、年次有給休暇の年5日取得が義務化されましたが、現在法的に認められている「時間単位有給休暇」を何回か取得した結果、当該時間単位有給休暇が1日分に達した場合は、年5日取得義務のうちの1日分としてカウントしてよいのでしょうか?

以上、ご教示の程よろしくお願いいたします。

投稿日:2019/09/13 11:51 ID:QA-0086848

ホリキンさん
埼玉県/HRビジネス

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、厚生労働省によりますと「労働者が時間単位で年次有給休暇を取得した日数分については、 使用者が時季指定すべき 年5日の年次有給休暇から控除することはできません。」と示されています。(※以前他の相談案件で控除可能ではとの私見を述べさせていただきましたが、その後こうした行政解釈が示されました)

ちなみに半休取得につきましては、0.5日分としましてカウントすることが認められています。

投稿日:2019/09/13 21:00 ID:QA-0086857

相談者より

ご回答、ありがとうございました。

厚労省のパンフにも記載があることを確認しました。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿日:2019/09/17 10:17 ID:QA-0086887大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

通常は、時間単位有給休暇を何回か取得した結果、それが1日分に達した場合は、当然1日分としてカウントしますが、厳密にいえば、それを5日取得義務のうちの1日分としてカウントするのではありません。

あくまでもその1日分を5日から差し引いた日数(4日)について、時季指定して与えなければならないということになります。

なお、半日単位・時間単位による時季指定の可否については、下記の行政通達(平成30,12,28 基発1228号)が出ていますので、参考にしてください。


問   法第39条第7項の規定による時季指定を半日単位や時間単位で行うことはできるか。

答  規則第24 条の6第1項の規定により労働者の意見を聴いた際に半日単位の年次有給休暇の取得の希望があった場合においては、使用者が法第39条第7項の年次有給休暇の時季指定を半日単位で行うことは差し支えない。この場合において、半日の年次有給休暇の日数は0.5 日として取り扱うこと。 また、法第39 条第7項の規定による時季指定を時間単位年休で行うことは認められない。

投稿日:2019/09/14 06:27 ID:QA-0086861

相談者より

ご回答、ありがとうございました。

投稿日:2019/09/17 10:16 ID:QA-0086886参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

差し支えない

▼ 時間単位有休制度は、日単位で定められている本来の有休制度の実現サポート手段の位置づけですので、年5日取得義務に関しては、1日分としてカウントして差し支えありません。

投稿日:2019/09/15 16:43 ID:QA-0086870

相談者より

ご回答、ありがとうございました。

投稿日:2019/09/17 10:16 ID:QA-0086885参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

できない

厚労省(19年3月)「年5日の年次有給休暇の確実な取得わかりやすい解説」で;
時間単位の年次有給休暇については、使用者による時季指定の対象とはならず、労働者が自ら取得した場合にも、その時間分を5日から控除することはできません。
となっています。

投稿日:2019/09/17 09:51 ID:QA-0086881

相談者より

ご回答、ありがとうございました。

投稿日:2019/09/18 08:51 ID:QA-0086909参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
有給休暇届

有給休暇届です。書式内の「●」の部分を、御社の規定に合わせて変更をお願いいたします。是非ご利用ください。

ダウンロード
事業場外みなし労働時間制の労使協定例

事業場外みなし労働時間制の労使協定例です。対象者や労働時間のルール、対象者が有給休暇を取得した場合の取り扱いについてサンプルを記載しています。自社で定めたルールに合わせて編集し、ご利用ください。

ダウンロード
資格取得支援制度の規程例

資格取得支援制度の規程例です。対象者、対象となる資格、試験日における特別有給休暇の付与、受験費用の補助、合格祝い金の支給を定めます。
Excel形式なので自由にカスタマイズしてご利用ください。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード